360件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

雲南市議会 2019-03-20 平成31年 3月定例会(第7日 3月20日)

予算など最終決定権は首長ではなく議会にあり、予算だけではなく、条例その他の議案を厳しくチェックし、修正すべき点があれば臆せず是々非々の態度を保てる議員がふえれば自治体行政は変わるとありました。  また、本日の新聞では、明治大学、木寺准教授の投稿では、首長は多数派の支持を得た者のみがつく独任制でございます。一方、議会合議制機関で、多様な民意を反映できる。

雲南市議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会(第6日 3月 6日)

3月3日の新聞に、片山教授の投稿がございまして、地方議員の姿として、首長に対して臆せず指摘する是々非々の態度を保てる議員が求められているとの投稿記事に心を強くいたしまして、今回もふだんどおりの姿勢で一問一答によりまして質問させていただきます。  まず、1項目めの第2次総合計画の前期計画の最終年についてでございます。  総合計画の前期計画の人口社会増への挑戦に対する実績と評価をお聞きします。

雲南市議会 2019-03-05 平成31年 3月定例会(第5日 3月 5日)

職員人材育成では、OJT、いわゆる職場での研修として、実際に仕事をしながら、また仕事と関連させながら研修を行い、上司が部下に、先輩が後輩に、必要な知識技能態度などについて指導を行っております。専門分野におきましては特に有効人材育成の方法であり、業務経験を重ね専門知識を得ることで養成を進めているところでございます。

出雲市議会 2018-12-06 平成30年度第3回定例会(第3号12月 6日)

続いて、発注者側の方とか担当の方、あるいは検査官、いろいろいらっしゃいますが、やはり業者に対して非常に高慢な態度が見受けられると。これは全員ということではなくて、やはりそういう方がいる。それは私も実感しております。私も建設業をずっとやっておりましたので、約束の時間に遅れる、あるいは設定した時間を急遽変更する。直前にですよ。ほかへちょっと回ってくるけん、1時間2時間。そんなこと平気でやられますから。

雲南市議会 2018-09-06 平成30年 9月定例会(第4日 9月 6日)

先ほど言われたように、一人で問題を抱えないような風通しのいい組織、そして市民に寄り添う誠実な態度というのは非常に大切なことだと思います。そしてもう一つ大切なのは、幹部職員がしっかりと職員を育てる、そういった意識と土壌、そういったものがちょっと希薄ですので、職員を育てるんだという、そういった気概を持って取り組んでいただきたいなというふうに思います。

大田市議会 2018-09-06 平成30年第 4回定例会(第2日 9月 6日)

そして住民の質問に対しては、予防策を一切説明しない、社会通念上あり得ないほどの無責任態度で終始した。  そして4番目は、一番肝心なことなんです、これは。関係行政機関との間で良好な関係を築く努力を怠っている、むしろ大田市行政を罵倒するような意見が事業者から出ておるんですよ。私は、こういうことに対して大田市はどう対応するのか、どう検討するのか、ここをお聞かせ願いたいと思います。

出雲市議会 2018-09-05 平成30年度第2回定例会(第4号 9月 5日)

2点目、プログラムの働きのよさ、情報社会コンピューターなどの情報技術によって支えられていることなどに、気づくことができるようにするとともに、コンピューターなどを上手に活用して身近な問題を解決したり、よりよい社会を築いたりしようとする態度を育むこと。  3点目が、各教科等での学びを、より確実なものとすることとされております。  

出雲市議会 2018-06-13 平成30年度第1回定例会(第2号 6月13日)

図書館の活用には学ぶことの意義の理解、自主的な学習態度の形成、進路情報の活用、職業観、勤労観、さらに進路の選択などの調べ学習などがあります。若者の活字離れと言われるようになって、もう何年もたちます。学校図書館の利活用は大切と考えますが、中学校学校司書の必要性の認識を伺います。  本来は、小学校にも中学校にも常勤の学校司書が配置されているのが理想的な形であると思います。  

雲南市議会 2018-03-23 平成30年 3月定例会(第7日 3月23日)

よって反対の態度を表明し、討論を終わります。  次に、議案第5号、雲南市国民健康保険条例の一部を改正する条例、議案第6号、雲南市国民健康保険事業財政調整基金条例の一部を改正する条例について、この2つには関連がありますので一括して反対討論を行います。  来年度から国民健康保険都道府県化がスタートいたします。これらの条例は、都道府県化に関連する条例です。

雲南市議会 2018-03-08 平成30年 3月定例会(第6日 3月 8日)

これは、病院改築に伴い特別室の使用料を値上げするもので、私は、1つには、大幅な負担増になること、2つは、個室料は保険外負担であること、3つ目に、高齢者にとって年金額を超えるような事態も発生し、たとえ払えたとしても大きな負担となる、この3つの問題点を述べて反対の態度を表明をいたしました。  特別室の運用に当たっては、厚生労働省通知が出されておりまして、室料を求めてはならない場合を上げております。

雲南市議会 2018-03-07 平成30年 3月定例会(第5日 3月 7日)

例えば先ほどの36対30みたいになると、ここの支配人はどういう態度をとるかというと、たくさんのお客さん入れるなと。大体この施設36人ぐらいしか入れないんだから、もうそれ以上の予約は受けるなと。それか、畳の席の利用もあるというふうな話でしたけれども、膝の悪いお年寄りは畳の部屋は難しいです。となると、お年寄りは受け入れるなと、極端な話ですね。

雲南市議会 2018-03-05 平成30年 3月定例会(第3日 3月 5日)

緑に親しみ、緑を愛し、森林保護、そして自然保護、ふるさとを愛すという、そういう気持ち、態度を育てるという意味で、本当に有意義な活動ではないかというふうに私も思っておるところでございます。  議員のほうから本年度の富山県参加状況もお聞きをしました。今後、県等とも検討を重ねていきたいというふうに考えております。 ○議長(藤原 信宏君) 周藤強君。 ○議員(17番 周藤 強君) 終わります。

大田市議会 2017-12-04 平成29年第 5回定例会(第1日12月 4日)

日本政府が唯一の戦争被爆国の政府であるにもかかわらず、この歴史的な核兵器禁止条約に背を向ける態度をとっていることは、内外の強い失望と批判を招いています。核兵器廃絶を求める世界の本流に加わり、その先頭に立つ政府をつくるためにもこの陳情に賛同していただきたいと思うものであります。議員各位におかれましては、常識ある御判断を心よりお願いをいたしまして、討論といたします。