74件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大田市議会 2020-06-17 令和 2年第 5回定例会(第2日 6月17日)

また、大田市の観光情報発信を担っております大田観光協会では、来訪意欲を高めていただくため、フェイスブックやインスタグラムで大田市の今の様子やの夕日、浄善寺の大イチョウ、高野寺のツツジなどの動画を配信をしており、このような取組も大田市を訪れるきっかけにつながってくると考えております。  

大田市議会 2020-03-02 令和 2年第 1回定例会(第1日 3月 2日)

自然、歴史伝統文化活用につきましては、世界遺産石見銀山遺跡とその文化的景観国立公園三瓶山国指定天然記念物、日本遺産石見神楽などを初めとする本市の貴重な資源の適切な保存に努めるとともに、有形、無形の多様な文化財活用を図るため、大田文化財保存活用地域計画の策定を進め、魅力と活力ある地域づくりを推進してまいります。  

大田市議会 2019-09-05 令和元年第 6回定例会(第2日 9月 5日)

白砂青松の海岸、国の天然記念物指定された鳴り砂、国立公園として親しまれており、来年には2度目の全国植樹祭開催される三瓶山など、数え上げれば切りがありません。このように考えますと、世界遺産石見銀山が名脇役的な感じがするぜいたくな状況であります。  また、「火山からの贈り物」として日本遺産認定を目指している当市として、昨今の観光を取り巻く状況を鑑み、以下質問をいたします。  

大田市議会 2019-06-20 令和元年第 4回定例会(第3日 6月20日)

2点目、大田市には、石見銀山遺跡のほかにも大山・隠岐国立公園である三瓶山平成29年10月に国の天然記念物指定された、発見されてから約1,300年の歴史を持ち、湯治場として評判をつくってきた温泉津温泉等々、豊富な観光資源があります。観光客の数は、現状、三瓶山地域は60万人を超え、30万人の石見銀山遺跡の倍となっております。

大田市議会 2019-06-19 令和元年第 4回定例会(第2日 6月19日)

当市の豊かな自然と美しい海岸線を利用したサイクリングや国立公園三瓶山の自然を活用したクロスカントリー、温泉津温泉街活用したリレーマラソンだけでなく、世界遺産石見銀山国立公園三瓶山、国の天然記念物といった当市の誇る歴史自然景観にどういったスポーツが組み合わせられるかを深く掘り下げ、民間主体取り組み活用させていただきながら市内観光地への周遊を促し、宿泊の増加につなげるため、関係部署と連携

大田市議会 2019-03-07 平成31年第 2回定例会(第2日 3月 7日)

三瓶小豆埋没林など4,000年前を最後とする三瓶山火山活動に由来するもの、石見銀山福石鉱床など150万年前の大江高山火山活動に由来するもの、など日本海が形成される1,500万年前の火山活動に由来するものでありまして、国や県の天然記念物文化財中心にしたストーリー構成となっております。  

大田市議会 2018-12-03 平成30年第 5回定例会(第1日12月 3日)

本市には、三瓶小豆埋没林、波根西珪化木などの貴重な国の天然記念物があります。また、このほかにも仙ノ山の福石鉱床や、福光石の石切場など多彩な鉱物資源があります。これら古代の火山活動に由来する、本市固有地域資源について、日本遺産認定を目指すことといたしました。既に関係7市町と連携して進めている石見銀山街道とあわせ来春の認定を目指し、認定申請を行う予定といたしております。  

大田市議会 2018-09-27 平成30年第 4回定例会(第5日 9月27日)

そこで、このブロック塀は、いつに何の目的で設置したのかの質問に、昭和57年にからの砂の飛散を防ぐために設置したのだろうとの答弁でございました。  次に、情報企画課自営光網設備等管理費災害復旧に伴う修繕467万9,000円では、ぎんざんテレビの放映、告知放送には影響はなかったのかの質問に、電柱は折れたものの、幸いにケーブルは切れずに放送はできていたでありました。  

大田市議会 2018-06-22 平成30年第 3回定例会(第5日 6月22日)

一般コミュニティ助成事業として天領太鼓に250万円、地域イベント助成事業としてヘルスツーリズム推進協議会うき浮きフェスタへ100万円助成するものであります。このうき浮きフェスタは、健やかコミュニティモデル地区育成事業の一環として行われるもので、ほかのモデルとなる活動に交付されるものでございます。  

大田市議会 2018-06-15 平成30年第 3回定例会(第4日 6月15日)

ここで、のうき浮きフェスタ開催経費でありますが、これは初めてのフェスタだと思うわけですが、これは毎年、支援をするものなのかどうかなのか。この事業内容について説明をお願いします。  以上、2件です。 ○議長(石橋秀利) 幸村消防部長。 ○消防部長幸村卓己) 救命胴衣のお尋ねでございます。  

大田市議会 2018-03-22 平成30年第 1回定例会(第5日 3月22日)

さらには、昨年、仁摩馬路が国の天然記念物指定されるなど、大田市にとりまして光栄なことが続きましたが、これら市内に存する魅力価値は、未来に引き継いでいくべき貴重な財産でありますとともに、大田振興のかなめでもあります。今後とも環境の保全に努めながら、観光客の増など、交流人口拡大に向けた取り組みをお願いし、ますますの興隆を望むものでございます。  

大田市議会 2018-03-02 平成30年第 1回定例会(第1日 3月 2日)

山陰を訪れる多くの方々に大田に滞在していただき、石見銀山遺跡三瓶山を初めとする世界に誇る自然、歴史文化に触れて楽しんでいただけるよう都市圏中心観光PRを行うとともに、石見神楽を観覧できる機会をふやしていくなど、民間事業者関係団体と一体となって各種観光施策に取り組んでまいります。  

大田市議会 2017-12-07 平成29年第 5回定例会(第2日12月 7日)

この道の駅構想は、単に道路利用者休息機能だけではなく、世界遺産石見銀山遺跡とその文化的景観国立公園三瓶山温泉津温泉などの交流人口拡大農林水産業中心とした地域特産品の開発や販売、これらに伴う地域活性化、あわせまして地域防災機能や雇用の創出など多様な目的整備されるもので、大変大きな期待が寄せられております。  しかしながら、一方では、財政的に厳しい大田市。