24件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

出雲市議会 2018-06-15 平成30年度第1回定例会(第4号 6月15日)

近年宍道湖では、水草が急激に増加して漁業ではシジミの漁場の縮小、漁船の航行障害、夏以降は湖岸に打ち上げられました水草腐敗することによる悪臭の問題等々、様々な影響が懸念をされております。  宍道湖水草の除去は、河川管理者であります国土交通省出雲河川事務所が、昨年度は約540トン、そのうち出雲市管内で110トンを回収処分をしております。  

大田市議会 2017-06-14 平成29年第 2回定例会(第2日 6月14日)

また、和式トイレには大腸菌が多く検出されている調査結果もあって、和式の清掃方法で多いトイレに水をまく湿式清掃悪臭の原因になっているというようなこと、または子供健康を守るために学校のトイレの洋式は必須で、自治体は清潔で明るいトイレの改修を心がけてほしいということで、学校のトイレの改善について提案をされております。  

雲南市議会 2015-12-04 平成27年12月定例会(第1日12月 4日)

災害から1年以上たっていましたが、周囲には悪臭が漂い、押し潰された家屋や自動車がそのままになっていて、災害の恐怖を目の当たりにすることができました。また、本年4月には、隠岐海士町へも行きました。フェリーの中では一人黙々とパソコンに向かい、常に学ぶ姿のあなたがありました。  本年6月定例会で若干おやせになったあなたに気がつき、声をかけました。

出雲市議会 2014-06-10 平成26年度第1回定例会(第2号 6月10日)

ご承知のように、浄化槽は、微生物の力を利用したものであり、浄化槽設置者による正しい使い方と適正な維持管理を日常的に行わなければ十分な機能が発揮されず、適正な維持管理をもし怠れば、汚水流出や悪臭を発生させることになります。  浄化槽設置者には、先ほどの話にもありましたように、日常的な管理と適正な使用、定期的な保守点検、清掃の実施、加えて法定検査の受検の責務があるとされております。  

出雲市議会 2012-09-07 平成24年度第3回定例会(第5号 9月 7日)

悪臭の問題もあります。そういう相談を多く受けるようになってきました。また、7月には、空き家から出火した事例も発生しております。幸い早い発見と消防団消防の方の本当に迅速な消火活動によって大きな火事にはならず大変感謝をしておるところではございますが、出火原因は現在も調査中であるようであります。

出雲市議会 2011-12-09 平成23年度第6回定例会(第4号12月 9日)

市営住宅におけるペット飼育は、泣き声や動物のにおい、排せつ物に起因する汚れや悪臭によりまして、管理上大きな問題となっております。  最近ではペット飼育に関する苦情も多数寄せられておりまして、隣人同士のトラブルに発展する事例も生じております。  市営住宅におきましては、一定のルールのもとで共同生活を送っていただくことを条件としているところでございます。  

大田市議会 2009-06-08 平成21年第 5回定例会(第2日 6月 8日)

環境によくないのか、悪臭がするとか、建設反対の人からの声があるようでございますが、9号線を通行されて本当ににおいがしますか。根拠なき不安は反対される人、みずから打ち破っていただきたいと思います。あら、そんなに悪くないじゃないといった実感をしてほしいと思います。なぜならば何度も言うようですが、それはみずからも不燃物を出されるからです。

出雲市議会 2009-03-04 平成21年度第5回定例会(第4号 3月 4日)

今、稲佐川が悪臭を放っておりましたけれども、公共下水でもってきれいになりました。全くきれいになりました。かつての美しい稲佐川になっております。そこの周辺が一番この聖域となっているわけですけれども、そこの海浜のこの広さから来る北西の風で全部市街地に向かってくる。弁天島の前には波返しができております。そして、そこにはテトラポットがかつて、いわゆる波返しの近くまでかつては波が来ておったものです。

大田市議会 2008-09-10 平成20年第 5回定例会(第2日 9月10日)

次に、三瓶ダムの水質保全についてでありますが、過去には、この三瓶ダムを水源とする上水道悪臭が発生したと記憶しております。  ダム湖の富栄養化が原因といわれています。先ほど、水質改善装置による実証実験をされているということでしたけれども、同様のこのような問題を見事に解決されたところが、広島県にございます。  

出雲市議会 2008-02-27 平成20年度第6回定例会(第4号 2月27日)

小学校の現状から言いますと、鉄筋の腐食によるコンクリートの剥落や壁の亀裂が数多く見られ、また、児童用トイレは市の監査委員さんからも、これは学校のトイレではないという指摘を受けるほどの悪臭教室にまで届き、出入り口の扉も設置できない構造となっております。加えて学級数に対して、教室数や延床面積が不足しており、一教室を区切ってパソコン室と印刷室、調理室と保健室など、改造して使用している現状であります。

大田市議会 2006-12-04 平成18年第 6回定例会(第1日12月 4日)

をつくっていくという指針を定め、どんな小さなことでも、集落民の努力には感謝の気持ちを表すという豊重館長の発想と行動が集落活動に対する高い参加意識を生み出し、全住民参加によるサツマイモ栽培や土着菌販売、そば店経営などにより、年間約700万円の売り上げを生み出し、その収益から独居老人宅への緊急警報機の設置等の福祉対策や青少年のための寺子屋や、コンサートなどの活動資金の援助といった青少年育成、土着菌利用による家畜ふん尿の悪臭防止

出雲市議会 2005-12-05 平成17年度第6回定例会(第2号12月 5日)

今回、特に環境面でお願いしたいのは、平田船川改修事業によって流れが悪くなりました平田小学校北側から平田大橋、平田中学校のわきに至る長通川、旧平田船川の流れが悪くなり、藻や浮き草など水草が発生して悪臭が発生している状態にあります。付近は木綿街道見学の観光地でもあります。皆様方から苦情が出ないうちに対処いただきたいと考えますが、市の対応、支援について伺います。  

雲南市議会 2005-09-08 平成17年9月定例会(第1日 9月 8日)

実験開始からおよそ2カ月の段階では、臭気についてはほとんどなくなり、余剰汚泥の発生が抑えられ、処理水も悪臭がなくなるなどの変化が見られるようになり、消費電力量も2割程度軽減いたしました。実証実験の初期ではありますが、これらが安定的に稼働するよう取り組んでまいります。  次に、定住促進についてであります。  

  • 1
  • 2