154件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

奥出雲町議会 2020-12-18 令和 2年第4回定例会(第4日12月18日)

衆議院議長大島理森様、参議院議長山東昭子様、内閣総理大臣菅義偉様、文部科学大臣、萩生田光一様、財務大臣麻生太郎様、総務大臣武田良太様。 ○議長藤原 充博君) 以上で、要旨説明を終わります。  これより発委第6号について質疑を行います。質疑はございますか。               〔質疑なし〕 ○議長藤原 充博君) ないようでございますので、質疑は終わります。  

大田市議会 2020-12-04 令和 2年第 10回定例会(第1日12月 4日)

全国小中高特別支援4つ校長会も少人数学級文部科学大臣に要望しました。そして8月には、政府教育再生実行会議が開催され、委員から、少人数学級を進め、30人未満の学級にしてほしいとの意見が出され、文部科学大臣は多くの人が方向性として共有できる課題、できることから速やかに行っていきたいと述べ、必要な予算要求を行う考えを明確にしました。

大田市議会 2020-09-10 令和 2年第 7回定例会(第2日 9月10日)

新型コロナウイルス感染症予防法や偏見、あるいは差別、これの防止につきましては、県の教育委員会、それから国からも、先ほどお話ありました文部科学大臣メッセージ、これは教職員、それから保護者、さらには児童生徒宛てにあったものでございますけれども、そういったメッセージをはじめとして、これまで非常にたくさんの通知、あるいは資料が提供されております。

松江市議会 2020-09-09 09月09日-04号

また、萩生田文部科学大臣が8月4日の定例記者会見で、この少人数学級について触れておられました。今後、国も少人数学級実現に向けて環境の整備を加速していくのではないかとも予想できます。 改めて松江教育委員会の少人数学級教育に対する見解を、そしてアフターコロナ学校の形に何か変化は出てくるのか、お考えを伺って最後の質問に移ります。 

奥出雲町議会 2020-09-09 令和 2年第3回定例会(第3日 9月 9日)

全国小中高特別支援学校4つ校長会も、文部科学大臣に少人数学級を要望しました。政府は、7月17日に閣議決定した経済財政諮問会議のいわゆる骨太方針2020には、全ての子供たちの学びを保障するため、少人数指導によるきめ細やかな指導体制の検討を盛り込むという変化が生まれています。  先進国では、学級編制の上限はほぼ30人で、実際の児童生徒数は平均で20人程度です。

雲南市議会 2020-03-04 令和 2年 3月定例会(第5日 3月 4日)

教育長景山 明君) 国では、平成29年5月19日に文部科学大臣から文化審議会に対して、これからの文化財保存活用のあり方について諮問されております。それで文化財保護制度見直しについて議論がなされました。それで平成31年4月に文化財保護法が改正されまして、それによって文化庁から各市町村に向けて文化財保存活用地域計画策定が求められておるところでございます。  

松江市議会 2020-03-03 03月03日-03号

昨年の12月19日に出されました萩生田文部科学大臣メッセージでは、Society5.0時代に生きる子どもたちにとって、PC端末マストアイテムである。1人1台の端末整備は、もはや令和時代における学校のスタンダードであり、特別なことではない。この実現には、各自治体の首長のリーダーシップが不可欠であると述べられています。

雲南市議会 2019-12-10 令和元年12月定例会(第3日12月10日)

教育長景山 明君) 公立教員給与特別措置法の改正についてということですけれども、その趣旨は、教育職員について、夏季休業中の休日のまとめどりのように集中して休日を確保することが可能となるよう、1年単位の変形労働時間制を条例により実施できるようにするとともに、文部科学大臣教育職員業務量の適切な管理等に関する指針策定及び公表するということになっております。

雲南市議会 2019-12-06 令和元年12月定例会(第1日12月 6日)

令和元年度明るい選挙啓発ポスターコンクールの中学1年生の部で、木次中学校小村さちこさんの作品が最上位に選ばれ、文部科学大臣総務大臣賞を受賞されました。心よりお祝い申し上げますとともに、小村さんの作品展示などによる啓発活動に取り組み、投票率向上につなげてまいります。  続いて、“幸せを運ぶコウノトリ”と共生するまちづくりについてであります。  

益田市議会 2019-12-05 12月05日-02号

なお、去る11月15日に国の文化審議会から文部科学大臣に、大元古墳の新指定中須東原遺跡に隣接します福王寺境内地とその周辺地追加指定答申をされました。令和2年3月の官報告示で正式な決定となるところですが、これをもって市内の国指定史跡は4件になる予定でございます。 以上です。 ○議長中島守君) 14番 久城恵治議員

大田市議会 2019-12-02 令和元年第 7回定例会(第1日12月 2日)

34番、中学校体育文化振興事業100万円につきましては、大田二中野球部が来年3月に静岡県で開催されます文部科学大臣杯全日本少年春季軟式野球大会への出場を決めましたので、その出場支援を主な理由とするものでございます。  財源につきましては、お示しをしておりますとおりでございます。  一般会計につきましては、以上でございます。  続きまして、国民健康保険事業特別会計でございます。  

松江市議会 2019-09-09 09月09日-02号

中村文部科学大臣政務官は、教室のICT化についても、来年度予算における概算要求で積極的に取り組んでいただけるよう財務省へ要求しているところであると発言しておられます。 今やらないと、乗りおくれてしまうどころか、松江市はプログラミング言語発祥まちであり、IT産業、技術の育成を看板にしているまちであります。

益田市議会 2019-03-06 03月06日-02号

議員御指摘のとおり、先般、柴山文部科学大臣会見で、携帯電話スマートフォンについて小・中学校持ち込み原則禁止という指針を見直す方針を明らかにしたところであります。これは、子供による携帯電話スマートフォン保有率が上がり、災害時の対応などへの懸念も出ていたため、従来の指針時代に合わなくなったとの考えによるものであると聞いております。

松江市議会 2019-03-01 03月01日-03号

2月19日、柴山文部科学大臣が、公立小中学校に通う子ども学校携帯電話スマートフォンを持ち込むことを原則禁止としてきた指針について見直すと表明した。これまで教育現場は、2009年に文科省が出した小中学校持ち込み原則禁止、高校は校内での使用を禁止という指針を守ってきたのである。スマホ解禁は、災害時に子どもと連絡をとり合うために必要だという。