678件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

松江市議会 2021-06-29 06月29日-03号

今後に向けた課題とその解決に向けた取組といたしまして、松江市内木造建築が密集した地域においては、強風下火災が発生すれば大規模火災になり得るという前提に立って、必要な対策を検討すべきであることから、その解決に向けた取組として、1、火災予防対策推進、2、消防水利確保、3、消防団充実強化、4、現場指揮体制整備に取り組んでまいります。 

松江市議会 2021-06-28 06月28日-02号

現時点での検証としましては、木造建築密集地域において、強風下火災が発生すれば大規模なものになり得るという前提に立って対策を検討する必要があることと強く認識したところです。 今後、火災予防対策推進消防水利確保地域消防団充実強化指揮体制整備といった火災に備えた機能を強化することで、災害に強く、安心・安全に暮らすことのできるまちづくりを進めてまいります。 

江津市議会 2021-03-19 03月19日-04号

次に、議案第14号江津手数料条例の一部を改正する条例制定については、建築エネルギー消費性能向上に関する法律規定に基づく建築エネルギー消費性能適合性判定のための手数料を定めるに当たり、所要改正をするものです。 審査において、これに該当するのは何件くらいあるのかとの質疑があり、年間で1件あるかないかだと思いますとの答弁がありました。 

益田市議会 2021-03-08 03月08日-04号

建設部長加戸憲治君) 建設部管理しております公共建築として、市営住宅スポーツ施設公園施設がございます。また、インフラ資産として、市道、橋梁、トンネルを所管しております。 公共建築系施設及びインフラ資産系施設の現状としまして、建築後相当の年数が経過しているものも存在しており、老朽化が進んでいる施設がございます。今後の維持管理費に多額の費用を要することが予測されます。 

雲南市議会 2021-03-04 令和 3年 3月定例会(第4日 3月 4日)

また、木材需要の拡大につきましては、公共建築木材利用のほか、民間需要のマーケティング、製品の試作などの支援を行ってまいりたいと考えております。 ○議長(佐藤 隆司君) 中林議員。 ○議員(10番 中林 孝君) 牛については、鳥取県と随分と差がついて、子牛の価格でも鳥取県と島根県では何十万円、ひょっとすると倍近く開くぐらいのものがあります。

江津市議会 2021-03-02 03月02日-01号

議案第14号江津手数料条例の一部を改正する条例制定については、建築エネルギー消費性能向上に関する法律規定に基づく建築エネルギー消費性能適合性判定のための手数料を定めるに当たり、所要改正を行うものです。 議案第15号江津市営住宅管理条例の一部改正については、国土交通省が施行する川越堤防工事のため移転の対象となる渡田災害特別団地用途廃止に伴い、所要改正を行うものです。

雲南市議会 2021-03-01 令和 3年 3月定例会(第1日 3月 1日)

───────────────────────────────  議案第6号 雲南市手数料徴収条例の一部を改正する条例について     ───────────────────────────────  この条例は、建築エネルギー消費性能向上に関する法律の一部を改正する法律令和3年4月1日に施行されることに伴い、手数料を改定するために条例改正するもので、議会の議決を求めるものでございます。  

松江市議会 2021-02-24 02月24日-01号

議第18号 松江手数料徴収条例の一部改正につきましては、建築エネルギー消費性能向上に関する法律の一部改正等に伴い、所要改正を行うものであります。 議第19号 松江一般市営住宅条例制定につきましては、島根住宅供給公社から南廻山ハイツの無償譲渡を受け、一般市営住宅として設置及び管理を行い、指定管理者制度を導入するため、条例制定するものであります。 

江津市議会 2020-12-10 12月10日-03号

建築耐震性能をあらゆる角度から判断する指標にIs値というものがあります。このIs値は、建築の強度、靭性建物形状、バランス、経年劣化など耐震性能に係る要素を総合的に判断するものであります。市庁舎、病院等はいかなることがあっても業務継続が必要なためIs値を0.9、これが必要とされておりますが、現庁舎は階数により異なっておりますが0.2から0.6という状況になっております。

雲南市議会 2020-12-09 令和 2年12月定例会(第1日12月 9日)

レッドゾーン指定につきましては、島根県において本年度内に県内全域での指定完了を目指して取り組まれているところであり、人命を守るために土砂災害の発生する場所を明らかにし、開発行為の制限や建築構造規制等を行うものであります。これによる市民生活への影響もあり得るものと考えられますが、市民の皆様の安全安心を守るために指定は必要であるとの考えの下、本市としても取組を進めてまいります。  

松江市議会 2020-12-08 12月08日-03号

ですから、そのための資金も所有者が用意するのが当たり前ではありますが、一般建築とは桁違いの経費がかかります。 実際、重要文化財に対しては、現在行政から手厚い支援があるのは間違いありません。でも、もとの金額がとても大きいので、その一部負担といえども、所有者にとってはかなりの高額となります。ましてや、こうしたところも少なからずコロナの影響も受けておられることでしょう。 

松江市議会 2020-10-02 10月02日-06号

議第137号「松江市中高層建築建築に係る手続に関する条例制定について」は、質疑において主なものとして、本条例の第3条第3項において、建築主に対し、共同住宅入居者町内会自治会加入促進に努めるよう規定していることについての質疑に対し、執行部より、本条例に基づき、既存の建築建築主に対して入居者町内会自治会加入促進を徹底することは難しいが、市民部防災安全部とも協議をして、可能な範囲で取組