1283件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

奥出雲町議会 2019-09-11 令和元年第3回定例会(第2日 9月11日)

次に、3点目、たたら製鉄と奥出雲町の農業に由来する観光地や文化遺産の案内看板等の設置検討状況をお聞きをいたします。 ○議長(藤原 充博君) 勝田町長。 ○町長(勝田 康則君) 御質問にお答えをいたします。  設置検討状況ということで、担当課が重複しておりますので、私のほうから御質問にお答えをさせていただきます。  

大田市議会 2019-09-05 令和元年第 6回定例会(第2日 9月 5日)

なお、観光目的といたしましては、歴史文化が最も多く、自然、行祭事・イベント、温泉健康スポーツ・レクリエーションと続いております。この観光目的に大きな変化は見られませんけれども、その土地文化歴史自然環境を体験するいわゆる体験型の観光形態を求める旅行者が増加傾向にありますので、体験メニューの充実が必要であるというふうに考えております。  

大田市議会 2019-09-02 令和元年第 6回定例会(第1日 9月 2日)

お手元に大田市体育公園文化事業団並びに株式会社ゆのつの平成30年度の経営状況をあらわす書類が、また株式会社大田ふるさとセンターの平成30年度経営状況及び令和元年度の事業計画を説明する書類が地方自治法第243条の3第2項の規定により、それぞれ提出されておりますのでごらんおきいただきたいと思います。

出雲市議会 2019-07-02 令和元年度第2回定例会(第6号 7月 2日)

次に、議第19号、消費税法等の一部改正に伴う総合政策部関係条例の整備に関する条例、議第20号、消費税法等の一部改正に伴う財政部関係条例の整備に関する条例及び議第22号、消費税法等の一部改正に伴う市民文化部関係条例の整備に関する条例であります。  これは、消費税及び地方消費税税率が引き上げられることから、総合政策部、財政部、市民文化部の関係する条例について、所要の改正を行うものです。  

奥出雲町議会 2019-06-25 令和元年第2回定例会(第5日 6月25日)

過疎地域は、我が国の国土の過半を占め、豊かな自然や歴史文化を有するふるさとの地域であり、都市に対する食料・水・エネルギー供給、国土・自然環境の保全、癒しの場の提供、災害の防止、森林による地球温暖化の防止などに多大な貢献をしている。  過疎地区が果たしているこのような多面的・公益的機能は国民共有財産であり、それは過疎地域の住民によって支えられてきたものである。  

出雲市議会 2019-06-20 令和元年度第2回定例会(第5号 6月20日)

一部改正に伴う関係条例の整備に関           する条例    議第 19号 消費税法等の一部改正に伴う総合政策部関係条例の整備に関する条           例    議第 20号 消費税法等の一部改正に伴う財政部関係条例の整備に関する条例    議第 21号 消費税法等の一部改正に伴う健康福祉部関係条例の整備に関する条           例    議第 22号 消費税法等の一部改正に伴う市民文化部関係条例

雲南市議会 2019-06-19 令和元年 6月定例会(第5日 6月19日)

過疎地域は、我が国の国土の過半を占め、豊かな自然や歴史文化を有するふるさとの地域であり、都市に対する食料・水・エネルギー供給、国土・自然環境の保全、いやしの場の提供、災害の防止、森林による地球温暖化の防止などに多大な貢献をしている。  過疎地域が果たしているこのような多面的・公益的機能は国民共有財産であり、それは過疎地域の住民によって支えられてきたものである。  

出雲市議会 2019-06-19 令和元年度第2回定例会(第4号 6月19日)

○議 長(川上幸博君) 藤原市民文化部長。 ○市民文化部長(藤原英博君) 登壇 おはようございます。それでは、湯淺議員の新体育建設と旧体育館除却の考え方と費用の質問についてお答えをさせていただきます。  最初に、新体育館の建設と旧体育館(3体育館)の除却は、それぞれどの程度の予算が必要となるのか。

出雲市議会 2019-06-18 令和元年度第2回定例会(第3号 6月18日)

下水道事業管理者     石 田   武 君           総合政策部長        長 見 康 弘 君           防災安全部長        間 島 尚 志 君           財政部長          安 井 孝 治 君           健康福祉部長        岡   眞 悟 君           子ども未来部長       三 島 武 司 君           市民文化部長

出雲市議会 2019-06-17 令和元年度第2回定例会(第2号 6月17日)

公営住宅制度は、昭和26年(1951)、戦後復興期における住宅ストック量の絶対的な不足の解消を果たすために創設され、公営住宅法に基づき国と地方公共団体協力して、健康文化的な生活を営むに足りる住宅住宅困窮者に供給することで、国民の居住の安定のために、その役割を果たしてきております。  

大田市議会 2019-06-14 令和元年第 4回定例会(第1日 6月14日)

次に、お手元に、平成30年度の公益財団法人大田市体育公園文化事業団及び公益財団法人シルバーランド振興事業団の経営状況を説明する書類が地方自治法第243条の3第2項の規定によりそれぞれ提出されておりますので、ごらんおきいただきたいと思います。  ここで、先ほど表彰を受けられました林副議長表彰状をお渡しいたしたいと思います。  暫時休憩をいたします。                

出雲市議会 2019-06-13 令和元年度第2回定例会(第1号 6月13日)

一部改正に伴う関係条例の整備に関           する条例    議第 19号 消費税法等の一部改正に伴う総合政策部関係条例の整備に関する条           例    議第 20号 消費税法等の一部改正に伴う財政部関係条例の整備に関する条例    議第 21号 消費税法等の一部改正に伴う健康福祉部関係条例の整備に関する条           例    議第 22号 消費税法等の一部改正に伴う市民文化部関係条例

奥出雲町議会 2019-06-12 令和元年第2回定例会(第3日 6月12日)

その際、町長は本町には基幹産業である農業畜産業林業そして誘致企業などの工業製品等を出荷する製造業インフラ等の維持にかかわる建設業、運輸業、小売を中心とした商業サービス業、そろばん製造技術を生かした木工芸品産業があるとの答弁でしたが、それらは本当に歴史のある本町の重要な産業であり、これからも奥出雲町の雇用文化面で町の姿を形づくり、地域を支えるものであります。  

雲南市議会 2019-06-06 令和元年 6月定例会(第4日 6月 6日)

決して学校の机の上では学ぶことができない地域の仕事や文化、これを体験し地元のお店や企業を知る。そのコミュニティーに触れ、雲南で暮らすことのすばらしさを感じる体験プログラムです。これぞ親子で学ぶ地元愛、地域のありがたさを感じる地域教育ではないでしょうか、教育長の見解を伺います。 ○議長(山﨑 正幸君) 景山教育長

雲南市議会 2019-06-04 令和元年 6月定例会(第2日 6月 4日)

全ての国民は、健康文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。憲法第25条も大変心配顔をしているのではないでしょうか。雲南市の見解を伺います。  6番目の質問は、中高年層のひきこもり支援について伺います。  先月下旬に川崎で20人殺傷事件が発生して「ひきこもり」という言葉も使われていましたが、あの事件とは全く無関係の質問ですのでよろしくお願いいたします。  

大田市議会 2019-03-22 平成31年第 2回定例会(第5日 3月22日)

続いて、総務部総務課では、多文化共生事業に対し、事業の趣旨や内容、タブレットやアプリの利用を考えているのかの質疑に対し、この事業は多文化共生社会の実現に向けて取り組むもので、在住外国人への実態把握のためのアンケートの実施や推進計画の策定、国際交流員の配置、講座や交流会の開催などの事業のほかに、外国人対応タブレット端末使用料なども検討しているとの答弁に、外国人に対するアンケート調査やタブレットの活用はなかなか