118件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

松江市議会 2020-12-07 12月07日-02号

職業別では、勤め人の方も多いのですが、その他無職者が最も多く、生活困窮なども一因ではないかと考えられます。松江市での増加の要因についてどう分析されているのか伺います。 松江市では、松江市自死対策事業検討会が設置され、自死対策の推進を図られていますが、こうした状況について、検討会で何か話し合われておられるのでしょうか。話合いの内容について伺います。 

大田市議会 2020-09-30 令和 2年第 7回定例会(第5日 9月30日)

自営業者年金生活、非正規雇用無職の方などが加入する国保は、国民保険制度の最後のとりでとも言える社会保障制度ですが、あまりに高い国保料加入世帯を苦しめています。全国知事会市長会が要求している国庫負担金抜本的引上げを引き続き求め、大田市としても保険料引下げのため、基金の取崩しはもとより、一般会計からの繰入れを行うべきです。また、均等割、平等割の廃止を求めます。  

浜田市議会 2020-09-07 09月07日-05号

健康福祉部長猪木迫幸子) 8050問題につきましては、80歳代の高齢の親とひきこもり状態の50代の単身・無職子どもが同居している社会問題であり、大変重要な課題と認識しております。 数の把握はしておりませんが、高齢者が要介護状態となり、高齢者本人民生児童委員からの相談に対応する中で、子どものひきこもりや病気があって経済的に困窮していることを初めて相談するというケースもよく見られます。 

江津市議会 2019-12-12 12月12日-03号

1つ目は、江津市在住で仕事がなく、34歳になり、無職で何をしていいかわからない。助けてください。江津市の問題点として、空き家が多いので、空き家を活用したまちづくり土地代が安いので、家や店を取得するのに最適UIターンを呼び込むにも最適ではというものでした。 2つ目は、江津市へ帰らず就職、久しぶりに帰りショックを受けた。娯楽施設飲食施設が少なく、交通が不便、若者がいない。今なら間に合う。

奥出雲町議会 2019-09-12 令和元年第3回定例会(第3日 9月12日)

国保加入者農業商工業自営業者年金生活者無職者という収入の低い方が多いにもかかわらず、全国どこでも国保税国保料協会けんぽなど他の健康保険に比べ著しく高くなっています。同一の所得でも、2倍以上の保険税になっていることもあります。高過ぎる国保税の引き下げのためには、国庫負担金の増額が欠かせないことはこれまでも明らかになっています。

益田市議会 2019-06-19 06月19日-04号

ただ、国民健康保険税総体に対する例えば国費からの助成ということになりますと、国保加入世帯自営業者もしくは無職方々等への支援となりますので、それはその趣旨で引き続き市としても希望するところでありますし、何らかの手段を通じて要望していきたいと考えております。 ○議長(弘中英樹君) 11番 安達美津子議員

大田市議会 2019-03-22 平成31年第 2回定例会(第5日 3月22日)

国保加入者には、高齢者失業者を初め、年所得200万円以下の非正規労働者がふえ、4割が無職という状況であります。加入世帯平均所得は、1995年の約230万円から2016年には約138万円に減少をいたしました。1人当たりの平均所得は85万円となっています。加入世帯の4分の1が収入なしにもかかわらず、国保料協会けんぽの1.3倍になっています。  

奥出雲町議会 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第2日 3月13日)

先般、2月22日に開かれた衆議院予算委員会において安倍首相の答弁の中に、国保協会けんぽ組合健保といった被用者保険に比べ高齢加入者の占める割合が高く、医療費水準が高くなる一方、無職や非正規雇用労働者など低所得者加入者が多い構造的な問題を抱えているとありますとおり、国においても国保の構造的問題は認識されているところでございます。  

江津市議会 2019-03-07 03月07日-02号

加入世帯の8割が高齢者などの無職世帯、非正規労働者となっています。また、加入世帯のうち、所得のない世帯は28.4%、所得のある世帯でも100万円未満の世帯が28.7%、合わせて半数以上を占めています。 このように、職業別割合所得割合が大きく変態しています。しかし、昨年度の保険料滞納者数は290世帯に増加し、高齢化貧困化が影響しているのではないかと思います。

益田市議会 2018-12-19 12月19日-05号

かつて国保加入者の多数派は自営業者農林漁業者でしたが、今では国保世帯主の7割は年金生活者などの無職者と非正規労働者などの被用者です。益田市においても同様のことが言えます。 益田市の国保加入世帯のうち、所得ゼロの世帯加入が3,398世帯、実に全体の49%を占めています。また、所得50万円以下の世帯が1,153世帯所得0円の世帯と合わせると66%にも及んでいます。

松江市議会 2018-12-04 12月04日-03号

息子無職で長年ひきこもり状態だったといいます。悪臭がすると匿名のメールがあり、警察官が駆けつけたところ、2階の部屋で女性の遺体を発見。遺体は、ごみの山に埋もれるように横たわっていたそうでございます。母親の遺体を自宅に放置したとして死体遺棄容疑息子を逮捕いたしました。死後二、三週間たっており、大量のごみを放置し、近隣住民とのトラブルになっていたそうでございます。 

松江市議会 2018-12-03 12月03日-02号

以前の国保加入者の中心は、農業自営業者でしたが、今は8割が年金生活者を含む、いわゆる無職と非正規雇用労働者です。松江でも約7割がそうです。国が国保に対する責任を後退させるとともに、加入世帯貧困化高齢化が進んでいます。 そして3つ目の実態は、所得が低いのに保険料が高い、この不公平を正すのは政治の責任です。高過ぎる国保料を引き下げ、国保の構造的な問題を解決するには、公費の投入しかありません。