2487件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

松江市議会 2021-06-29 06月29日-03号

北公園があって、体育館があって、スポーツだとか文化だとか、市民が憩える場所だと思っております。市民の皆さんもこの場所活用に対して非常に期待を持っているように感じておりますので、今後しっかりと道筋を立てて、整合性を持ちながら計画をしていただきたいと思います。 次に、2番目です。この件に関しては過去に2度、一般質問提案をさせていただいた項目です。今回で3度目の御提案となります。 

奥出雲町議会 2021-06-11 令和 3年第2回定例会(第3日 6月11日)

本町の農業遺産を推進する奥出雲農業遺産推進協議会では、認定申請に合わせ農業保全継承に関する取組方針をまとめた農業遺産保全計画を基に、仁多米奥出雲和牛、シイタケ、ソバなど農業システムと関わりのある品目を中心とした農林畜産業振興や、農地・森林の保全観光振興教育文化振興地域づくりなど地域活性化に向け、今後5年間の取組目標を掲げております。  

益田市議会 2021-03-23 03月23日-06号

また、益田歴史文化基本構想が策定され、今年度「中世日本の傑作 益田を味わう-地方の時代に輝き再び-」が日本遺産に認定されたことは大きな喜びでもありました。一方で、今年度はコロナ禍における学校対応の難しさを感じた一年でもありました。しかし、そういった中、学校保護者地域、また関係機関行政が一体となって乗り越えた一年ではなかったかというふうに思っております。早い収束を願っております。 

雲南市議会 2021-03-22 令和 3年 3月定例会(第7日 3月22日)

そして人間として豊かに生活するためには、文化、スポーツ芸術活動などこういったことに使うお金も必要です。この11万から14万円の収入でどうやって生活していけばいいのでしょうか。ましてや家族を養うことは非常に厳しいと言えます。  また、請願者らの団体で調査した全国の最低生計費試算調査によれば、最低生計費地域による格差がほとんどなく、どこに居住していても月22万円から24万円は必要です。

江津市議会 2021-03-19 03月19日-04号

市役所設置の理念は、市民全てに優しく気軽に訪れやすい庁舎、来庁者職員等の誰にとっても利用しやすく、親しみやすく、気軽に来訪しやすい庁舎、また市民集いの場となる庁舎市民が気軽に集い、文化的活動を行うことができるコミュニティの場となる庁舎市民向けのスペースや一時避難所機能との複合化を図ろう、このように述べています。

松江市議会 2021-03-18 03月18日-05号

議第1号「鹿島公共用施設維持修繕基金条例の一部改正について」、議第2号「松江文化力を生かしたまちづくり条例の制定について」、議第4号「松江報酬費用弁償支給条例の一部改正について」、議第6号「松江国民健康保険条例の一部改正について」、議第22号「財産無償譲渡について」、議第25号「財産の取得について」、議第38号「令和2年度松江宍道国民健康保険診療施設事業特別会計補正予算(第2号)」、議第39

奥出雲町議会 2021-03-11 令和 3年第1回定例会(第2日 3月11日)

三成小学校は、三成の町の文化象徴であり、誇りです。子供たち文化のためなら、近隣の住民は立ち退きに協力したいとの声も聞こえます。教育行政の都合で、子供たちをこれ以上待たせることは許せません。耐震化改築計画具体化されてから、1年生だった子供たちはとっくに卒業しました。現在地で早急に改築着工を求めます。所見を伺います。 ○議長(藤原 充博君) 勝田町長

江津市議会 2021-03-09 03月09日-03号

IRにつきましては、話題となっているカジノだけでなく、国際的で、かつほかにないスケールの会議施設やあらゆる国々の人を受け入れることができるホテル、さらには日本文化芸術を世界に発信できる一流エンターテインメント施設観光施設、そして商業施設などが含まれる複合的な大型観光施設区域を整備することにより日本経済成長を図り、観光先進国となるよう政府が進めております。 

益田市議会 2021-03-09 03月09日-05号

90ページ、項4社会教育費につきましては、目3文化財費において、益田歴史文化を活かした観光拠点づくり実行委員会に対する日本遺産活用推進事業貸付金の減少などにより歴史を活かしたまちづくり魅力発信調査研究事業費を減額するほか、目7公民館費において、公民館職員人件費実績見込みにより公民館管理拠点化推進事業費を減額するなど、総額では1,429万6,000円を減額いたしております。 

江津市議会 2021-03-08 03月08日-02号

次に、伝統文化及び文化財保護活用についてであります。 第6次総合振興計画の施策により、伝統文化及び文化財保護継承文化活動活性化、現状の課題、方針、そして具体的な取組が行われております。 文化は、人間人間らしく生きるために極めて重要であり、人間相互連帯感を生み、ともに生きる社会の基盤を形成するものだと思います。

雲南市議会 2021-03-08 令和 3年 3月定例会(第6日 3月 8日)

市長石飛 厚志君) 雲南プライドとは、もともとは市民の皆様が雲南市民であることに対して持つ誇り、自らの地域と、そこに住まう人々への愛着、さらにそこで生み出されるものや文化そういったものへの誇り愛着というものをイメージしておりますが、それらの誇り愛着を胸を張って主張し、発信していこうという社会運動の概念を含む言葉として発信、提言しております。  

益田市議会 2021-03-08 03月08日-04号

教育部においては、社会教育系施設スポレク系施設学校教育系施設並びに市民文化系施設のうち集会所を除く文化施設公民館施設など多くの施設を所管をしております。 この中で、歴史民俗資料館や雪舟の郷記念館などの社会教育系施設については、各施設機能を再構築することとしています。特に、歴史民俗資料館については、(仮称)日本遺産ビジターセンター機能を加え、新たな施設へのリニューアルを行ってまいります。 

雲南市議会 2021-03-04 令和 3年 3月定例会(第4日 3月 4日)

市長は、スポーツ文化活動を積極的に支援し、人材育成人づくり場所づくりを創造すると述べられました。今回、丸山島根県知事オリンピック聖火リレー経済対策と結びつけて中止の表明をされましたが、そういったことに対して本市のスタンスはどうであるのか、伺います。 ○議長(佐藤 隆司君) 石飛市長