272件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

松江市議会 2021-09-11 09月11日-04号

─────────────────────── △日程第5 陳情第28号      (議会運営委員会付託) ○議長森脇幸好) 日程第5、陳情第28号「島根原子力発電の再稼働及び新設によってリスクを負う市民として、そのメリットや必要性について様々な角度から十分な議論松江市議会にて行い、その議論内容を公開する事(住民の知る権利) を求めることについて」を議題といたします。 

松江市議会 2020-09-30 09月30日-05号

日程第1、議第35号「成年被後見人等権利の制限に係る措置の適正化等を図るための関係法律整備に関する法律の施行に伴う関係条例整備に関する条例の制定について」から議第54号「松江乗合旅客自動車運送条例の一部改正について」まで議案20件及び日程第2、決算第1号「平成30年度松江一般会計歳入歳出決算」から決算第14号「平成30年度松江病院事業会計決算」まで決算14件並びに日程第3、陳情第28号「島根原子力発電

松江市議会 2020-03-26 03月26日-05号

最後に、陳情第29号(自後訂正)「島根原子力発電事故時の避難の際、UPZ圏内に住む乳幼児及び妊産婦等PAZ圏内住民同様に被ばくしないで避難できる具体的な対策を求めることについて」です。 実効性ある避難計画策定は、原発に対する態度にかかわりなく一致できる課題であり、陳情内容実効性ある避難計画策定に寄与するものと考えます。

雲南市議会 2020-03-05 令和 2年 3月定例会(第6日 3月 5日)

陳情第1号、島根原子力発電事故時の避難の際、UPZ圏内に住む乳幼児及び妊産婦等PAZ圏内住民同様に被ばくしないで避難できる具体的な対策を求める陳情については、会議規則第140条第2項の規定により、島根原子力発電対策特別委員会に付託したいと思います。これに御異議ありませんか。             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長山﨑 正幸君) 異議なしと認めます。  

雲南市議会 2020-03-02 令和 2年 3月定例会(第3日 3月 2日)

防災部長中村 清男君) 続きまして、島根原子力発電対応についての御質問でございました。  安定ヨウ素剤につきましては、国の指針及び島根県の配布計画に基づきまして30キロ圏内にお住まいの方々の必要数を市において備蓄いたしております。また、UPZ圏内におきましては、施設敷地緊急事態と判断された時点から配布体制を整え、一時集結所等での配布を行うということにされておるところでございます。  

雲南市議会 2019-12-06 令和元年12月定例会(第1日12月 6日)

去る11月8日から10日までの3日間、国の主催による大がかりな原子力総合防災訓練島根原子力発電周辺において実施され、本市も雲南警察署雲南消防本部雲南消防団及び地区住民皆様とともに参加いたしました。この訓練は、防災関係機関相互の連携による防災対策の確立と防災業務関係者防災技術の習熟など緊急時の初動対応確認、検証することを目的に行われたところであります。  

安来市議会 2019-12-02 12月02日-01号

この訓練は、大地震により島根原子力発電冷却機能を喪失し、基準を超える放射性物質外部に放出され、住民避難が必要となったことを想定して実施したものであります。訓練により、有事の際の手順屋内退避から広域避難に向けた動きなどを検証する貴重な機会となりました。今後は、この検証結果を安来市の広域避難計画に反映させ、より実効性の高い計画としていく考えであります。 

出雲市議会 2019-07-02 令和元年度第2回定例会(第6号 7月 2日)

次に、島根原子力発電に係る諸問題の調査研究及び出雲市のエネルギー施策に関する調査研究を行うため、8人の委員をもって構成する「エネルギー政策特別委員会」を設置したいと思います。  これにご異議はございませんか。                (「異議なし」と言う者あり) ○議 長(川上幸博君) 異議なしと認めます。  

雲南市議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会(第6日 3月 6日)

統括危機管理監中村 清男君) 先ほど御質問ございましたように、島根原子力発電号機適合性審査につきましては、今、引き続き原子力規制委員会におきまして審査が行われている状況でございまして、ただ、議員からもございましたように、どの時期にあるかということは今、全く見えてない状況だということだけは申し上げておきたいと思っております。  

雲南市議会 2019-03-01 平成31年 3月定例会(第3日 3月 1日)

全国的に自然災害がもたらす大規模災害が数多く発生する状況にあり、また島根原子力発電にかかわる諸課題など防災における業務範囲業務量が拡大していることから、それらに対応するため体制を強化したいと考えております。防災部を設けることにより、危機管理事案に迅速かつ的確に専門性を持って対応したいというふうに考えております。 ○議長山﨑 正幸君) 西川建設部長

松江市議会 2019-03-01 03月01日-03号

島根原子力発電につきましては、中国電力発電所敷地内を詳細に調査した上で、敷地内に活断層はないということにしており、原子力規制委員会からも特に異論がないことから、改めて規制委員会に申し入れを行う考えはございません。 ○副議長吉金隆) 田中肇議員。 ◆5番(田中肇) この問題も、規制委員会にも電話して聞いたんですけれど、なかなかこれもすれ違いますので、また今後やっていきたいと思います。 

松江市議会 2018-12-04 12月04日-03号

防災安全部次長矢野稔明) 島根原子力発電審査は、2号機と3号機に共通する項目がございます。基準地震動ですとか基準津波火山影響などは2号機と3号機共通するものとして審査されますけれども、2号機と3号機では設置してあるその地盤ですとか、その施設の特性が異なる部分があることから、各号機状況に応じそれぞれの安全性の根拠となるデータを示す必要がございます。 

雲南市議会 2018-12-03 平成30年12月定例会(第3日12月 3日)

統括危機管理監中村 清男君) 島根原子力発電号機におきましては、本年の8月10日に中国電力から国への申請が行われ、その後、9月4日に原子力規制委員会における第1回目の審査会合が開催されているところでございます。その際に、議員からございましたように申請内容についての指摘がなされたところでございます。

安来市議会 2018-12-03 12月03日-01号

この訓練は、島根県東部を震源とする大地震により、島根原子力発電冷却機能が喪失し、放射性物質外部に放出されたこと、そして、安来市内基準値を超える空間放射線量が計測され、住民広域避難が必要となったことを想定して実施したものであります。皆様のご協力により、有事の際の手順広域避難に向けた動きなどを検証する貴重な機会となりました。

松江市議会 2018-09-12 09月12日-04号

項目め島根原子力発電号機新規稼働問題について伺います。 島根原子力発電号機稼働申請がされました。島根原子力発電号機は、稼働されたことがないのですから、再稼働と言説するのはおかしいことは誰にでもわかります。これは、新規稼働です。 そして、新規稼働はしないと福島の事故のときに政府は言ったのですから、それを守るべきと私は思います。

松江市議会 2018-09-11 09月11日-03号

今回の3号機申請を了とするにあわせまして、規制委員会に対しまして、私どもは真っ先に島根原子力発電号機適合性確認審査に当たっては、市民安全確保の観点から、最新の知見を踏まえ厳格な審査を行っていただきたいと要請をいたしているところでございまして、皆様方の御意見はその中で反映をされていると思っております。 ○副議長吉金隆) 吉儀議員