489件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

出雲市議会 2019-06-19 令和元年度第2回定例会(第4号 6月19日)

一方で、本市におきましては、農地の集約化やスマート農業等を推進しまして、生産コストを低減することで農家所得の向上を図るといったこと、また、市内産の農産物のすぐれた食味であったり、あるいは安全性であったり、そういった特徴を今まで以上に追求をしまして、消費にPRをしながら、売れる農産物づくりに向けまして、地域の特性あるいは農家の熱意といったものを生かして農業振興を図っていくことが本市においては重要ではないかと

出雲市議会 2019-06-18 令和元年度第2回定例会(第3号 6月18日)

市長の施政方針の中でも、この出雲の海応援隊では、漁業者・消費が一体となった地産地消と漁村の賑わい創出に取り組む事業となっています。本日はこの出雲の海応援隊について質問させていただきます。  出雲の海応援隊の事業内容を伺います。  二つ目に、隊員の募集方法、参加条件について伺います。  最後に、期待される効果について伺います。  以上、答弁よろしくお願いいたします。

雲南市議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会(第6日 3月 6日)

全国展開しているものは、雲南市ではコンビニぐらいなものですので、消費にとっては、松江や出雲にある店があればいいなというふうに思っている方もたくさんいらっしゃると思います。ぜひあとの2店舗を早急に埋めていただくよう、最大の努力をしていただきたいと思います。  次に、清嵐荘について伺います。清嵐荘の改築事業も、紆余曲折を経て、当初計画よりおくれて、11月にオープンすべく工事が進んでいます。

大田市議会 2019-03-04 平成31年第 2回定例会(第1日 3月 4日)

消費行政につきましては、インターネットに関連した消費被害や、高齢者を狙った特殊詐欺被害が依然として全国的に多く発生していることから、これらの被害に遭わないための研修会の開催など、消費被害を未然に防止する取り組みを、警察など関係機関と連携して進めてまいります。  続いて、第5の柱、人と自然が共生した、自然・生活環境づくりについて申し上げます。  

雲南市議会 2019-03-01 平成31年 3月定例会(第3日 3月 1日)

2010年以降の全国的な消費のキャッシュレス支払いの利用状況につきましては、クレジットカードが60%前後で安定的に推移していることに加えまして、ポイントと電子マネーは大きく増加している傾向にあります。したがいまして、本市におきましても高齢化比率の高さというのはございますけれども、全国データは下回るものの傾向としては同様ではないかというふうには考えておるところでございます。  

浜田市議会 2019-02-27 02月27日-07号

◆21番(澁谷幹雄) 本来仲卸というのは、生産者と小売業者との仲介者といいますか、本来であればそういうのが主な役目で、商店やスーパーや飲食店に卸すことを前提に市場での買い付け権を持っておられるんだと私は理解しているんですけども、それを行政観光客や一般消費への販売を奨励することはこれまでの商慣習や商道徳に違反するというか、問題なのではないかと思うんですけれども。お尋ねします。

出雲市議会 2018-12-10 平成30年度第3回定例会(第5号12月10日)

また、消費として、地域経済の活性化にも貢献していただいているところでございます。  市内で外国人住民が増加している大きな要因として、企業経済活動に伴う採用の活発化があり、こうした状況は今後も続くものと考えており、市としては、縁あって出雲に来られた方が、出雲を気に入り、住み続けていただける施策が重要と考えているところでございます。  

出雲市議会 2018-12-07 平成30年度第3回定例会(第4号12月 7日)

消費教育の充実について1点伺います。  近年、ネット社会の進展に伴った消費トラブルが相次いでいます。高度情報化、グローバル化が急速に進み、消費生活環境が多様化、複雑化している中で、子どもや若者が一人の消費として安全に自覚的に行動できるよう、早期からの消費教育を充実させることが喫緊の課題となっています。  

雲南市議会 2018-12-03 平成30年12月定例会(第3日12月 3日)

これを導入しなければ、中小小売店、飲食店がしたいなと思っても、あるいは消費がカードで払いたいなと思っても、ここはカードはございません。ということは、これも期限つきですけど、その購入を促す何か導入策、補助金とか、そういったことが考えられてもいいと思います。  それから、住宅エコポイントも復活と言われております。ちょうど住宅リフォーム支援事業補助金が3年前に少し少なくなりました。

出雲市議会 2018-09-05 平成30年度第2回定例会(第4号 9月 5日)

国におきましては、若年層の自立を促す施策や消費被害の拡大を防止する施策など、環境整備が必要であるとの指摘を踏まえて、先に述べました関係府省庁連絡会議を立ち上げておりますことから、そこから発せられる情報の収集、共有を図り、しっかりと対応してまいりたいというふうに考えております。  

出雲市議会 2018-09-04 平成30年度第2回定例会(第3号 9月 4日)

次に、拡大が懸念される消費被害などへの教育広報についてということで、消費教育の現状についてお答えをいたします。  本市では契約トラブル等の生活消費相談窓口としまして、本庁舎2階に出雲市生活・消費相談センターを常設し、2名の専門相談員による面談や電話での無料相談、被害注意喚起のための情報提供、消費自立支援のための出前講座等の啓発活動を行っているところでございます。

雲南市議会 2018-06-14 平成30年 6月定例会(第4日 6月14日)

雲南市食と農の市民条例には、安全で良質な農畜産物の安定供給により、消費の豊かな食生活の確保及び消費と生産者の信頼構築を図るとの基本理念があります。これに基づき、先ほど附帯決議ガイドラインということもありましたけれども、必ずやなし崩しになっていくというふうに思います。関係機関と連携して、先ほど言われたように、きちっとアクションを起こしていくべきだというふうに思います。