204件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

雲南市議会 2019-12-06 令和元年12月定例会(第1日12月 6日)

また、10月4日に令和元年度秋季島根県議会議長会定期総会が江津市で、11月6日に全国市議会議長会第107回評議員会が東京で開催され、出席しました。詳細については、資料を議員控室に置いておりますので、ごらんください。  次に、議会報告会について報告します。  11月7日から15日まで、市内5会場で開催し、97名の市民の皆様に御参加をいただきました。

大田市議会 2019-09-06 令和元年第 6回定例会(第3日 9月 6日)

東京は、ことし6月、アクセルとブレーキの踏み間違いを防止する装置を取りつける高齢者に対し、その費用の9割を補助する方針を打ち出しました。新型の車両には、安全運転サポート車など、自動ブレーキや車線逸脱警報が装着されている車種もありますが、車を買いかえるには多額の費用負担がかかるため、後づけの装置も販売されています。

出雲市議会 2019-09-04 令和元年度第3回定例会(第2号 9月 4日)

そうしたことから、8月19日に総務委員会行政視察におきまして、実際にRPAを導入し、業務自動化を推進している東京葛飾区役所へ視察調査に行ってまいりました。今回、その視察調査をもとに質問をしてまいりたいと思います。  ケーブルを視聴されている方もいらっしゃると思いますので、このRPAを簡単に説明いたしますと、ロボティック・プロセス・オートメーションの頭文字をとったものでございます。

大田市議会 2019-09-02 令和元年第 6回定例会(第1日 9月 2日)

平成29年、世界遺産登録10周年記念事業として制作、上演され、好評を博した神楽とオペラの融合作品「オペラ石見銀山」が、石見神楽の日本遺産認定を記念し、10月31日、東京台東区の東京文化会館大ホールにおいて再演されることが決定されました。市内から出演される神楽団、合唱団においては熱心に練習されており、この上演を通じて本市の誇る世界遺産日本遺産の魅力を伝えていただけるものと期待しております。  

大田市議会 2019-06-19 令和元年第 4回定例会(第2日 6月19日)

東京大田区では、児童向けの啓発冊子を作成し、取り組んでいる事例もあります。これまでの取り組みを踏まえ、所見を伺います。  3点目、飲食店での啓発促進30・10運動についてであります。皆さんも御存じとは思いますが、30・10運動とは、会食や宴会等で乾杯の後、30分は食事を楽しむ。そして、歓談をしながら、お開きの10分前には席に戻り、残った料理を残さず食べましょうと促す運動です。

出雲市議会 2019-06-19 令和元年度第2回定例会(第4号 6月19日)

東京は、高齢者ドライバーの事故が相次ぐということの中で、事故防止の緊急対策として急発進防止装置の取り付けについて、1年間の期間限定ではございますけども、費用の9割を補助するというような方針も示されておるところでございます。  そういうことで、なかなか車が手離せない出雲市の現状を考えますと、高齢になっても交通事故が起きにくくするという東京のような対策も必要ではないかなと思います。  

雲南市議会 2019-06-19 令和元年 6月定例会(第5日 6月19日)

6月11日に全国市議会議長会第95回定期総会が東京で開催され、出席しました。  次に、議員表彰について報告します。  全国市議会議長会定期総会において、議員25年以上の特別表彰に安井誉議員が、議員10年以上の一般表彰に周藤正志議員と西村雄一郎議員佐藤隆議員がそれぞれ表彰されました。  以上で諸報告を終わります。     

出雲市議会 2019-06-17 令和元年度第2回定例会(第2号 6月17日)

東京三重県津市では、不妊治療と仕事の両立支援奨励金を支給し、相談体制や休暇制度を整備する企業を応援しています。企業への啓発など両立支援の取組みをぜひともお願いしたいと思いますが、いかがでしょうか。  以上、答弁をお願いいたします。 ○副議長(萬代輝正君) 岡健康福祉部長。 ○健康福祉部長(岡 眞悟君) 登壇 今岡議員の不妊治療を受ける方の支援体制の充実についてのご質問にお答えいたします。  

雲南市議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会(第6日 3月 6日)

昨年3月に発生した東京目黒区で5歳の女の子が亡くなった事件を受けて、全国的な組織強化、連携強化が急がれる中での事件でありました。  近年、児童相談所の児童虐待対応件数が全国的に増加しております。平成20年度の相談件数は4万2,664件、これに対して平成29年度は13万3,778件の相談が寄せられております。

雲南市議会 2019-03-01 平成31年 3月定例会(第3日 3月 1日)

また、都道府県別でこれを見たときには、最も多いのが東京になります。次いで大阪府兵庫県という順になっているとこでございます。  続きまして、寄附される方は固定しているかというお尋ねがございました。  雲南市の出身の方で構成しておりますふるさと会の会員の方のように毎年御寄附をいただいている方がいらっしゃる一方、全国から新たに御寄附をいただく方がふえております。

雲南市議会 2019-02-27 平成31年 3月定例会(第1日 2月27日)

また、2月6日に全国高速自動車道市議会議会第45回定例会東京で開催され、出席いたしました。  詳細については、資料を議員控室に置いてありますのでごらんください。  次に、要望活動についてであります。  1月29日に雲南市議会木次線活性化促進議員連盟として、衆議院議員会館において石井国土交通大臣に対し「地方ローカル線」の維持・存続を求める要望書を提出いたしました。  

奥出雲町議会 2018-12-11 平成30年第4回定例会(第3日12月11日)

隣の日南町中国地方はもとより、遠くは栃木県東京神奈川県岐阜県大阪府兵庫県から合わせて20名が親元を離れ、横田高校に通っています。  高校に併設されている寮には、さらに安来市広瀬町の出身者も加え、現在23名が入寮中であります。昨年度までは寮の食事支給がない日がありましたが、今年度には改善されているようであります。

奥出雲町議会 2018-12-07 平成30年第4回定例会(第1日12月 7日)

次に、11月10日に東京において第69回となります東京仁多会総会が首都圏在住の本町出身者を初め関係者を含め総勢100名余りの出席のもと、盛大に開催されました。当日はアトラクションや奥出雲町の特産品をプレゼントするくじ引きなどで盛り上がり、思い出話に話が咲いたところでございます。  また、11月25日には大阪市において第10回関西奥出雲会総会が開催されました。

出雲市議会 2018-12-07 平成30年度第3回定例会(第4号12月 7日)

先ほどの過去の歴史の話をなさいましたけれども、廃藩置県によってそれぞれ今の形になってから百数十年経過しておりますが、県庁所在地が移転したという例は、一つだけ例外がありますけれども、東京、これが千代田区丸の内から副都心新宿に移転したのが唯一。ただ、ちょっとほかの都市どうしの話とは違うかなという気がするぐらいで、なかなかこの百数十年、そういった実例がないという話でございます。  

出雲市議会 2018-12-06 平成30年度第3回定例会(第3号12月 6日)

このほかにも東京京都市奈良市石川県加賀市など、今あらゆる自治体で導入され、業務の効率化が図られようとしております。私は出雲市においてもRPAについての研究検討、さらに踏み込めば実施する時期に来ているのではないかと考えております。  そこでお伺いをいたします。現在の出雲市の業務量の把握状況と推移、物証ベース、また定量化といいますか比較ができるものでお願いしたいと思います。

大田市議会 2018-12-03 平成30年第 5回定例会(第1日12月 3日)

10月に東京で開催されましたIT系企業の経営者等を対象としたセミナーに出席し、自治体トップが語る企業誘致にかける思いと題したプレゼンテーションを行いました。  大田市に関心を寄せていただいた企業もあり、引き続きこうした機会を設けながら、トップセールスによるIT系企業製造業などの誘致活動に取り組んでまいります。  次に、仁摩地区道の駅の整備についてであります。

奥出雲町議会 2018-10-09 平成30年第3回定例会(第2日10月 9日)

このほど東京にある酒文化研究所などが主催する全国燗酒コンテスト2018において、奥出雲酒造と簸上清酒の2つの蔵元がそれぞれの出品部門で最高金賞に選ばれたことは御承知のとおりでありますが、奥出雲町にはおいしいお酒がある酒どころでありますので、こうしたおいしいお酒の提供や地元の旬な食材を使った弁当の配付などをセットにした貸し切り専用列車旅行会社とタイアップして定期的に運行できるようになれば、列車利用

奥出雲町議会 2018-06-13 平成30年第2回定例会(第3日 6月13日)

次に、県別人数につきましては、平成29年度実績で、東京が約3,000人、神奈川県約1,000人、大阪府900人の順となっており、町内の出身者の方であるかどうかの把握はできませんが、ふるさと会の出身者の方も多々いらっしゃいますので、ある程度いらっしゃるものと推測いたしております。