1143件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

出雲市議会 2019-12-19 令和元年度第4回定例会(第6号12月19日)

        橋 本   孝 君           環境担当部長        赤 木 亮 一 君           農林水産部長        金 築 真 志 君           都市建設部長        今 岡 範 夫 君           教育部長          植 田 義 久 君           消防長           平 井 孝 弥 君           総合医療

出雲市議会 2019-12-06 令和元年度第4回定例会(第4号12月 6日)

そして、耕作放棄地の増加とか、農業用用排水路の老朽化、農道河川の雑草の繁茂、こういったことから環境悪化が生じつつあると。ひいては、人と人とのつながり、そういった地域の伝統文化とか、そういったものも廃れていく、いろいろ地域のコミュニティが疎遠になっていく、こういうことでございます。  そういうことで生活環境全般において、どことなくぎしぎししてきていると。

雲南市議会 2019-12-06 令和元年12月定例会(第1日12月 6日)

また、複数のIT企業と空き家等を活用して、子育てしながら働きやすい環境づくりの検討も進めており、その実現に向け、関係の皆様とともに取り組んでまいります。  次に、5つの政策に沿って申し述べます。  最初に、「みんなで築くまち」にかかわる政策についてであります。  まず、地域経営カレッジについて述べます。  

出雲市議会 2019-12-05 令和元年度第4回定例会(第3号12月 5日)

○議 長(川上幸博君) 赤木環境担当部長。 ○環境担当部長(赤木亮一君) 登壇 おはようございます。それでは、岸議員からのごみの減量化の推進についてお答えいたしたいと思います。  まず、第2次出雲市ごみ処理基本計画の中間見直し以降のごみ排出量、再資源化量、そして最終処分量の推移についてでございます。  

出雲市議会 2019-12-04 令和元年度第4回定例会(第2号12月 4日)

出雲市では、いただいた寄附を日本の心のふるさと出雲応援基金に積み立てて、次年度以降、指定された使途に基づき出雲市の観光福祉環境など幅広い分野の事業に活用されております。当然この寄附金が増えていけば、出雲市の観光福祉環境へさらなる投資ができ、市民の豊かな生活に大きく寄与してくるものと考えております。  

出雲市議会 2019-12-02 令和元年度第4回定例会(第1号12月 2日)

          小 瀧 昭 宏 君           防災安全部長        間 島 尚 志 君           財政部長          安 井 孝 治 君           健康福祉部長        岡   眞 悟 君           子ども未来部長       三 島 武 司 君           市民文化部長        藤 原 英 博 君           経済環境部長

奥出雲町議会 2019-10-18 令和元年第2回臨時会(第1日10月18日)

というものがどういうものを想定してお話になっているのかちょっとわかりかねますけれども、現在の遊歩道の再整備、それから、滝、岩、あるいは登山ルートの案内ですね、そういったものの看板等についても老朽化が進んでおりますので、今般取得の暁にはそういったものをきちんと整備をしていきたいということ、さらには、現在のキャンプ場につきましても、少し湿気が多いような状況でございますので、例えばそれの日当たりをよくして環境

雲南市議会 2019-09-30 令和元年 9月定例会(第5日 9月30日)

──────────────────────────             説明のため出席した者の職氏名 市長 ──────── 速 水 雄 一  副市長 ─────── 藤 井   勤 教育長 ─────── 景 山   明  病院事業副管理者 ── 原 田 正 俊 総務部長 ────── 内 田 孝 夫  政策企画部長 ──── 佐 藤   満 防災部長 ────── 中 村 清 男  市民環境部長

出雲市議会 2019-09-27 令和元年度第3回定例会(第5号 9月27日)

ただいま議題となっております議第52号につきましては、お手元に配付いたしております常任委員会議案付託表のとおり、環境経済常任委員会に審査を付託いたします。  ここで、しばらく休憩いたします。  直ちに環境経済常任委員会を開催いたしますので、関係者は委員会室へお集まりください。                 

奥出雲町議会 2019-09-26 令和元年第3回定例会(第4日 9月26日)

特に私が評価をするところは、町の活力となる投資的経費の構成比を上げているところ、平成30年度は災害が非常に多い年でありましたが、順調に復旧が進んでいる点、また、世界農業遺産日本農業遺産の認定に向けた推進活動での成果、そのほか地方創生事業、地域振興費、介護予防支援事業、環境政策費、公園整備費、教育費などに力を入れ、成果が見られます。  

大田市議会 2019-09-25 令和元年第 6回定例会(第5日 9月25日)

市民税のうち、個人は微増、法人は大幅に減少しているが、平成30年度の大田市の景況をどう見ているのかの質疑に対し、個人については、近年の雇用所得環境の改善や景気の緩やかな回復により若干上がってきている。法人については、原油価格の上昇、設備投資による税額の減少であり、景気の上向き傾向によって予想以上の設備投資があったものと見ている。

大田市議会 2019-09-09 令和元年第 6回定例会(第4日 9月 9日)

~~~~~~~~~~~             欠  席  議  員  (なし)             ~~~~~~~~~~~~~~~~             地方自治法第121条による出席者 市長        楫 野 弘 和     副市長      清 水 克 典 政策企画部長    原 田   修     総務部長     水 田 雄 二 健康福祉部長    林   泰 州     環境生活部長

大田市議会 2019-09-06 令和元年第 6回定例会(第3日 9月 6日)

森林荒廃が進めば、二酸化炭素の吸収をする働きが薄れ、地球温暖化防止の機能も低下をいたしますし、土砂災害等の発生や、何よりも鳥獣害の被害も受けやすい環境が生まれてくると思います。こうした背景の中、平成30年度税制改革において森林環境税を財源とする森林環境譲与税や放置された森林の適正管理を進める新たな森林管理システムがスタートいたしました。  

出雲市議会 2019-09-06 令和元年度第3回定例会(第4号 9月 6日)

まず1点目、中1ギャップの実態はどうなっているんだろうかというふうなご質問でございますけれども、小学校6年生から中学校1年への進学の際、学習環境や生活環境人間関係などの大きな変化に対応し切れない中1ギャップと呼ばれる問題が起こる場合がございます。  それが、議員ご指摘のように、不登校不登校傾向、いじめの加害などの形であらわれることもございます。  

大田市議会 2019-09-05 令和元年第 6回定例会(第2日 9月 5日)

1番、SEA TO SUMMITという環境スポーツイベントがあります。全国的にも世界的にもさまざまな取り組みがなされております。これは、海から里、そして山頂へと進む中で、自然環境に思いをめぐらせ、かけがえのない自然について考えようというものであります。当市はその条件を有する恵まれた環境、自然資源を有すると考えますが、いかがでしょうか。所見を問います。  

雲南市議会 2019-09-05 令和元年 9月定例会(第1日 9月 5日)

対象事業は木次三刀屋公共下水道事業、大東及び加茂特定環境保全公共下水道事業であり、令和2年4月1日の公営企業会計移行に向け本議会に関係する条例案を提出しております。  次に、「支えあい健やかに暮らせるまち」にかかわる政策についてであります。  まず、雲南市立病院の経営状況と改築事業について述べます。  

出雲市議会 2019-09-04 令和元年度第3回定例会(第2号 9月 4日)

○議 長(川上幸博君) 橋本経済環境部長。 ○経済環境部長橋本 孝君) ただいまの市内のどこの企業に行っておられるか、あるいは市外のほうへ行っておられるかということについては、現時点では把握できておりません。 ○議 長(川上幸博君) 大場議員。 ○18番(大場利信君) 私がちょっと把握しているところでは、半数が母国へ帰られたと。