15件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

益田市議会 2020-03-06 03月06日-04号

そして、この法律に従って国民の生活やなにかが守られたり、侵されることがないかということで裁判所検察という司法の場があるわけでして、つくられた法律行政機関がしっかりと国民のために執行するという、こういうお互いに侵してはならない立場なんですけれども、行政を行う場が司法をつかさどる人の人事に関して法適用解釈を変更するというふうなことがあっては、それはまさに三権のお互いが牽制し合うという機能が失われるわけですから

安来市議会 2019-12-04 12月04日-02号

日本中事件が発生すると、最近は大半が防犯カメラで犯人の割り出しはもちろんのこと、犯罪防止への効果があるとして設置され、警察や検察機関ではさらに捜査や立証などに活用されています。市民の安全・安心を守る目として定着と報じられています。 私が調査あるいは聞き取りしたところでは、身近なところで平成26年12月に山佐交流センター道路側に設置され、珍しいことですからお祝いをしました。

奥出雲町議会 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第2日 3月13日)

御心配をおかけしておりますが、屋内運動場変状につきましては今後の進行はないと判断できる旨報告を得ているところでございますので、事情を御検察いただきますとともに御理解をいただきますよう、よろしくお願いいたします。議員同様、私も現場を何回も確認しておりますので、今後も安全性に問題がないようしっかり責任を持って注視してまいりたいというふうに思っておりますので、御理解のほどよろしくお願いいたします。

安来市議会 2018-03-06 03月06日-03号

そして、当事者は12月27日、松江地方検察庁に起訴をされました。裁判でございますが、先月28日に第1回目の公判がございまして、控訴事実を認め、1年6カ月を求刑されております。 ○議長(田中武夫君) 中村議員。 ◆13番(中村健二君) まことに残念な事件でありまして、本当に市長もいろんなところで弁解の、釈明もされておるところでございます。

奥出雲町議会 2017-03-15 平成29年第1回定例会(第3日 3月15日)

検察側は懲役2年、追徴金17万円を求刑して結審した。判決は27日ということでございました。  そこで、この事件につきまして、今も新聞報道を報告させていただきましたが、12月と1月の2カ月間において、これだけの報道新聞あるいはテレビ等に、新聞は掲載され、テレビでも報道されたわけでございます。そして3月11日の初公判により、起訴内容を認めたというふうなことも報道されたわけでございます。  

奥出雲町議会 2017-03-14 平成29年第1回定例会(第2日 3月14日)

職員全員が越えてはならない一線ということがわかってるはずですけども、3月10日の初公判を受けての新聞報道を見て目を疑いましたが、検察側の主張として、予算2,000万円の水増しとか飲食接待など、犯行は常習的だとありました。これは本当なのかと。まず、この不祥事が起きた根本的な要因はどこにあるのか、そこをしっかり捉えないと対策も何もないわけですが、その点についてお聞きいたします。

大田市議会 2013-03-05 平成25年第 1回定例会(第1日 3月 5日)

そういう状況も踏まえまして、あるいは党内のいろんな事情も含めまして、三党の内容も触れてありますけれども、そういう経過もしっかりと検察してみる必要が私はあったのではないかなと思うわけであります。当然、先ほど申し上げました法制定の中には地方の首長に権限がありますけれども、首相にも代執行権というものが与えられているのが実態でもあります。

出雲市議会 2012-09-06 平成24年度第3回定例会(第4号 9月 6日)

それでは、現職の市長さんにやめなさいというふうな直談判をするわけでございますが、あえて私は1965年ごろから不幸にしてというか、何といいましょうか、市民活動をしておって、いまだに裁判所検察所、いろんなところ、役所関係も回っています。そういう意味で改めて17万5,000人の皆さんに宣誓してこの問題に取り組みました。  17万5,000人の市民皆さん、私は宣誓いたします。

益田市議会 2009-12-14 12月14日-04号

まず、第1点の副市長人事の件でありますが、これにつきましては、今まで何回も同僚議員から質疑もなされましたし、今そういうお答えが大体に出ておりますときにいろいろ申し上げることもいかがかと存じますけれども、同僚議員の今までの質問でもおわかりのように、別に今回の検察の結論がどうあろうと、地方公務員とされまして、それによっての務めのありようについて非常に疑念があるということで、地方公務員法に照らしてのことをいろいろ

江津市議会 2008-12-09 12月09日-02号

しかしながら、70歳以上の人、地方公共団体の議会の議員、ただし会期中に限ります、学生または生徒、過去5年以内に裁判員検察審査委員を務めたことや、過去1年以内に裁判員候補者として裁判所に行ったことのある人、一定のやむを得ない理由があって、裁判員の職務を行うことや裁判所に行くことが困難な人などであり、裁判所からそのような事情があると認められれば辞退することができます。

浜田市議会 2005-12-07 12月07日-04号

そこら辺のところについてはいかがなものかと思うところですが、その問題につきましては検察・地検・司直の判断を待つという経緯になると思うわけでございますが、浜田市としてはそういった自治労の内部的には役員責任を認めている発言が出ているわけですけども、役員責任が出ているにもかかわらず、地方公務員法に沿った対応であるという答弁ではございますが、その責任について、責任があった段階において、浜田市においては係長

安来市議会 1992-12-14 12月14日-03号

◆7番(安達紘二君) 再質問させていただきますが、佐川急便疑惑に関する答弁ということでは、その程度しか市長立場では言えないであろうと、こういうふうなことを予測しながら実は質問したわけであるわけでございますが、最終的には検察当局の捜査の結果を見なければ、今の段階では白黒言えないわけでありますが、市長立場で言えなければ、一市民立場で、一市民立場に立った中で本当に解明がされたのかなという気持ちをお

  • 1