169件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

松江市議会 2020-03-03 03月03日-03号

この研修の中で、地方自治取り組みとして、再生可能エネルギーについて市長がリーダーシップをとられているのが新潟県の見附市、滋賀の湖南市を紹介されておりました。 この市のように、SDGsの項目環境等ですが、項目だけを捉えて特化して取り組む方法や、長野県のように総合計画に取り上げて横串にして進めているというところもあるそうでございます。 

浜田市議会 2020-02-26 02月26日-02号

この事業では、昨年5月に滋賀大津市で発生した未就学児の痛ましい事故を受け、未就学児が日常的に集団で移動する経路にも、ガードレールなどを設置するなどの安全対策を実施してまいります。 3点目、米軍機騒音問題についてであります。 米軍機騒音問題につきましては、平成25年から島根県及び関係市町と連携して、米軍機飛行訓練による騒音被害安全性に対する不安の払拭に向けて、国に働きかけを行っております。 

益田市議会 2019-12-10 12月10日-05号

条例づくり益田市が参考にしたという滋賀草津市の協働まちづくり条例は、ネットを見ると1年に及ぶ作成過程が手をとるようにわかります。検討会も、益田市の場合は7月と10月の2回だけです。片や、草津市は9回に及ぶ検討会を開催してパブリックコメントを求めています。両方の条文を読み比べてみますと、草津市のほうは非常にわかりやすく作り手の思いが伝わってきます。

松江市議会 2019-03-01 03月01日-03号

2月16日の日経朝刊、土曜日に別冊が出るんですけれど、別冊日経プラスワン」何でもランキングに「一日で散策を満喫する魅力的な城下町」で1位が松山、2位が滋賀近江八幡市、我が松江城下は第3位、銅メダルです。その紹介記事では、「城を囲む堀川を船頭の手さばきで一めぐりする遊覧船が楽しい」「船から武家屋敷や店を見て、城下町風情に浸れる」とのトラベル雑誌編集者の評価が出ていました。

出雲市議会 2019-02-20 令和元年度第5回定例会(第2号 2月20日)

次に、幼稚園・保育所園外活動安全確保については、ガードパイプ設置等の補助が行われますが、昨年、滋賀大津市において保育所外の移動中に園児交通事故により亡くなるという痛ましい事故が発生したことを受け、スクールゾーンに準ずるキッズゾーンについて、厚労省より各自治体に設置要望が出されました。  

益田市議会 2018-12-07 12月07日-03号

この達成に向けまして、平成26年度から、全国国際文化研修所、これ滋賀にございますが、そこの研修等女性職員を参加させ、女性管理職としてのマネジメントなどを学ぶとともに、全国から参加する女性職員とのネットワーク形成も含めた人材育成に継続して努めているところでございます。平成26年度以降、毎年のようにそこへ女性職員の派遣を行っているところでございます。 

松江市議会 2018-09-10 09月10日-02号

滋賀には、琵琶湖環境科学センターがあります。これ県立です。また、琵琶湖博物館もあります。さらに、平成29年4月1日には国立環境研究所琵琶湖分室が、環境省の肝いりで開設されました。 松江市長は、宍道湖中海圏域のリーダーとして、両県にまたがる宍道湖中海全国有数汽水湖があるこの地域で、国立環境研究所汽水湖研究部門──仮称ですけれども──誘致に取り組まれてはいかがでしょうか。

益田市議会 2018-06-20 06月20日-04号

平成29年4月、島根県は先進的な取り組みとして滋賀野洲市の例が参考になると、各市町村情報提供という形で通知しています。この取り組みについて、税理士新聞によると、野洲市の市長はこう答えています。税金を納めてもらう以前に、市民生活が健全でなければならない。市民生活を壊してまで滞納整理するのは本末転倒であると。

松江市議会 2018-06-20 06月20日-04号

先般、1期生の新人議員だけの研修滋賀全国市町村国際文化研修所でありました。5日間の研修ではございましたが、大変有意義でございました。そんな中、宮城県の白石市の山田市長の講演がございました。市議会議員も経験された50代の市長でございます。地元名産温麺であり、温かい麺と書いてうーめんだそうです。その振興と継承するため、奥州白石温麺振興条例を制定されたとお話しされました。 

松江市議会 2018-06-18 06月18日-02号

また、松江市は社会福祉協議会生活困窮者自立支援事業相談員が昨年10月に滋賀野洲市の取り組み視察されました。松江市として何を学び、新たにどのような取り組みを展開されたのか伺うものです。 4点目に、市民とともにつくり上げる舟つき松公園整備事業についてです。 昨年度、ほかの事業に振りかえた舟つき松公園整備事業は、松江市として事業として廃止したのでしょうか。

雲南市議会 2018-03-08 平成30年 3月定例会(第6日 3月 8日)

次に、生活困窮者支援の問題では、昨年3月議会滋賀野洲市の通称ようこそ滞納していただきました条例を紹介いたしました。これは、滞納生活困窮のシグナルとして捉え、早期に生活困窮者への支援につなげていくシステムです。雲南市でも、関係部署の皆さんが相談者生活再建事例ごと協議されております。野洲市に似たシステムで努力をされていると思います。