179件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

雲南市議会 2021-03-04 令和 3年 3月定例会(第4日 3月 4日)

政策企画部長西村 健一君) JR木次線対策につきましては、関係する沿線自治体奥出雲町、雲南市、松江市、広島県の庄原市と関係組織沿線住民地域活動団体連携をしまして木次線利活用推進協議会組織しまして、利用促進沿線活性化交流人口拡大の3本の柱を中心事業を実施しております。

雲南市議会 2020-12-14 令和 2年12月定例会(第4日12月14日)

政策企画部長西村 健一君) 木次線存続に向けては、関係する沿線自治体奥出雲町、雲南市、松江市、広島庄原市と関係組織沿線住民それから地域活動団体連携をしまして木次線利活用推進協議会組織をしておりまして、利用促進沿線活性化交流人口拡大の3本の柱を中心事業を実施してきております。

江津市議会 2020-12-09 12月09日-02号

さらに、主に石見の市町で活躍されている山陰万葉を歩く会主催のフォーラムが今年1月に江津市地場産業振興センターであり、市内活動団体がパネリストとして登場され、こちらも約100人の参加がありました。二宮地域では、万葉ロマン里二宮として様々な活動されております。二宮まちづくり協議会では、柿本人麻呂の妻、恵良媛伝承の地を生かした恵良媛米の販売をしておられます。

益田市議会 2020-12-04 12月04日-02号

区域内の防災意識を高めることが課題だとした地域自治組織が、その活動団体に委託し地域住民に対する研修を行ったり、区域内の社会福祉法人などと調整し、防災ルート確認作業を行う活動などの場合、この団体は中間支援的な役割を果たしているということになります。 このように、組織の強みや特徴を生かし、地域自治組織課題解決への支援を行うことで、よりよいまちづくり推進につながることとなります。 

浜田市議会 2020-12-02 12月02日-03号

利用とか、そういったところを、提案があればということでしたけれども、もちろん提案があればそれを前向きにサポートしていくっていう、これは、行政スタンスとしては必要だと思いますけれども、官民一緒になって、そういった公共空間をどうやって活用していこうかと考えるときには、民間からの提案を待っているだけじゃなくて、しっかり行政としてもそれを使っていくんだという姿勢を見せて、時に民間事業者であったり、あるいは活動団体

浜田市議会 2020-09-08 09月08日-06号

それが、2条の7項に、市民等市民事業者及びまちづくり活動団体をいうとか、含むとかということではなくて、本来ならば市民と書いて、その市民という言葉には事業者及びまちづくり団体も含むというか、そうあるべきだと思うんですよ。それでこそ、初めてビジョン哲学というものがこの条例に入るんですよ。そがあに主語を簡単に変えたようなことじゃ、このまちづくり条例は何なんよ、これは。そうじゃありませんか。

浜田市議会 2020-09-07 09月07日-05号

この協働まちづくり推進条例は、地域自治活動を進めるものでありますが、その対象、母体、自治活動団体組織として地域にある社会福祉協議会自主防災組織高齢者クラブ高齢者サロンなどの活動取組がありますが、条例にそれらの組織団体などをどう位置づけるのか、どう進めるのか、お伺いをします。 ○議長川神裕司) 地域政策部長

松江市議会 2020-09-07 09月07日-02号

また、市内NPO法人あるいは市民活動団体につきましても、9割の団体活動に制限を受けている状況でございます。 今後は、本格的な再開には感染の終息を待たないとならないわけでございますけれども、状況を見ながら徐々に活動を再開されているところもあると思っております。その際、感染防止について御留意をいただく事項をお示しするなど、支援をしてまいりたいと考えております。 

益田市議会 2020-09-07 09月07日-02号

◎市長(山本浩章君) 益田市協働まちづくり推進条例におきましては、市、そして地域づくり主体である地域自治組織地域住民に伴走する形でその活動支援する中間支援組織、さらに自治会市民活動団体、事業者学校等の多様な主体者が当事者となって協働し、魅力ある住みよいまちづくりに向けた取組を行い、多世代、多様な地域の人々が参画できる持続可能なまちづくりの実現に寄与することを目的としております。 

浜田市議会 2020-09-04 09月04日-04号

地域政策部長岡田泰宏) 議員が危惧されておりますとおり、地域活動団体では新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から活動の中止や延期を余儀なくされておられます。例えば、町内会自治会では総会や草刈りなどの基本的な地域活動に加えて、祭りや運動会などの住民同士のつながりを深める大切な交流活動についても実施することができないといった影響が出ております。 

浜田市議会 2020-09-01 09月01日-01号

第6章では、協働まちづくり推進について、次世代を担う子どもたち人材育成地区まちづくり推進委員会まちづくり活動団体による推進、市が実施する人的、技術的、財政的な支援、また公民館を活動拠点にすることなどについて規定しています。条例制定後は推進計画を策定し、その検証を実施していくこととしています。 第7章では、条例見直し等について規定しています。 

雲南市議会 2020-06-12 令和 2年 6月定例会(第3日 6月12日)

政策企画部長西村 健一君) 地域自主組織市民活動団体皆様には、子供たちへの支援高齢者への声がけ、マスクの配布など、いち早く支援していただき大変感謝しております。  今回、市民力重要性を改めて痛感したところであり、多様な主体による協働を進めていくことがやはり重要だと再認識したところでございます。  

松江市議会 2020-03-03 03月03日-03号

平成30年7月12日に開催された共創・協働マーケットの資料によりますと、この時点で163団体が登録し、市内の26.8%の世帯をカバーしていると示されていますが、現在登録している活動団体の数と世帯カバー率についてお伺いします。また、未整備の地域でこの事業を進めるためには、それぞれに個別の課題があるということだと思いますけれども、今後の取り組み方針についてお伺いします。

雲南市議会 2020-03-02 令和 2年 3月定例会(第3日 3月 2日)

現在、木次線利用促進につきましては、関係する沿線自治体奥出雲町、それから松江市、広島庄原市とあるいは関係組織沿線住民地域活動団体連携して木次線利活用推進協議会組織しているところでございます。この組織には島根県からも交通対策課それから観光振興課が参画しておりまして、事業遂行に直接かかわる幹事会を月1回のペースで今開催をしています。

益田市議会 2019-09-27 09月27日-03号

また、市民活動団体においては、地域状況により、一部地域自治組織の中に組み込まれた団体もございますが、多くの活動団体も同様に主体的な活動を行っていただいております。 これまでも地域自治組織は20地区20通りの組織となるよう支援してまいりました。それは、地域によってそれぞれ構成する団体、個人の置かれた状況が異なるため、一律の対応は困難であるとの判断からです。