246件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

江津市議会 2019-03-01 平成31年 3月(第1回)定例会

待機児童の解消と子供たちの命と暮らしに影響する施設整備等と、保育士等の運営にかかわる重要な内容となっています。お父さん、お母さんが安心して、かつ安全に保育ができるように、園上保育事業を行わなければなりません。 保育施設での食事の提供は、子供の生命の維持、発達に欠かせないものであり、心身の成長に重要な影響を及ぼします。

雲南市議会 2019-03-01 平成31年 3月定例会(第3日 3月 1日)

希望が多ければ、3歳児の待機児童が発生し増加することも想定されております。対策があれば伺いたいと思います。  一方、保育ニーズの変化も考えられると思います。親の新しいニーズが新たな保育所建設に結びつかないか、保育所建設の考えはないか伺いたいと思います。  保育無償化にかかわらず、給食食材費は対象外ということになっております。そうしますと、実費の徴収事務が発生いたします。

奥出雲町議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第2日12月10日)

○議員(8番 川西 明徳君) 次に、6つ目、奥出雲町は本当に待機児童ゼロなのかについて伺います。  保育士配置についてでございます。年度途中に0歳児、1歳児を受け入れるための保育士を配置した場合の人件費補助、予約入所を行うためなど、配置基準を超えて保育士を配置している保育所に対する人件費補助をしているとしていますが、年度途中の待機児童ゼロの実態を伺います。 ○議長(岩田 明人君) 塔村教育長。

大田市議会 2018-12-07 平成30年第 5回定例会(第3日12月 7日)

保育士の確保が十分に見込めない状況の中で基準以上の保育士配置を定めた場合は、逆に待機児童が発生するということなどマイナス面の影響が生じる可能性のほうが高いのではないかというふうに考えております。  なお、市といたしましては、引き続き保育士の確保には努めてまいりたいと考えております。  

雲南市議会 2018-12-04 平成30年12月定例会(第4日12月 4日)

1番目、待機児童数の状況について伺いたいと思います。 ○議長(山﨑 正幸君) 加津山子ども政策局長。 ○子ども政策局長(加津山幸登君) 待機児童数についてのお尋ねでございます。  本市の待機児童の状況につきましては、前年度で比較を申し上げますと、29年4月1日が9人、同年10月1日が17人でございます。

雲南市議会 2018-12-03 平成30年12月定例会(第3日12月 3日)

デメリットにつきましては、急激な保育需要を生み出しまして、保育士不足の加速と、それに伴います保育の質の低下を懸念する声や、新たな待機児童の発生を心配する声もあるところでございます。無償化につきましてはまだ定まっていないところが多く、不透明でございます。県などを通じまして情報収集を行いながら対応してまいりたいと考えてるところでございます。 ○議長(山﨑 正幸君) 佐藤隆司君。

出雲市議会 2018-09-27 平成30年度第2回定例会(第6号 9月27日)

本請願は、災害時における緊急連絡・指揮命令・被災保育所(園)の援助、応援体制などについて、市を中心とした話し合いの場やネットワークを早急に構築すること、企業主導型保育事業による企業参入については、行政が関与し待機児童解消に特化する方向でのみの参入とすること、外国籍の乳幼児の入所時や入所中におけるタイムリーな支援体制の強化を図ること、国・県・市から依頼される事務等については、保育現場の事務負担の軽減並

雲南市議会 2018-09-26 平成30年 9月定例会(第5日 9月26日)

関連して、待機児童解消についてただしたところ、今年度みなみかも保育園ができ受け入れ数をふやしている。一方で出生が少し減少していること、また要望の高い施設、地域があること等、その状況を見ながら対応していくとの答弁がありました。  議案第78号、平成30年度雲南市病院事業会計補正予算(第1号)。

雲南市議会 2018-09-06 平成30年 9月定例会(第4日 9月 6日)

保育所等へ預ける親がふえるわけでして、ニーズが高まりますが、保育士不足の状況にもありますし、また、本市でも待機児童がいる中で、本当に対応ができるのか、伺いたいと思います。 ○議長(藤原 信宏君) 加津山子ども政策局長。

出雲市議会 2018-06-28 平成30年度第1回定例会(第5号 6月28日)

まず、委員さんの名前は控えますが、不採択された委員さんの意見の中で、まず、この出雲市は既に客観的に第3者が評価して、松江が11位、出雲市が29位という中国地方で格段に安心して子どもを産み育てる、子育てしやすいまちという評価を受けているということと、あと先ほど財政の話が出ましたが、扶助費がやはり他市と考えると膨大に膨らんできているということ、また、子育て支援全般として、やはり待機児童の解消を優先すべきだというふうな

出雲市議会 2018-06-13 平成30年度第1回定例会(第2号 6月13日)

この企業主導型保育事業は、多様な就労形態に対応する保育サービスの拡大を行い、あわせて保育所の待機児童解消を図り、仕事と子育てを両立させていく、そういうことを大きな主眼として平成28年(2016)の4月から新たに制度化されたものでございます。  

出雲市議会 2018-03-20 平成30年度第4回定例会(第6号 3月20日)

依然として出雲市の保育所における待機児童解消には至っていない状況の中、平成29年(2017)7月に待機児童ゼロを実践された横浜市を訪問し、保護者の相談やニーズに応じた情報提供など、きめ細かく対応するための保育コンシェルジュの配置や保育士確保の対策、隣接市との保育連携協定締結など、その取組みについて視察しました。

雲南市議会 2018-03-07 平成30年 3月定例会(第5日 3月 7日)

三刀屋高校の地域課題研究では、待機児童の解消や外国人観光客への対応、現在そうして今後考えなければならない地域の課題について仮説を立てて、インタビューなどを行いながら検証を行っているということでございます。  また、大東高校では、地域自主組織が抱える課題を高校生が一緒に考え、解決策を提案する取り組みを行っております。  

雲南市議会 2018-03-05 平成30年 3月定例会(第3日 3月 5日)

まず、29年度の成果につきましてでございますが、最優先課題であります待機児童対策あるいは近隣自治体への人口流出対策といたしまして、住まい支援の充実、さらには教育の魅力化や若者チャレンジの充実強化を図ってまいりました。

大田市議会 2018-03-02 平成30年第 1回定例会(第1日 3月 2日)

年度途中に発生する待機児童対策については、定員をふやし、途中入所を受け入れるため、あらかじめ保育士を確保・配置する私立保育所に対して補助金を交付し、待機児童ゼロを目指してまいります。また、子育て家庭の経済負担を軽減するため、引き続き保育料の軽減と子ども医療費の助成を実施してまいります。  

雲南市議会 2018-03-01 平成30年 3月定例会(第1日 3月 1日)

子育て分野では、待機児童の解消を目指し、認可定員60人のみなみかも保育園を本年4月に開園いたします。整備に御理解、御尽力をいただいた社会福祉法人愛耕福祉会に改めて感謝を申し上げます。  一方、全国的な保育士不足の中、年度中途での保育士の確保が困難さを増しているため、年度当初からあらかじめ保育士を雇用する私立保育所及び委託保育所への支援制度を創設いたします。  

出雲市議会 2018-03-01 平成30年度第4回定例会(第5号 3月 1日)

女性活躍社会の実現を進める上でも、保育所待機児童の解消、また、放課後児童クラブの待機の解消は、待ったなしで推し進める、重要な政策であると考えております。  近年、出雲市としても、保育所の定員検討委員会にて計画的に定員増を実施されていること。

安来市議会 2018-03-01 平成30年第 94回 3月定例会

さらに、待機児童対策や利用料金の統一等の課題についても、今後各児童クラブと調整を図るとの答弁でございました。 また、複数の委員から、史跡富田城跡買い上げ事業の今後について、土地所有者も多岐にわたる上、買い上げ後の維持管理費等を考慮すると、今後の購入計画などは精査されているのかとの質問に対し、執行部からは、この事業は国から8割補助を受ける有利な事業を活用し、実施している。