37件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

益田市議会 2020-06-15 06月15日-02号

地域包括ケアシステム充実一環として、高齢者支援充実に向け5つ日常生活ごとに、住民団体民間企業等との連携協働によるサービス創出担い手育成を推進していくとあります。 そこで、壇上からは市長に持続可能な開発目標SDGsの観点から、高齢者福祉を将来に向かってどのようにお考えなのかお聞きいたします。 

益田市議会 2019-12-09 12月09日-04号

そういった状況を踏まえ、日常生活ごとに食、家事、移送など地域で活用できる支援について整理し、「高齢者生活支援のためのちえぶくろ」を作成したところでございます。今後は、この「ちえぶくろ」の周知に努めるとともに、住民主体団体NPO民間企業等協働し、資源把握関係者ネットワーク化担い手の養成、資源創出等基盤強化を進めてまいりたいと考えております。

益田市議会 2019-12-05 12月05日-02号

まず、地域包括支援センターにつきましては、美都・匹見地域包括に加えて、昨年4月より、直営で行っておりました業務日常生活ごとにそれぞれ委託し、より身近なところで専門職による高齢者相談支援が受けられるよう、体制整備を図ったところでございます。 新たに委託しました地域包括支援センターの昨年度の相談実績としましては、実件数で756件となっております。

江津市議会 2019-06-20 06月20日-03号

健康医療対策課長村上郁夫) 日常生活ごと状況についての、その前に先ほど藤間議員が質問されました基本チェックリストの取り扱いについては、本市においては65歳以上の方で介護認定を受けてない方については、最近は年齢をくくってますけども、それぞれに対象になる方っていうか、65歳以上の方については基本チェックリストを郵送して、それぞれチェックリストを返してもらうという状況の中で把握をさせてもらっております

浜田市議会 2018-09-06 09月06日-05号

具体的には、地域全体で高齢者生活を支える体制づくりを進めることを目的とした生活支援体制整備事業浜田社会福祉協議会に委託し、生活支援コーディネーター日常生活ごとに1名配置していただいております。そして、住民自らが運営する高齢者サロン活動の総括的な窓口となり、サロン活動把握設置支援情報発信運営支援等業務を担っていただいております。 

松江市議会 2018-06-20 06月20日-04号

健康部長小塚豊) まず、地域包括ケアシステム構築のプロセスにおいての本市進捗状況でございますが、本市につきましても6つの日常生活ごと地域包括ケアシステム構築に取り組んでおります。圏域ごと地域ケア会議を設置いたしまして、地域課題把握社会資源の発掘が行われ、地域関係者による対応策検討を行っているところでございます。 

松江市議会 2018-02-26 02月26日-02号

今回の計画策定のポイントは、日常生活ごと地域包括ケアシステム構築、それから介護人材確保対策への取り組み、これを計画に盛り込んだ点だと考えております。 このうち、介護人材確保対策につきましては、先ほど申し上げましたように、これが極めて大きな課題でございますので、来年度、介護人材確保検討会議を立ち上げることにいたしております。

江津市議会 2017-09-07 09月07日-02号

現在、介護予防日常生活支援総合事業を実施している既存の介護保険事業者についても、核となる事業者等日常生活ごとに設置されており、これを中心として日常生活圏域提供基本として総合事業を進めております。 今後、仮にNPOボランティア団体地域住民などによる事業参入があったとしても、サービス提供は、この日常生活圏域基本として考えてまいりたいというふうに思っております。

益田市議会 2016-12-07 12月07日-04号

この地域包括ケアシステムにつきましては、議員おっしゃいました5つ日常生活ごと構築していくこととしております。先ほど申しました5つの領域のうちの医療介護、住まいにつきましては、日常生活圏域単位基盤として、また生活支援介護支援につきましては、現在あります地区振興センター単位基盤とした重層的な視点を持ちながら、構築に取り組んでまいりたいと考えているところでございます。 

  • 1
  • 2