41件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

江津市議会 2021-03-08 03月08日-02号

田津谷川につきましては、昨年度に事業化され、早期工事着手に向け、用地買収地元協議を進めているところです。 川平地区水防災事業につきましては、県道付け替え工事盛土工事護岸工事が行われており、令和5年の事業完了に向け、順調な工事進捗状況となっております。 八神地区につきましては、上流工区において国道261号の切替えや市道付け替え、そして護岸工事が行われております。 

雲南市議会 2018-06-25 平成30年 6月定例会(第5日 6月25日)

社会教育課に急遽出席させ、工事概要用地買収についてをただしました。本件は市道改良であり、また国道54号線の接続があり、国交省との調整もあることから、当然建設部が担当すべきもので、誤った判断と言わざるを得ない。新規・拡充施策事業には的外れな記載もあり、チェック体制を含め、事務体制の精度を上げるべきとの報告がありました。  

雲南市議会 2017-09-05 平成29年 9月定例会(第3日 9月 5日)

建設部長森田 一君) 市で行った土地取引用地買収影響があった件数とその解決策はというお問いでございますけども、市事業では用地買収を多く建設部のほうで扱っておりますので、私のほうから答弁いたします。  平成26年以降、市が行った道路改良事業における用地取得に関して、相続手続を要した案件は18件ございました。

大田市議会 2017-06-09 平成29年第 2回定例会(第1日 6月 9日)

産業振興部所管事業について、私のほうから申し上げますと、議案集の45ページのところ、あるいは46ページのところにございますけれども、それぞれ29年度中に完了できなかったものを繰り越しをさせていただいておるところでございますけれども、このうち金額の大きいもの、3番目の道の駅整備事業などにつきましては、既に用地買収は4月中で終えておりますけれども、全体の基本設計等調整する事項があるということで、30

雲南市議会 2016-06-02 平成28年 6月定例会(第2日 6月 2日)

なお、堤防断面の拡大に当たっては、河川堤防の裏側に盛り土施工を行う必要があって、一部用地買収が必要になる可能性もあるというふうに伺っているところでございます。 ○議長(藤原 信宏君) 堀江治之君。 ○議員(16番 堀江 治之君) 恐らく測量も済んで、今、設計の段ということだと思いますが、いつごろこのことが地元説明ができると思っておられますか。その点についてお尋ねいたします。

安来市議会 2015-12-03 12月03日-02号

◎副市長(井上博君) 今後の進め方、早期実現に対してのこと、具体的な方法はないのかということの点でございますけども、先ほど嶋田議員質問の中にも、この事業を進める上では、市の用地買収にかかわることが一番大事なことだと、それを整理して、いかに早く用地買収をやっていくかというところの質問もございました。 現在のところ、県と一緒になって用地買収に対しての地元説明会地元調整等に入っております。

浜田市議会 2015-12-02 12月02日-03号

その他の区間につきましては、用地交渉用地買収進めておりますので、予定についてはまだ発表されておりません。 ○議長西田清久) 道下議員。 ◆15番(道下文男) 今の部長答弁を聞きまして、国への山陰道早期整備、この要望の手綱をこのものを緩めてはならないとつくづく感じたところでございますけれども、その要望の面から今どのような要望そして今後の考え方、このことについてお聞きしたいと思います。

浜田市議会 2014-09-02 09月02日-02号

用地買収もございまして、一朝一夕にはできませんが、島根県と連携して着実な整備を図ってまいりたいと考えております。 ○議長原田義則) 道下議員。 ◆15番(道下文男) 整備がなかなか追いつかないということが、ハード面も今申されましたとおりでございますけれども、この土砂災害の危険がある箇所、これが全国では5万5,000カ所あるんだと言われております。

安来市議会 2014-03-10 03月10日-06号

24年度から調査に入りまして用地買収を進めていただいております。これができますと、渋滞緩和の一施策となろうかと思います。 それから、錦町交差点でございますけども、当面は国道9号とその周辺道路渋滞解消が期待できる主要地方道安来木次線切川バイパスと9号までの市道飯島幹線整備を、この早期全線供用開始を最優先として取り組んでいきたいと思います。

大田市議会 2014-03-07 平成26年第 2回定例会(第3日 3月 7日)

2点目でありますけれども、この事業をこなしていくときに、用地買収、多大な事業量が発生するわけですが、市の事務方についてはどのように対応をとっていかれるのか。現在のスタッフだけで僕はできないのではないかなと思っておりますし、西側地区を振り返ってみますと、西側出先事務所をつくって対応をとっていかれたわけですが、ここらあたりの流れといいますか、取り組み方についてはどういうふうにお考えでしょうか。

浜田市議会 2013-12-18 12月18日-07号

委員からは、認定のほうで用地買収の話し合いとかは確実にできるようなものなのかどうかとの質疑がありました。執行部からは、計画や設計等地元用地地権者の方も入って一緒に相談しており、今後ともスムーズにいくとの答弁がありました。 この議案では1名の委員から質疑があり、審査を行い、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、産業建設委員長報告といたします。

益田市議会 2007-10-01 10月01日-02号

現在用地買収を行っております。平成24年度完成を目途に事業を進めているとこでございます。進捗率が44%でございます。 続いて、駅前工区でございます。この区間の延長は192メートルでございます。平成15年度より着手しておりまして、平成20年度完成を目指しているとこでございます。進捗率が97%でございます。 続いて、京町工区でございます。