818件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

出雲市議会 2019-12-19 令和元年度第4回定例会(第6号12月19日)

10月からの消費税10%増税や社会保障制度の後退、年金の削減などで暮らしは厳しくなっています。そのときに議員や市長などの期末手当を引き上げることに市民の理解は得られません。よって、これらの議案を可決とした委員長報告に反対です。  次に、議第61号、出雲市立幼稚園条例の一部を改正する条例についてです。  

出雲市議会 2019-12-09 令和元年度第4回定例会(第5号12月 9日)

最初に、消費税10%増税についてです。  安倍政権が10%への消費税率引き上げを強行して2か月がたちました。増税による物価上昇は国民消費生活を冷え込ませ、日本経済を低迷させており、市としては市民消費動向や市内業者の状況を把握し、より一層の支援が必要なときに来ています。そこで伺います。  

出雲市議会 2019-12-06 令和元年度第4回定例会(第4号12月 6日)

この今日の質問については多面的機能支払制度全般についてお尋ねをしておりまして、やはりこの事業そのものが農業農村のやっぱり活性化につながっていく事業であるわけですけれども、そうした意味で、先ほどの最後の統合樋門の話ですけれども、やっぱりこの農業用水というのは、先ほど答弁の中にもありましたけれども、農業者だけの話ではないわけで、やはり消費者も、そして農家以外の方々も一緒になってこの地域というのは、農業用水

雲南市議会 2019-12-06 令和元年12月定例会(第1日12月 6日)

───────────────────────────────  議案第125号 雲南市手数料徴収条例の一部を改正する条例について     ───────────────────────────────  受益と負担の適正化の観点から、県内他市の状況等を踏まえまして、住民票の写しや印鑑証明などの窓口手数料を改定するため、また、建築物エネルギー消費性能の向上に関する法律の一部を改正する法律施行されたことに

出雲市議会 2019-12-04 令和元年度第4回定例会(第2号12月 4日)

その記事には、米の消費減により前年度より10万トン減らし、適正生産量を708万トンから717万トン程度減らすというふうな内容となっておりました。  毎年のように、8万トンから10万トンが減少しております。そのような状況で今後の農業経営の展望がどうなるのか不安視をされております。そこで何点か伺います。  まず、米の生産調整の変更から2年がたちます。

雲南市議会 2019-09-30 令和元年 9月定例会(第5日 9月30日)

原案に反対の立場から、国の財政を立て直すためには成長戦略歳出改革、消費税増税等を推し進めなければならない。歳出改革のかなめが医療費介護費の膨張抑制である。現役世代の負担はますます重くなるばかりであり、75歳以上の医療費の窓口負担は原則20%、介護保険も65歳以上は原則20%にするのが望ましいと考える。

出雲市議会 2019-09-27 令和元年度第3回定例会(第5号 9月27日)

しかし、これらの財源は10月からの消費税10%増税分を充てるとしています。消費税を増税しなくても、富裕層や収益を上げている大企業に応分の法人税を課税することで可能であることを強調しておきたいと思います。  次に、議第43号、出雲市特定教育保育施設及び特定地域保育事業の運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例です。  

大田市議会 2019-09-09 令和元年第 6回定例会(第4日 9月 9日)

これは本年10月1日からの消費税引き上げに伴うものでありますが、この臨時・特別給付金の支給に関するもので、ただいまの状況ですね、対象者は何人おるのか、市内で、現在、何人の支給ができたのか、これを具体的にお伺いするものであります。  以上、3点でございます。よろしくお願いします。 ○議長(石橋秀利) 原田政策企画部長

大田市議会 2019-09-05 令和元年第 6回定例会(第2日 9月 5日)

産業振興部長(上西 宏) 市といたしましては、従来より当市の観光資源を活用いたしまして、観光客に大田市ならではの魅力を伝え、大田市への来訪、観光満足度の向上、滞在時間の増加及び観光消費の拡大に資する観光商品の開発や市内の団体が主催をされますイベント等に対する助成など、民間主導の取り組みを支援をしてきたところでございます。  

出雲市議会 2019-09-05 令和元年度第3回定例会(第3号 9月 5日)

保育料の無償化で、経済的に助かる家庭もありますが、問題点の一つは、無償化は消費税10%への引き上げ分を財源にしていることです。保育料は既に所得に応じて段階的になっており、保育料が免除されている住民税非課税のひとり親世帯などでは、無償化による恩恵はなく、消費税増税分が暮らしに重くのしかかるだけです。また、保育料が高いゼロ歳から2歳児が対象から外されています。

雲南市議会 2019-09-05 令和元年 9月定例会(第1日 9月 5日)

主なものにつきましては、消費税及び地方消費税でございます。それから、第3項の予備費については全額不用額としております。  はぐっていただきまして2ページ目、2の資本収入及び支出、収入でございます。第1款資本収入予算合計額4億3,618万6,000円、決算額4億1,528万5,732円、予算額に比べまして2,090万268円の減となっております。

大田市議会 2019-09-02 令和元年第 6回定例会(第1日 9月 2日)

来月から消費税の引き上げが行われ、景気対策が予定されており、関係する機関企業ではその準備が進められています。市としても、さきの臨時議会議決いただきました幼児教育保育の無償化やプレミアムつき商品券の発行など、対応を進めています。  それでは、6月市議会以降の主要な項目について御報告申し上げます。  まず、産業づくりについてであります。  

大田市議会 2019-08-13 令和元年第 5回臨時会(第2日 8月13日)

日本共産党といたしましては、消費税増税を前提とした幼児教育保育の無償化には、これまで反対してきましたが、今回の大田市独自の取り組みとして副食費等を補助をする今回の事業は、評価するべき点だと考えます。今後も子供の健全な心身の発達を支えていくためにも、食は保育教育の一環であるという観点を持ち、さらなる事業の充実を求め、賛成討論といたします。  以上で終わります。

出雲市議会 2019-07-02 令和元年度第2回定例会(第6号 7月 2日)

の一部改正に伴う総合政策部関係条例の整備に関する条           例    議第 20号 消費税法等の一部改正に伴う財政部関係条例の整備に関する条例    議第 21号 消費税法等の一部改正に伴う健康福祉部関係条例の整備に関する条           例    議第 22号 消費税法等の一部改正に伴う市民文化部関係条例の整備に関する条           例    議第 23号 消費税法等の一部改正

大田市議会 2019-06-28 令和元年第 4回定例会(第5日 6月28日)

反対意見として、消費税を引き上げて介護保険料を引き下げることについては、納得できない。  次に、議案第133号、大田市介護保険条例の一部を改正する条例制定については、賛成多数、原案可決であります。  可否判定における意見として、低所得対策であり、賛成である。また、反対意見として、消費税引き上げに関連しての条例制定であり、反対である。