2701件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

奥出雲町議会 2021-03-11 令和 3年第1回定例会(第2日 3月11日)

その後の各市町村への配分は県によって決定されます。必要な量が確保される時期は分かりませんが、ワクチンの確保については国の責任においてなされるものと考えております。以上でございます。 ○議長(藤原 充博君) 内田雅人議員。 ○議員(5番 内田 雅人君) 供給量についてはっきりしていることは何なのかと思いますが、先ほど課長答弁にありましたこと以外は、まだはっきり分からないということでしょうか。

益田市議会 2021-01-28 01月28日-01号

                            招集年月日 令和3年1月28日                             招集場所 益田市議会議場              ~~~~~~~~~~~~~~~ 本日の議事日程第1 会議録署名議員の指名第2 会期の決定第3 議第1号 令和2年度益田一般会計補正予算第12号第4 議第2号 令和2年度益田国民健康保険事業特別会計補正予算第6号第5 議第3号 益田地区広域市町村圏事務組合

雲南市議会 2020-12-22 令和 2年12月定例会(第5日12月22日)

質疑では、鉄の未来科学館はもともと6つの旧市町村が連携して取り組む事業として安来市や奥出雲町とともに鉄の道文化圏を形成していたが関連性は大丈夫かとの問いに、既に鉄の道文化圏事務局に確認し了解を得ているとの答弁でした。  また、施設や設備が老朽化しこれ以上管理できないことは分かるが、吉田町のたたら製鉄の歴史や文化雲南市の宝であることに間違いはない。

江津市議会 2020-12-18 12月18日-04号

陳情第1号「少人数学級制度拡充を求める意見書」を国に提出することについては、島根県をはじめ各市町村の努力により、少人数学級制度各種サポート教員配置等を行っておりますが、本来は国の責任で進めるべきものであり、少人数編成を可能とする教員確保を国に対し求めるものです。 採決の結果、異議なく採択すべきものと決しました。 

大田市議会 2020-12-18 令和 2年第 10回定例会(第5日12月18日)

今後については、現在、公正取引委員会と富士通ゼネラルが裁判中であり、この後、各市町村損害賠償請求等裁判が予定をされているため、少し時間がかかるだろうという答弁でございました。  なお、勝訴すれば、損害賠償金をはじめ、弁護士費用遅延料金損害被害等請求も可能になるが、今後の裁判状況次第である。消防としては強い意思を持って対応していきたいという答弁でございました。  

奥出雲町議会 2020-12-18 令和 2年第4回定例会(第4日12月18日)

文科省は30人学級編制を要望しており、この陳情市町村議会からも後押しをという趣旨だろう。少人数学級拡充は国がやらないと自治体が独自に予算をつけてやるのは難しい。これからの教育の在り方を考え、趣旨に賛同する。新学習要領に基づいた教育を進めていくには、今の国の基準の1クラス40人は多いのではないか。奥出雲町は少人数のクラスが多く、学校訪問で授業を見ても、少人数学級のよさはあると感じる。  

益田市議会 2020-12-17 12月17日-05号

また、全国市町村の27%に当たる490議会が、日本政府核兵器禁止条約に加わるように求めています。12月定例会後は多くの地方自治体が加わってくると思います。お隣の浜田市議会も、昨日、全会一致でこれを意見書として提出するようになっております。隣の津和野あるいは吉賀、あるいは島根県でいえば雲南市、これらは既にやっております。 そのように、核兵器の終わりが始まった。

浜田市議会 2020-12-16 12月16日-07号

和解及び損害賠償額決定について第10 議案第82号 指定管理者指定について(浜田市かなぎウェスタンライディングパーク)第11 議案第83号 指定管理者指定について(浜田天狗石農村公園)第12 議案第84号 市道路線廃止について(浜田99号線)第13 議案第85号 市道路線の認定について(浜田99号線外)第14 議案第86号 弥畝辺地における総合整備計画策定について第15 議案第87号 市町村建設計画

雲南市議会 2020-12-14 令和 2年12月定例会(第4日12月14日)

他の市町村にはないような思い切った施策をぜひ市民のニーズをきちっと把握して、今の施策を改善改良していくということが必要であろうと思います。  市長も長年雲南市に住んでおられませんでしたし、市職員の中には松江市や出雲市に家を建てて通勤している人もおります。市民説得力のある定住対策あるいは人口減少対応策でなければならないということを申し上げたいと思います。  次に移ります。

大田市議会 2020-12-10 令和 2年第 10回定例会(第3日12月10日)

当然ながら、ただ、そうはいっても、ほかの市町村との誘致合戦、これも当然あるわけですから、そこで大田市として、よりこの実現性高めていくためにどのような施策を御検討なのか。そして、今後の展望も含めてお教えいただければと思います。  2つ目、これは、産業クラスター型事業の構築についての検討状況についてです。  

雲南市議会 2020-12-09 令和 2年12月定例会(第1日12月 9日)

いわゆる新型コロナウイルス感染症地方創生臨時交付金ということで、これ今、予算計上額が5億2,000万円ということで、今回の補正でさらに11億2,000万ということですが、まずどれだけ各市町村に交付されるかという限度額があるのか。それとも、その事業申請によってその事業ごとに採択されるのかということをちょっともう一度お聞かせ願いたいと思います。  

松江市議会 2020-12-09 12月09日-04号

市町村では、国民健康保険対象者のレセプトデータを5年間保存されていると思いますが、本市におきまして、直近5年間の糖尿病治療中断者はどのくらい把握されているのかお伺いいたします。 また、直近5年間に治療歴はあるけれども最近1年ぐらい受診歴がないという、いわゆる治療中断者人数が分かれば教えてください。 ○議長森脇幸好) 小塚健康部長

大田市議会 2020-12-09 令和 2年第 10回定例会(第2日12月 9日)

また、被災状況によっては、専門職員技術職員につきましても、協定により各市町村から派遣をしていただくこととしております。  今後も引き続き、防災研修や訓練を通じて人材の確保、育成に努めてまいります。以上でございます。 ○議長松村信之) 飯田政策企画部長。             [政策企画部長 飯田 徹 登壇] ○政策企画部長飯田 徹) おはようございます。