958件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

江津市議会 2022-12-12 12月12日-03号

協議会は、生活支援相談センター設置して、相談員など4名の職員を配置し、相談者が抱えている課題の分析とニーズの把握自立支援計画の作成、就労支援滞納の解消や債務整理に関する支援生活福祉資金の貸し付けや食糧支援などの各種制度サービスの利用へつなげるなどの支援を行っております。 ○議長森脇悦朗) 16番永岡議員。 ◆16番(永岡静馬) よくわかりました。 

松江市議会 2022-12-04 12月04日-04号

介護予防、それから日常生活支援総合事業の見直しについてでございます。 国の政策において、その時々のさまざまな考え方によって、子育てを優先するのか、それとも介護を優先するのか。子どもを優先するのか、高齢者を優先するのか。このことによって社会保障あり方がどんどん変わっていくのはわかっています。その全体の中において予算がどんどんどんどん縮減していく。

浜田市議会 2021-09-30 09月30日-07号

これまで意見交換医師、これは浜田市の認知症施策に深くかかわっていただいている医師、また診療所医師、その関係の方々、また社会福祉協議会生活支援コーディネーター認知症の人と家族の会の方、そういったさまざまな方とお話をさせていただいております。ただ、これに関しては全ての皆さんに条例をつくるからということで意見交換をさせていただいたものばかりではございません。

浜田市議会 2021-09-04 09月04日-03号

地域政策部長岡田泰宏) 草刈りボランティア組織につきましては、正確な結成状況把握いたしておりませんが、金城、旭、弥栄、三隅の各自治区において草刈り作業だけではなくて、ごみ出しや買い物などの生活支援を行っておられる団体も含めて6団体程度結成されているということを把握いたしております。 ○議長川神裕司) 飛野議員。 ◆11番(飛野弘二) 再質でございます。

浜田市議会 2020-12-05 12月05日-04号

また、現在も中国、ベトナム、英語圏から各1名ずつ、国際交流員の方がついていただき、異文化理解外国人住民生活支援に係る通訳、翻訳など、そういったさまざまなところで多文化共生まちづくり推進に大きな役割を果たしていただいております。今後も、外国人住民も安心して暮らせるまちづくりに向け、庁内横断的な共有会議を持ち、連携を図りながら、必要な取り組みを研究してまいりたいとも思います。

江津市議会 2020-12-05 12月05日-01号

GOTO☆ワンハートは、外国人への日本語教室の開催、生活支援などのボランティア活動を行っておられます。特に、地元のイベントや地域活動に参加して住民と触れ合い、住民の暮らしの中に自然と溶け込むような取り組みを行った点が高く評価されたものであり、地元市長として大変うれしく思っています。 今、日本人口減少社会に突入しています。

浜田市議会 2020-12-04 12月04日-03号

介護予防日常生活支援総合事業について  (1) 緩和型デイサービスについて        ────────────────────────── 本日の会議に付した事件議事日程(第3号)のとおり        ──────────────────────────            会       議            午前9時59分 開議議長川神裕司) おはようございます。 

江津市議会 2020-09-06 09月06日-03号

健康医療対策課長村上郁夫) 条例制定協議会設置についてなんですが、まず、設置についてはなるべく早い時期にと考えておりますけれども、もう一つ、第5期障がい者保健福祉計画の中で優先すべき課題として障がい者の社会参画の促進や親亡き後の支援対策整備のための地域包括ケアシステム地域生活支援拠点の整備などがありますので、条例制定ですけれども、まずはこの計画に沿った社会参画のための施策をまずは進めていきたいというふうに

浜田市議会 2020-06-20 06月20日-02号

また、サロンの新規立ち上げ時には社会福祉協議会に配置されております生活支援コーディネーターサロンのスムーズな運営に向けて相談支援等を行っております。 加えまして、地域で新たに立ち上げられたサロンにつきましては、社会福祉協議会開設初年度に3万円を助成をしておられます。 市といたしましても、こういった制度を最大限活用していただけるように周知を図っているところでございます。

松江市議会 2020-03-26 03月26日-05号

議第60号「指定管理者指定について」は、精神障害者地域生活支援センター指定管理者指定するものであります。 質疑では、指定管理を1年間とした理由についての質疑に対し、執行部より、公共施設適正化対象施設であるが、相談機能の中核的な役割を担う基幹相談支援センター設置及び計画相談業務あり方もあわせて検討していく必要があるので、今後、指定期間についても検討していきたいとの答弁がありました。 

奥出雲町議会 2020-03-12 令和 2年第1回定例会(第2日 3月12日)

1点目は、地方自治体の存在価値について、他地域全国各地ふるさと自慢・PRを担ってもらう制度創設並びに、もう一つ、奇抜なロゴマーク・キャッチコピー等創作指定についてと、2点目は、農業農村所得増加に向け取り組み進展状況把握と同時に、今後の対策による農家の生活支援に備えることについてでございます。  第1点目は、奥出雲町においてアピールの事項は、日本農業遺産認定を初め、多くの自慢があります。