160件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

益田市議会 2020-03-05 03月05日-03号

このような気象が続くと、増水渇水両面の水禍に見舞われることにはなりはしないかと、今から危惧をしているところです。 国では、急激な増水を抑える洪水緩和策、また渇水時でも流水を途絶えさせない水資源貯留、また水質浄化などに有効な手段として、水源かん養保安林を設けております。この匹見川、高津川、この流域ともにそういった水源かん養保安林の多いところでございます。

奥出雲町議会 2019-12-06 令和元年第4回定例会(第1日12月 6日)

大崎耕土の認定の背景は、東北地方太平洋側特有の初夏に吹く冷たく湿った風、やませによる冷害、また傾斜の急な山間地での渇水いわゆる水不足です、3つには水はけの悪い平地を流れる河川降雨時の氾濫、こうしたことについてこうした悪条件をさまざまな知恵と工夫で克服し、適応、大崎耕土と呼ばれる豊かな水田農業地帯を形成、持続可能な水田農業を支える大崎耕土伝統的水管理システムという名称で平成29年に世界の農業遺産

出雲市議会 2019-06-13 令和元年度第2回定例会(第1号 6月13日)

こうした状況の中、その後も少雨傾向が続いたことにより、本日、先ほどでございますけれども、午前10時から国において斐伊川の第1次渇水調整が開始されたところであります。尾原ダム放流量の30%カットを今日から始めました。今後、節水を呼びかけるとともに、農業用水確保に努めてまいりたいと考えております。  一方では、今年もまた梅雨季節を迎え、これから雨の多いシーズンを迎えます。

雲南市議会 2019-06-04 令和元年 6月定例会(第2日 6月 4日)

鳥取県西部の日野川では渇水傾向が続き、6年ぶりとなる5%の取水制限が始まっています。島根県内では深刻な水不足は発生していないようですが、本市においては、尾原ダム水位が低下し、水量の維持に努めているとのことでした。農業に関しては、山合いの圃場では、田植え前の代かきができず、稲の作付を断念されたと聞いています。このような状態を本市としては把握されているのか伺います。

雲南市議会 2019-03-20 平成31年 3月定例会(第7日 3月20日)

工期出水期まで延長されているが、河川外工事のためかとの質疑に対し、河川内工事渇水期に工事を終えるが、河川外舗装工事等により7月末まで工期を延長したとの答弁でした。適切な議会議決の手続と厳格な工事工程管理を求めました。  次に、議案第73号、清嵐荘整備事業国民宿舎清嵐荘備品購入厨房機器)契約についてです。  

安来市議会 2019-03-05 03月05日-03号

ただし、渇水期でダムから給水できない、または火災現場から給水場所が離れてる場合には、ヘリコプターが離発着できる場外離発着場に近い自然水または消火栓、防火水槽プール等を使用して、消防車から空中消火バケツへ送水し、消防用水確保することになります。 ○議長田中武夫君) 三島議員。 ◆5番(三島静夫君) 済いません。その中の用語で自然水というのはどういう水ですか。

浜田市議会 2018-12-05 12月05日-03号

上下水道部長河野正雄) 一昨年まで使用しておりました今福地区久佐水源は、久佐川の表流水を直接取水してろ過し、給水をしていましたが、春の農耕期取水時には濁りがひどく、ろ過に支障を来し、渇水期には一時的に雲城地区から分水するなどしておりました。また、旧金城町時代には、下流に水源を求めましたけども、水量に恵まれず、断念した経緯もありました。 

江津市議会 2018-09-06 09月06日-02号

◆12番(石橋孝義) 渇水期にしゅんせつしているという御答弁でございますが、私はあの浜原ダムの湖面、相当広うございます。なかなか流入とそのしゅんせつがうまく比例していってるのかなというふうなことが疑問に思うわけですけど、今まで以上に努力していただくのは、また当局としてもアクションを起こしていただければうれしいなというふうに思っております。 2つ目ダム放流管理流入放流について伺います。 

安来市議会 2018-06-04 06月04日-02号

農業では渇水対策防災では水害対策と、なかなか人間の思うような天の恵みとはなりませんが、これからは水の出る季節となります。消防関係者皆様には、市民の安全・安心、防災減災に向けてご尽力していただきますようお願いし、今回の私の質問とさせていただきます。ありがとうございました。 ○議長田中武夫君) 以上で4番岩崎勉議員質問を終わります。 以上で本日の一般質問を終了いたします。

出雲市議会 2017-06-26 平成29年度第2回定例会(第6号 6月26日)

先週末には、まとまった雨を期待しておりましたけれども、渇水状況に変化はございませんでした。引き続き渇水状況を注視しながら、一方、万一の降雨災害などにも適切に対応できるよう努めてまいりたいと考えております。  また、先日は、「TWILIGHT EXPRESS瑞風」が初めてJR出雲市駅に立ち寄られ、官民挙げてお出迎えをいたしました。

安来市議会 2016-12-05 12月05日-02号

ですから、山を守り、田畑を不耕起地をなくすことが災害に強い安来市をつくるということとともに、山を管理することによって渇水のない平場ができるということです。 やはりそういうことも踏まえて考えていくと、強い、災害はただ防災あるいは災害あったときのすぐに救助とか、それでなくて、起こらない状況をつくることも人の力でできるということだと思います。

出雲市議会 2016-09-05 平成28年度第2回定例会(第3号 9月 5日)

今、非常に渇水状況で、今日、たまたま台風12号で恵みの雨のような状況が、おかげで多少ずれて、ほんに恵みの雨になってくれるんではないかなという期待をしてるところでございますけれども、ここに書いておりますように、7月から8月末現在までの雨の状況、ため池の状況はどうなのかということもお聞きしたい。  

出雲市議会 2016-08-30 平成28年度第2回定例会(第1号 8月30日)

尾原ダム放水量を制限する渇水調整も行われ、農作物への影響も心配されましたが、先週末からの降雨によりまして、現在、水位回復傾向にあります。  こうした猛暑の中、本市におきましては様々な出来事がございました。  まず、悲しいお知らせとして、名誉市民でありました元出雲市長直良光洋さんが、去る8月2日にお亡くなりになりました。

安来市議会 2016-03-04 03月04日-04号

4点目に、渇水対策です。農業用水生活飲用水、ともに長期の降雨がないことから、市民生活農業生産支障を来すわけであります。体制について改めて確認しておきます。 5点目に、凍結被害です。改めてことし1月下旬の凍結による水道被害を受けられた皆様にお見舞いを申し上げます。被害が発生したとき、私は仁田部長に連絡して状況を聞きました。

出雲市議会 2016-02-24 平成28年度第4回定例会(第3号 2月24日)

具体には、水利使用期間については25年の期限切れから10年、平成35年(2023)3月31日を期限とするというお話と、環境放流量については渇水時に毎秒2トン以上という内容でございましたが、それを中国電力申し入れをしてくれという話でございまして、出雲市から中国電力に対しまして、その内容について改めて強く申し入れをしたところでございます。  

出雲市議会 2015-09-07 平成27年度第3回定例会(第4号 9月 7日)

斐伊川では、本年も水不足から渇水調整が5月から行われたわけですけれども、とりあえず、1次、2次、3次というのが7月の31日から9月1日まで約1か月間、上島の15.3トン流さないけんもんが、7.6トンということで、最高50%カットになるというような状況が続いたわけでございます。  これ、上流に尾原ダムが建設された後の話でございます。

出雲市議会 2015-08-31 平成27年度第3回定例会(第1号 8月31日)

今年の夏を振り返ってみますと、猛暑による渇水の心配、あるいは台風の接近などはございましたが、幸い本市においては大規模な災害は発生いたしませんでした。ただ、災害は忘れたころにやって来ると申します。明日9月1日は防災の日であります。本市においても防災訓練を計画しておりますが、市民皆様防災意識を常に持っていただきますようお願いを申しあげたいと思います。