24件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

奥出雲町議会 2019-12-19 令和元年第4回定例会(第4日12月19日)

1つ、政務活動について。  1つ、行政視察研修について。  (2)議会改革。  1つ、議員のなり手不足解消について。  1つ、議会情報公開議会見える化)について。  1つ、議会活動について。  (3)その他。  1つ、議会タブレット端末の導入について。  1つ、議事録等の作成に係る音声認識システムの導入について。  1つ、町民の声を行政に反映させることについて。  

大田市議会 2019-12-02 令和元年第 7回定例会(第1日12月 2日)

根室市議会では、平成21年から議会改革に取り組み、政務活動の用途の公開を手始めに、平成24年には議会基本条例を制定し、市民との情報共有を図り、市民意見が反映できる仕組みづくりや議員間の討議の活性化を進め、政策立案や提言をされておられました。  また、地方分権時代に即した議会として、平成21年に根室市議会改革調査等特別委員会を設置。

大田市議会 2019-09-02 令和元年第 6回定例会(第1日 9月 2日)

あわせて、資料提供として全国市議会議長会が過去政府へ提出している地方議会のなり手の確保についての要望書、地方自治法等の兼業禁止にかかわる項目、厚生年金への地方議会議員加入を求める意見書の議決状況、県内他市の政治倫理に関する規程、県内7市議会政務活動及び支払い先と支払い方法などを資料として配付いたしました。  まず、最初の議題、中間提言書案についてであります。

大田市議会 2019-03-04 平成31年第 2回定例会(第1日 3月 4日)

第12条、政務活動では、認められた議員活動費として、公開と使途について、その責任を自覚するべきとの意見であります。  第13条、議員研修の充実でございますが、幅広く外部の意見や先進地研修も検討したらどうか。  次に、第14条、議会事務局の体制整備については、議会事務局議長が統括することになっており、人員や体制の強化については、現状を把握し、議長を通じて改善するべきである。  

雲南市議会 2018-12-14 平成30年12月定例会(第7日12月14日)

7、定数減に伴う議員活動を強化するため、政策提言に向け、政務活動の充実を図ること。  以上でありますけれども、なお、平成30年1月10日付総務第184号、地方自治法改正に伴う議員選任監査委員について議会の意見を求められた件については、議会運営委員会に委ねることとする。  以上、雲南市議会定数等検討会議委員長報告といたします。 ○議長(山﨑 正幸君) 説明が終わりました。  

出雲市議会 2018-09-27 平成30年度第2回定例会(第6号 9月27日)

平成27年度(2015)3月議会において、議員定数を32人から30人に削減する出雲市議会議員定数条例の一部を改正する条例議員提案で上程され、これをきっかけとして、議員定数だけではなく、議会活動・議員活動のあるべき姿や議員報酬政務活動のあり方について調査検討及び審査を行うため、委員11人で構成する議会改革・調査特別委員会平成28年(2016)3月2日に設置されたところであります。  

出雲市議会 2018-09-05 平成30年度第2回定例会(第4号 9月 5日)

その内容、「あんた、これ政務活動45万円というのは、もうもらってんの」ということで、年収がもうそういった政務活動も私の年収だと家内思い込んで、説明するのに苦慮したんですよ。部長さんにこういうことを言ってもなんですけども、私が言いたいのは、この年収で、もう見出しが年収756万円、ぽんと出る。

出雲市議会 2018-03-20 平成30年度第4回定例会(第6号 3月20日)

平成29年(2017)6月12日の本会議におきまして、出雲市議会議員活動、議員定数議員報酬及び政務活動のあり方について調査研究することを目的に、11人の委員で構成する議会改革・調査特別委員会が設置され、委員長に多々納剛人議員が、副委員長に私、板垣成二が選任されました。その後、多々納議員議員辞職に伴いまして、本年1月から私が委員長に、副委員長に玉木 満議員が選任されております。  

奥出雲町議会 2018-03-13 平成30年第1回定例会(第2日 3月13日)

いわゆる政活費と言われる政務活動の不正受給、あるいは発言等においてたびたび報じられておるところでございますが、片方では、議会の開催に伴って、いわゆる議員に対してのなり手が少なくなって定員を満たさないといったようなところもよくお聞きするところでございますが、そういう状況に対してはどのようにお感じになっているか、お伺いをいたします。 ○議長(岩田 明人君) 勝田町長。

出雲市議会 2017-06-12 平成29年度第2回定例会(第5号 6月12日)

初めに、出雲市議会議会議員活動、議員定数議員報酬及び政務活動のあり方についての調査研究を行うため、11人の委員をもって構成する議会改革調査特別委員会を設置いたしたいと思います。  これにご異議ございませんか。            (「異議なし」と言う者あり) ○議 長(福代秀洋君) 異議なしと認めます。  

大田市議会 2017-03-06 平成29年第 1回定例会(第1日 3月 6日)

引き続いての議案審議では、平成29年度全国市議会議長一般会計予算ほか2議案並びに政務活動の透明性の向上に関する決議案を原案どおり可決し、閉会をいたしました。  次に、お手元に平成28年度の監査報告書が地方自治法第199条第9項の規定により提出されておりますので、ごらんおきいただきたいと思います。

出雲市議会 2016-06-27 平成28年度第1回定例会(第5号 6月27日)

議会改革・調査特別委員会の中で議員報酬政務活動などについても議論をされております。これらについては、最終的には報酬等審議会に付されるべきものであるというふうに考えておりますが、今後の経過を注視したいと思いますし、議会として議論が必要であることについても申し添えたいと思います。  以上であります。 ○議 長(長廻利行君) ほかに討論はありませんか。             

出雲市議会 2016-02-24 平成28年度第4回定例会(第3号 2月24日)

また、最近では、富山市議などにより政務活動の不正受給が大きな社会問題となり、改めて政治と金の問題が国民の注視と厳しい批判にさらされています。  そんなとき、出雲ガス株式会社が自民党出雲市第2支部に不適切な寄附を行っていることがテレビ新聞などに報じられました。  2月10日付読売新聞は、「出雲ガス不適切寄附、市長推薦の自民党支部に」という見出しで、次のように報道いたしました。

出雲市議会 2015-03-02 平成27年度第5回定例会(第3号 3月 2日)

本市議会議員定数議員報酬及び政務活動のあり方についての調査検討及び審査を行うため、11人の委員で構成する議会改革・調査特別委員会を設置いたしたいと思います。  これにご異議ございませんか。            (「異議なし」と言う者あり) ○議 長(長廻利行君) 異議なしと認めます。  よって、11人の委員で構成する議会改革・調査特別委員会を設置することに決定いたしました。  

出雲市議会 2014-09-04 平成26年度第2回定例会(第4号 9月 4日)

私立認可保育所(園)関係予           算等についての請願    請願第 4号 手話言語法制定を求める意見書の提出を求める請願    請願第 5号 斐川学校給食センターの移転新築に関する請願    請願第 6号 地方財政の充実・強化を求める意見書の提出を求める請願    陳情第 2号 鵜峠区民の悲願である安全で安心して生活できる道路整備を           求める陳情    陳情第 3号 政務活動

出雲市議会 2014-03-24 平成26年度第4回定例会(第6号 3月24日)

なお、行財政改革の流れの中での議員報酬の減額提案であり、市民の負託に応えられる出雲市議会の姿について、残された今後の任期の2年の間にスピード感を持って議員定数の検討や議員報酬並びに政務活動委員会運営など、さらに議論の必要性を議員自らが感じておりますことをつけ加えます。  歳入あっての歳出予算執行が可能となることへの理解をいただける議員の皆様のご賛同をお願いし、提案理由といたします。

大田市議会 2013-03-22 平成25年第 1回定例会(第5日 3月22日)

議案第414号、大田市議会政務活動の交付に関する条例制定についてであります。  大田市議会政務活動の交付に関する条例を別紙のとおり制定するものであります。  平成25年3月22日提出。大田市議会議員、清水 勝。同じく吉原幸則、同じく石橋秀利、同じく木村幸司、同じく大西 修、同じく林 茂樹、同じく松村信之。以上、7名であります。  18ページをごらんください。

  • 1
  • 2