2621件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

雲南市議会 2021-03-22 令和 3年 3月定例会(第7日 3月22日)

若干の減少傾向である。問題行動の対教師暴力生徒間暴力は、昨年度と今年度の比較では減少傾向にある。内容については、基本的に友人関係のトラブルが多い。SNSに関しては、そんなに数が上がっているという状況ではないとの答弁でした。この協議会は20人以内で組織をするということであるが、この中に一般公募による民間人を入れる考えはないか。

奥出雲町議会 2021-03-12 令和 3年第1回定例会(第3日 3月12日)

したがいまして、御質問の米価の想定は行っておりませんし、耕作放棄地の面積、そして減少速度につきましても、現在想定は行っておりません。なお、耕作放棄地が発生しないよう、各地区においては多面的機能支払交付金を活用することで農地の維持、さらには施設の長寿命化に取り組んでいただいております。

益田市議会 2021-03-09 03月09日-05号

これは今年の1月から3月までの売上げが前年同月と比較して30%以上減少しているということが対象になるんですけれども、私は全協でも申しましたが、前年の1月から3月はもう既にコロナ影響を受けている月だから、30%ではなく20%の減少幅にはならないかということを申しましたが、結局はそれはならなくて、もう既に申請も始まっています。 

江津市議会 2021-03-08 03月08日-02号

また、急激な高齢化進展と担い手の減少、認知症高齢者増加など地域の実情に応じて、高齢者が可能な限り住み慣れた地域で、その有する能力に応じて日常生活を営むことができるように医療介護介護予防、住まい、そして生活支援が一体的に提供される仕組み地域包括ケアシステムとなります。 ○議長森脇悦朗) 1番坂手議員

雲南市議会 2021-03-08 令和 3年 3月定例会(第6日 3月 8日)

人口減少への対策についてです。  所信表明で、人口減少歯止めをかけ、増加への転換を目指すと言明されましたが、実現できますか。 ○議長(佐藤 隆司君) 石飛市長。 ○市長石飛 厚志君) 今後数年は、いわゆる団塊世代後期高齢者となることから、人口自然減が大きい状況想定されます。そういう意味では、人口減少が続くこともやむを得ない、そういうふうに考えております。

益田市議会 2021-03-08 03月08日-04号

この案を集落営農組織に提案をいたしたところ、機材が効率的に利用できたり、経済的負担減少する点で合意を得まして、複数の営農組織がドローンを共同利用する仕組みを市内3か所でつくることができました。 このように、広域的な利用が求められる機材については、地域農業者の方々との話合いが有効であったと考えます。 

雲南市議会 2021-03-05 令和 3年 3月定例会(第5日 3月 5日)

今、人口減少する中で、どうしても暗いビジョン、暗いイメージしか思い浮かばない今まででございますが、何とかこの人口減少問題に将来の明るい未来を見れるような形に持っていく、そこで雲南市全体をよい循環のほうに持っていく、そういうイメージを持ってございます。そのために、大人が生き生きと暮らせる雲南市、あるいは、子供の声が聞こえる明るい雲南市、安心して暮らせる雲南市を訴えてまいりました。

益田市議会 2021-03-05 03月05日-03号

厚生労働省人口動態統計によりますと、コロナ禍におけるその影響で結婚する人が減少していると報告されております。前年対比、私が調べたところですが、13%以上の減少で、戦後2番目の下落幅となっているということです。婚姻数減少は、すなわち出生数にも影響すると推測され、少子化対策重点課題とする我が国本市において対策が急務となっております。

雲南市議会 2021-03-03 令和 3年 3月定例会(第3日 3月 3日)

雲南市は、合併後15年が経過して普通交付税が一本算定へ完全移行人口減少事業費補正の減額も加わって大きく減少し、一般会計令和年度決算は1億円超の減債基金取崩しに転じました。2年度の決算見込みは、4億円の収支不足、今後、当分の間は5億円規模の財調減債基金の取崩しが続く厳しい財政計画となっております。  

雲南市議会 2021-03-02 令和 3年 3月定例会(第2日 3月 2日)

僅かばかりの減少ではありますけれども、減少しているというのはどういうことなのかということ。  そしてもう一つが、これは私も聞いた話で定かではないんですが、いずれこの補助金がなくなってしまうということを伺っておりまして、せっかく農家の皆さんがたたら焔米を作ろうと思って一生懸命やっていらっしゃるのに、水を差すことになりはしないかなということを懸念しております。

雲南市議会 2021-03-01 令和 3年 3月定例会(第1日 3月 1日)

次に、本市が抱える重大な課題である人口減少対策についてであります。  出生数死亡数が上回る状態が続く中で、進学や就職等による転出を減らし引き続き持続可能な地域づくりに取り組んでいく必要があります。丸山知事が掲げられている人口減少歯止めをかけるという目標に対して本市としても県との連携を深め、人口増加への転換を目指した取組を講じていくことが必要だと考えております。

益田市議会 2021-02-25 02月25日-01号

こうした新型コロナウイルスによる影響に加え、人口減少、少子高齢グローバル社会進展や絶え間ない技術革新等は、我が国社会構造雇用環境に急速な変化をもたらしています。そのような情勢の中にあって、SDGsに表されているように、持続可能な開発目標を持って、地球的視野に立って物事を考えていくことが求められています。