1081件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大田市議会 2019-03-22 平成31年第 2回定例会(第5日 3月22日)

ただいまの御出席は全員でありますので、議会は成立しております。  本日の議事日程はお手元に配付のとおりといたします。 ◎日程第1 付託案件審査報告・委員長報告に対する質疑 ○議長(石橋秀利) 日程第1、付託案件審査報告及び委員長報告に対する質疑を行います。  さきに常任委員会に付託いたしました議案第74号から議案第116号までの43件を一括議題といたします。  

大田市議会 2019-03-11 平成31年第 2回定例会(第4日 3月11日)

ただいまの御出席は全員でありますので、議会は成立しております。  本日の議事日程は、お手元に配付のとおりといたします。  ここで、本日の日程に入ります前に、東日本大震災が発生して本日で8年目となります。この震災により犠牲となられました方々に対し、改めて大田市議会として哀悼の意を表するとともに、被災地の復旧、復興をお祈りする次第であります。

大田市議会 2019-03-08 平成31年第 2回定例会(第3日 3月 8日)

議会は成立しております。  本日の議事日程は、お手元に配付のとおりといたします。 ◎日程第1 一般質問 ○副議長(林 茂樹) 日程第1、昨日に続き一般質問を行います。  なお、質問者におかれましては、質問の初めで質問形式が一括質問一括答弁方式であるか、あるいは一問一答方式であるか、いずれかを告げられ質問されますようお願い申し上げます。  それでは、順序に従い、発言を許します。  

雲南市議会 2019-03-05 平成31年 3月定例会(第5日 3月 5日)

そんな中、昨年5月に放置林拡大防止に期待される、自治体が管理権を取得できる森林経営管理法が成立されました。この法の成立で、所有者不明の森林を第三者が整備できるようになったのは、森林の持つ多目的な機能が発揮できるので、一歩前進であります。早速この制度の本格実施を円滑に進めるべく、職員を農林振興センターに派遣することを計画され、その意気込みは大歓迎であります。  そこで伺います。

大田市議会 2019-03-04 平成31年第 2回定例会(第1日 3月 4日)

ただいまの御出席は全員でありますので、議会は成立しております。  直ちに、本日の会議を開きます。  本日の議事日程はお手元に配付のとおりといたします。 ◎日程第1 会議録署名       議員の指名 ○議長(石橋秀利) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。  会議録署名議員は、会議規則第132条の規定により、11番、松村信之議員、12番、小林 太議員の両名を指名いたします。

雲南市議会 2019-03-01 平成31年 3月定例会(第3日 3月 1日)

さて、林業についても地方創生に成長産業として位置づけられ、これを具体的に進めるための根拠法として昨年森林経営管理法が成立したところであります。林業の成長産業化の方向は、1つは林業経営を集約型にして稼げる林業を目指すこと、2つに条件不利地の林業経営に向かない森林は市町村等の公的管理に委ね、そしてその財源は新たに創設された森林環境税をもって充てるということであります。

大田市議会 2019-01-21 平成31年第 1回臨時会(第1日 1月21日)

ただいまの御出席は全員でありますので、議会は成立しております。  直ちに本日の会議を開きます。  本日の議事日程は、お手元に配付のとおりといたします。 ◎日程第1 会議録署名       議員の指名 ○議長(石橋秀利) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。  会議録署名議員は、会議規則第132条の規定により、9番、小川和也議員、10番、石田洋治議員の両名を指名いたします。

大田市議会 2018-12-17 平成30年第 5回定例会(第5日12月17日)

ただいまの御出席は全員でありますので、議会は成立しております。  本日の議事日程はお手元に配付のとおりといたします。 ◎日程第1 付託案件審査報告・委員長報告に対する質疑 ○議長(石橋秀利) 日程第1、付託案件審査報告及び委員長報告に対する質疑を行います。  さきに常任委員会に付託いたしました議案第40号から議案第60号までの21件を一括議題といたします。  

大田市議会 2018-12-10 平成30年第 5回定例会(第4日12月10日)

ただいまの御出席は全員でありますので、議会は成立しております。  本日の議事日程は、お手元に配付のとおりといたします。 ◎日程第1 上程議案に対する質疑 ○議長(石橋秀利) 日程第1、上程議案に対する質疑を行います。  まず、議案第40号、平成30年度大田市一般会計補正予算(第4号)を議題といたします。  本案について御質疑はありませんか。  2番、亀谷優子議員。

出雲市議会 2018-12-10 平成30年度第3回定例会(第5号12月10日)

○総合政策部長(石田 武君) 議員からご紹介もありましたように、今、入管法の成立ということで、今後詳細が決まっていくと思いますけども、細かく決まってみないと何とも言えませんけども、現在市内におられる技能実習生の方が、今回、特定技能を申請されましたところに移行もできるようになるようでございます。

奥出雲町議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第2日12月10日)

本会議初日に提案理由の説明にて申し上げましたとおり、今夏の猛暑を受け、国では、エアコン設置のための交付金822億円を含む平成30年度一般会計補正予算が成立をいたしたところでございます。奥出雲町でも年次的に計画をしておりましたが、この国の交付金を活用しながら計画を前倒しして整備することとし、町内小・中学校のうち未整備の普通教室等のエアコン設置予算を含む今般の補正予算に計上をいたしております。

大田市議会 2018-12-07 平成30年第 5回定例会(第3日12月 7日)

定足数に達しておりますので、議会は成立しております。  本日の議事日程は、お手元に配付のとおりといたします。 ◎日程第1 一般質問 ○副議長(林 茂樹) 日程第1、昨日に続き一般質問を行います。  なお、質問者におかれましては、質問の初めで質問形式が一括質問一括答弁方式であるのか、あるいは一問一答方式であるのか、いずれかを告げられ質問に入られますよう、あらかじめお願いをしておきます。  

奥出雲町議会 2018-12-07 平成30年第4回定例会(第1日12月 7日)

今夏の猛暑を受け、国ではエアコン設置のための交付金822億円を含む平成30年度一般会計補正予算が成立をいたしました。奥出雲町でも年次的に計画をしておりましたが、国の交付金を活用しながら計画を前倒しして整備することとし、町内小・中学校のうち未整備の普通教室棟等のエアコン設置予算を今般の補正予算に計上いたしました。

出雲市議会 2018-12-07 平成30年度第3回定例会(第4号12月 7日)

消費税の引き上げにつきましては、平成24年(2012)8月に社会保障と税の一体改革関連法案が国会で成立し、当時の5%から2段階で10%まで引き上げることとされたところでございます。これによりまして、平成26年(2014)4月には予定どおり5%から8%に引き上げられました。その後、二度の延期を経て、来年10月1日から10%に引き上げることとされたところでございます。  

雲南市議会 2018-12-04 平成30年12月定例会(第4日12月 4日)

平成29年11月2日に林野庁は、管理する者がおらず放置されている杉、ヒノキが植林された民間の人工林を公的に管理する森林バンク制度、これを創設する方針を固め、平成30年5月に新たな法律が国会で可決成立し、森林環境譲与税の配分、昨日市長の答弁にもありましたけれども、2,600万から2,700万円程度の収入が見込まれているということでしたが、これに伴い平成31年度より制度がスタートすることになりました。

大田市議会 2018-12-03 平成30年第 5回定例会(第1日12月 3日)

ただいまの御出席は全員でありますので、議会は成立しております。  直ちに、本日の会議を開きます。  本日の議事日程はお手元に配付のとおりといたします。 ◎日程第1 会議録署名       議員の指名 ○議長(石橋秀利) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。  会議録署名議員は、会議規則第132条の規定により、7番、胡摩田弘孝議員、8番、森山明弘議員の両名を指名いたします。

奥出雲町議会 2018-10-10 平成30年第3回定例会(第3日10月10日)

無電柱化推進法は、2016年に時限立法で成立し、国に計画作成を義務づけたほか、都道府県が市区町村に対して同様の計画作成の努力義務を課しています。国交省は、2018年から2020年度の3年間に、新たに全国約1,400キロメートルの道路で電線を地中に埋設し、無電柱化する計画で、景観向上や災害時の緊急輸送確保が狙いとしています。

奥出雲町議会 2018-10-09 平成30年第3回定例会(第2日10月 9日)

来年度から交付が始まる森林環境譲与税とさきの国会で成立した森林管理法、そこで規定された新たな森林環境システムについて、その制度はどのようになっているのか、また本町へはどのくらいの額が交付されるのか伺います。 ○議長(岩田 明人君) 勝田町長。 ○町長(勝田 康則君) 御質問にお答えをいたします。