1611件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

安来市議会 2019-11-05 11月05日-01号

事務局次長 細田 孝吉君   主幹   光嶋 宏政君 主任   勝部 由乃君            ~~~~~~~~~~~~~~~            説 明 の た め 出 席 し た 者 市長      近 藤  宏 樹君      副市長     美 濃    亮君 教育長     勝 部  慎 哉君      政策推進部長  内 田  貴 志君 総務部長    清 水  保 生君      市民生活部長

大田市議会 2019-09-25 令和元年第 6回定例会(第5日 9月25日)

都市計画税は、用途区域を中心に課税されているが、徴収されない地域があり、市民の不満が高く、不公平税制の解消を図るべきとの質疑に対し、都市計画税固定資産税の中に含めて徴収するので、都市計画税のみを納めないという事例はなく、不満の実態の把握はできていない。しかし、市民に不満があるということは聞き及んでおり、見直しを含めて検討していく必要があるとの認識であるとの答弁がありました。  

奥出雲町議会 2019-09-12 令和元年第3回定例会(第3日 9月12日)

雲南市においては、平成16年11月の合併を前にして地域自主組織を位置づけし、小規模多機能自治、すなわち旧小学校区という小規模ながらもさまざまな機能を持った住民自治の仕組みで市民一人一人の力を発揮し、人口減少、少子高齢化にも対応する仕組みづくりを目指して取り組んでおられます。実に地域によって多種多様な取り組みがされております。これは歴史的な経過もあります。

奥出雲町議会 2019-09-11 令和元年第3回定例会(第2日 9月11日)

もともと地方都市消費は、市民だけでなく周辺農山村住民の消費に支えられています。活性化は農山村から進め、規模の大小に関係なく、対等、平等で連携にかかわる保障、仕組みをつくり、具体的な連携を進めるべきです。自治体がみずから再編を進める仕組みが、地方創生の本質でないでしょうか。自治体の計画に予算をつけるのは政府判断です。交付金獲得後の有効活用の検証政府が行い、交付金の継続を決めます。

大田市議会 2019-09-09 令和元年第 6回定例会(第4日 9月 9日)

当然、経営を楽にするためには料金の引き上げということも一つの手法としてはあろうかとは思いますけれども、やはり市民の皆さんの負担を考えますと、現在の料金をさらに上げていくということは、安易にはするべきではなかろうというふうに思っております。  そのために、今年度と来年度で水道におきましては水道ビジョンの改定を行います。

大田市議会 2019-09-06 令和元年第 6回定例会(第3日 9月 6日)

また、益田市にあります自動車教習所のMランドが大田市民を対象に本年10月13日を初回として、75歳未満の方を対象とした高齢者講習つき運転継続プログラムを大田市から送迎つきで益田市のMランドで実施されることとなっております。この件につきましては、大田シニアクラブのほうへお伝えをしたところでございます。

大田市議会 2019-09-05 令和元年第 6回定例会(第2日 9月 5日)

一方、自治体が警戒レベル避難勧告等を発表していない間は安全であるというものではないこと、警戒レベル4、避難勧告等を発令しても結果的に被害が発生しなかったこともあることなど、市民によく理解をしていただくこと、また、警戒レベル相当情報や市の警戒レベル避難勧告等を正確に速やかに市民の皆様へ届けることが重要であると考えております。  

大田市議会 2019-09-02 令和元年第 6回定例会(第1日 9月 2日)

市政の課題をわかりやすく周知し、意見を募ることを重点ポイントとして、市民にもっと関心を持っていただけるような広報、周知方法を実施するべきである。  民間委託民営化の推進が本当に効果的で効率的な市政運営になっているのか検証する必要がある。  職員が頑張った結果で自信を持って言えることは、きちんと市民に伝えることができるように意識改革を図っていただきたいとの意見でございました。  

大田市議会 2019-08-13 令和元年第 5回臨時会(第2日 8月13日)

今後市民保護者にわかりやすい説明と御理解、御協力をどのように進めるのか。また、副食費補填の考え方について質疑がありました。答弁では、対象者は3歳以上の全ての子供さんであり、3歳未満の子供さんについては、住民税非課税世帯のみが対象で、副食費、主食費は対象外である。副食費は、それぞれの施設で金額が異なるため、一定程度の補填を考えている。

出雲市議会 2019-07-02 令和元年度第2回定例会(第6号 7月 2日)

次に、議第19号、消費税法等の一部改正に伴う総合政策部関係条例の整備に関する条例、議第20号、消費税法等の一部改正に伴う財政部関係条例の整備に関する条例及び議第22号、消費税法等の一部改正に伴う市民文化部関係条例の整備に関する条例であります。  これは、消費税及び地方消費税税率が引き上げられることから、総合政策部、財政部、市民文化部の関係する条例について、所要の改正を行うものです。  

大田市議会 2019-06-28 令和元年第 4回定例会(第5日 6月28日)

このたび6月補正予算の内容を含みました国保だよりを、議会議決をいただく前に、広報おおだ発行日に合わせて発送しました件につきまして、市議会議員の皆様、市民の皆様に御迷惑をおかけいたしましたこと、深くおわび申し上げます。今後は、このようなことのないよう細心の注意を払う所存でございます。大変申しわけございませんでした。

大田市議会 2019-06-20 令和元年第 4回定例会(第3日 6月20日)

1年以上経過しておりますが、策定するまでに市民への周知方法として、ハコモノしゃべくり会議を各地で開催されました。そのときの状況はどうだったのか、市民への周知や理解度はどうだったのか伺います。  また、策定後からは中学生への公民授業に出かけておられますが、今後これからこの大田市を担っていく若者の反応はどうだったのか伺います。  

大田市議会 2019-06-19 令和元年第 4回定例会(第2日 6月19日)

この市民後見人の養成に取り組んでいる市区町村は、厚生労働省の調査で全体の24%、421自治体で、養成した市民後見人の累積数の1万4,140人のうち、最も多い北海道が2,458人、島根県は373人でした。そのうち家庭裁判所から市民後見人に選任された人は全国で1,379人、島根県では10人ほどでした。非常に少ない印象です。  

雲南市議会 2019-06-19 令和元年 6月定例会(第5日 6月19日)

質疑については、総務分科会長報告の協働で叶える市民活動促進事業補助金に対して要綱の有無についての質疑がありました。その後討論を行い、消費増税対策プレミアム付商品券事業について、消費税10%増税は逆進性が強く、プレミアム付商品券事業では対策にならないとの理由により反対討論があり、採決の結果、議案第95号、令和元年度雲南市一般会計補正予算(第1号)は賛成多数で可決、決定をいたしました。  

出雲市議会 2019-06-19 令和元年度第2回定例会(第4号 6月19日)

○議 長(川上幸博君) 藤原市民文化部長。 ○市民文化部長(藤原英博君) 登壇 おはようございます。それでは、湯淺議員の新体育建設と旧体育館除却の考え方と費用の質問についてお答えをさせていただきます。  最初に、新体育館の建設と旧体育館(3体育館)の除却は、それぞれどの程度の予算が必要となるのか。

出雲市議会 2019-06-18 令和元年度第2回定例会(第3号 6月18日)

○議 長(川上幸博君) 藤原市民文化部長。 ○市民文化部長(藤原英博君) 現在の出雲市体育館の除却から跡地利用の考え方についての質問だったと思っております。  出雲市体育館につきましては、ご承知のとおり、老朽化が進んでいることから、現段階では将来除却し、更地にする方向で検討しているところでございます。