58件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

雲南市議会 2016-09-30 平成28年 9月定例会(第6日 9月30日)

件名、中国共産党政府による法輪功迫害の停止と、臓器の強制摘出の停止のため日本政府正義の行動を求める意見書に係る陳情。審査結果、不採択とすべきもの。  詳細の報告は省略しまして、委員会での審査の経過について主な点について口頭で報告します。  本委員会は、平成28年9月14日に付託されました所管の5議案及び請願・陳情1件について9月20日委員会を開催し、6名の委員で審査を行いました。  

益田市議会 2016-09-23 平成28年第522回 9月定例会-09月23日−05号

益田市横田町のサン電子跡地の有効利用に向けた「多目的交流センター(仮称)」(公民館・地区振興センター併設)の新設について 第33 請願第 8号 チーム学校推進法の早期制定を求める意見書の提出について 第34 請願第 9号 返済不要の「給付型奨学金」の創設及び無利子奨学金の拡充を求める意見書の提出について 第35 陳情第 3号 中国共産党政府による法輪功迫害の停止と、臓器の強制摘出の停止のため日本政府正義

益田市議会 2016-09-23 平成28年第522回 9月定例会-09月23日−資料

号チーム学校推進法の早期制定を求める意見書の提出について9. 7総務文教採択 ( 9.23)請願第9号返済不要の「給付型奨学金」の創設及び無利子奨学金の拡充を求める意見書の提出について9. 7総務文教採択 ( 9.23)請願第10号有害鳥獣対策の推進を求める意見書の提出について9. 7経済建設採択 ( 9.23)陳情第3号中国共産党政府による法輪功迫害の停止と、臓器の強制摘出の停止のため日本政府正義

雲南市議会 2016-09-14 平成28年 9月定例会(第5日 9月14日)

陳情第2号、中国共産党政府による法輪功迫害の停止と、臓器の強制摘出の停止のため日本政府正義の行動を求める意見書に係る陳情は、会議規則第144条の規定により、お手元に配付した請願・陳情文書表のとおり所管の常任委員会に付託することといたします。     ─────────────・───・───────────── ○議長(藤原 信宏君) これで本日の日程は全部終了いたしました。  

益田市議会 2016-09-14 平成28年 9月14日 総務文教委員会-09月14日−01号

について(採択)     ※会議録 P22~28 6 請願第 8 号 チーム学校推進法の早期制定を求める意見書の提出について(採択)     ※会議録 P28~33 7 請願第 9 号 返済不要の「給付型奨学金」の創設及び無利子奨学金の拡充を求める意見書の提出について(採択)     ※会議録 P33~35 8 陳情第 3 号 中国共産党政府による法輪功迫害の停止と、臓器の強制摘出の停止のため日本政府正義

益田市議会 2016-09-07 平成28年第522回 9月定例会-09月07日−04号

仮称)」(公民館・地区振興センター併設)の新設について 第3 請願第 8号 チーム学校推進法の早期制定を求める意見書の提出について 第4 請願第 9号 返済不要の「給付型奨学金」の創設及び無利子奨学金の拡充を求める意見書の提出について 第5 請願第10号 有害鳥獣対策の推進を求める意見書の提出について 第6 陳情第 3号 中国共産党政府による法輪功迫害の停止と、臓器の強制摘出の停止のため日本政府正義

益田市議会 2016-09-06 平成28年第522回 9月定例会-09月06日−03号

市長は、市政2期目に当たり、基本理念で市政に関し引き続き4つの理念、市民幸福の実現を最大の使命とすること、思いやりと素朴な正義感を大切にすること、対話を重視し多様な価値観を尊重すること、埋もれた宝ものを見つけて活かすことを、市政運営の全ての局面において貫いてまいりますと述べられました。  

益田市議会 2016-09-01 平成28年第522回 9月定例会-目次

202  日程第4 請願第 9号 返済不要の「給付型奨学金」の創設及び無利子奨学金の拡充を求める意見書の提出について        ……………………………………………………………………………………… 203  日程第5 請願第10号 有害鳥獣対策の推進を求める意見書の提出について………… 203  日程第6 陳情第 3号 中国共産党政府による法輪功迫害の停止と、臓器の強制摘出の停止のため日本政府正義

雲南市議会 2016-06-03 平成28年 6月定例会(第3日 6月 3日)

今回、私は持続可能な社会に向けて取り組むということで、そういった切り口で質問いたしましたけれども、一番言いたかったのは、持続可能なためにはゆとりや豊かさ、あるいは質的充実した生活、そして成熟した共生社会、そして何よりも正義が実現される社会、そういったことを目指す、そういった価値観あるいは世界観がなければ、共有されなければ持続可能ではないということです。

益田市議会 2016-03-25 平成28年第519回 3月定例会-03月25日−06号

人権擁護委員であります山尾由美氏、原真帆子氏、澄出正義氏及び渡辺隆氏の任期が本年6月30日をもって満了することから、先般松江地方法務局長より、この後任の委員について候補者の推薦依頼があり、人権擁護委員法第6条第3項の規定及び同局長の示す基準に従って選考した結果、引き続き原真帆子氏、澄出正義氏及び渡辺隆氏を推薦したく、また新たに吉松志保氏、住所は益田市中吉田町509番地1を推薦いたしたく、議会の意見を

雲南市議会 2015-12-10 平成27年12月定例会(第4日12月10日)

我が国の政治もメディアも劣化が非常に著しくて、何よりこの国には決定的に正義が欠けているんではないかというふうに最近思っています。私たちは、人口あるいは労働力の減少、そして少子高齢化の加速、経済縮小というかつて経験したことのない歴史的転換点にあるわけでして、しかしそれでも何とか生き延びていく持続可能な新しい世界観を持たなければならないと思っています。  

雲南市議会 2014-10-02 平成26年 9月定例会(第5日10月 2日)

第9条、日本国民は、正義秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と武力による威嚇または武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。前項の目的を達するため、陸・海・空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。  市長も一内閣による憲法解釈変更は断じてあってはならないと答弁しています。多くの人々が警鐘を鳴らしています。

出雲市議会 2013-12-03 平成25年度第4回定例会(第2号12月 3日)

三つに、口座に振り込まれた児童手当13万円を差し押さえ、滞納していた県税に充当した鳥取県の処分を正義に反すると断じた鳥取地裁判決と、先日27日の広島高裁松江支部の判決に対する市の見解と対応を伺います。  四つに、差し押さえなど、滞納処分の対象となる要件及び判断基準を詳細にお示しください。  

益田市議会 2013-09-09 平成25年第504回 9月定例会-09月09日−02号

この処分に対し、今回の判決では、口座に振り込まれるとほかの財産と判別できなくなるため、差し押さえは原則可能とする過去の最高裁の判決を踏まえながらも、県は前年に行った預金調査から児童手当が振り込まれる可能性が高いことを認識しつつ、あえて児童手当の振り込み時期に合わせて差し押さえを実施したと推認されると認定、差し押さえ処分を取り消さなければ、児童の健全育成目的とする児童手当法の趣旨と正義に反する。

益田市議会 2013-07-24 平成25年第502回 7月臨時会-07月24日−01号

大量に受け入れができるということから、もう一方、生野菜であるとかというふうなものを使おうとすると、結果的に地産地消の方向に進まなくなると、こういうことにもつながってくるわけでして、私たちは食べ物が安全であるということは、ある意味でかい話をするようになりますが、まさに社会正義だと私は思っています。  

益田市議会 2013-03-27 平成25年第499回 3月定例会-03月27日−07号

ついては、人権擁護委員法第6条第3項の規定及び同局長の示す基準に従って選考いたしました結果、引き続き山尾優美氏を推薦いたし、また新たに原真帆子氏、住所は益田市昭和町1番46号及び澄出正義氏、住所は益田市美都町仙道791番地1を推薦したく、議会の意見を求めるものでございます。  よろしく御審議の上、御賛同賜りますようお願い申し上げます。  大変失礼しました。