1145件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

出雲市議会 2019-12-09 令和元年度第4回定例会(第5号12月 9日)

○31番(宮本 享君) 3点ほどちょっと再質問をさせていただきたいと思いますけども、1点目でございますけども、福祉施設避難計画について、現時点での策定状況はどのようになっているのか、ちょっとお伺いしたい思いますし、それから2番目の台風19号による被害では、大河川に限らず支流が氾濫も多く発生したところでございますけども、本市における中小河川の氾濫対策、市街地の浸水常襲地帯の雨水対策内水対策の現状についてはどうなっているのか

出雲市議会 2019-12-05 令和元年度第4回定例会(第3号12月 5日)

この要因として、事業所ごみの増加や、人口世帯数の増加、流動人口、この流動人口というのは観光客や市外からの就労者といったものが含まれますが、これの増加などがあげられていますが、これらの要因を的確に把握して適切な対策をとっていかなければ、ごみの減量化にはつながらないと思います。  

安来市議会 2019-11-05 11月05日-01号

本市におきましても、常に市民安全を最優先に考え、防災対策を講じておりますが、今後も的確な情報共有避難誘導を心がけ、しっかりと防災に取り組んでまいります。 次に、9月28日に大阪市において開催されました近畿安来会についてであります。 近畿安来会の総会に来賓としてお招きいただき、安来市の現況や取り組みについて、スライドをごらんいただきながら約1時間お話をさせていただきました。

奥出雲町議会 2019-10-18 令和元年第2回臨時会(第1日10月18日)

そして、さらに大事なことは、先般の台風災害にも見られますように、どこでも起こり得る地すべり河川の氾濫等、災害対策のため、町が直接管理運営し防災対策ができるという点であります。  以上の点から、本件はぜひとも町が購入し、今後の管理、さらには積極的な投資に活用すべき案件と考え、賛成の討論といたします。 ○議長(藤原 充博君) ほかに討論はありませんか。  12番、大垣照子議員

雲南市議会 2019-09-30 令和元年 9月定例会(第5日 9月30日)

明石緑が丘公園理事業及び健康の森管理事業については、類似施設の管理一元化、老朽化対策施設の特徴を生かす仕組みづくり等検討を求めました。  雲南市さくらの会補助事業については、さくらの会での監査や総会と市の決算との関係についての質疑に対し、事務事業の決算は市の予算(交付金)を決算するものであり、適正に執行しているとの答弁がありました。

出雲市議会 2019-09-27 令和元年度第3回定例会(第5号 9月27日)

また、土木費は、歩行者の安全対策を強化するための緊急交通安全対策費2,000万円や次期可燃ごみ処理施設へのアクセス道路整備事業費4,200万円の追加などが、教育費は、新体育館の敷地造成測量調査設計業務費等の建設関係経費1,560万円などが、災害復旧費は、本年7月の降雨により被災した市道の復旧費1,000万円がそれぞれ計上されております。  

奥出雲町議会 2019-09-26 令和元年第3回定例会(第4日 9月26日)

議員からは、歳入では普通交付税、雑入の内訳について、また、歳出ではふるさと応援寄附関連経費、プレミアム付商品券発行事業、有害鳥獣捕獲対策事業、育苗センター設備更新、町道など各種修繕費の内容等について詳細な質疑がなされました。  9月24日に招集した予算特別委員会では、各小委員会委員長より審査報告がありました。  総務経済予算委員会からは、歳入について特に質疑はなかったこと。  

大田市議会 2019-09-09 令和元年第 6回定例会(第4日 9月 9日)

長年にわたりまして悪水対策を三瓶ダム湖で取り組んでおられるところですけれども、その効果があってのことなのか、そういう点についてもお聞かせをいただきたいと思います。  なお、この三瓶ダム湖の放流水の関係等が一因ではないかということで、今、三瓶川においては水草が異常に繁殖しております、水草が。

大田市議会 2019-09-06 令和元年第 6回定例会(第3日 9月 6日)

私は、さきに通告しています、大きく分けて2点、高齢者安全運転支援についてと介護予防対策について、一問一答方式で質問をいたします。執行部の前向きな御答弁をよろしくお願いをいたします。  初めに、大きな1点目、高齢者安全運転支援について伺います。  ことし4月に、東京池袋で母子が死亡した事故など、高齢者自動車運転による痛ましい事故が続いています。

雲南市議会 2019-09-05 令和元年 9月定例会(第1日 9月 5日)

このほか、去る7月31日には総務省の梶元伸過疎対策室長が本市に来訪され、地方創生地域自主組織の取り組みなどを視察いただいたのを初め、数多くの視察を市民の皆様に受け入れていただいたところであります。  次に、5つの政策に沿って申し述べます。  最初に、「みんなで築くまち」にかかわる政策についてであります。  

出雲市議会 2019-09-04 令和元年度第3回定例会(第2号 9月 4日)

質問のありましたRPAの導入に向けての広報につきましては、RPAの情報セキュリティ対策も含めまして、広報いずもはもとより、ホームページ、ツイッター、フェイスブック等を通じて周知をしていきたいというふうに考えております。  それから、情報セキュリティ対策の考え方についてでございますが、RPAはさまざまなデータを処理するため、情報セキュリティ対策は重要なことと考えています。

大田市議会 2019-09-02 令和元年第 6回定例会(第1日 9月 2日)

幸いにも一般会計における市税、保育料、住宅使用料並びに特別会計における介護保険料、国民健康保険料の収納率は前年度と比較して向上しており、これまでの収納向上対策の取り組みの成果であると考えます。  自主財源の確保は重要でありまして、公平性の観点からも、引き続き収納率の向上に努めていただきたいと思います。  

出雲市議会 2019-09-02 令和元年度第3回定例会(第1号 9月 2日)

土木費は、歩行者の安全対策を強化するための緊急交通安全対策費や、次期可燃ごみ処理施設へのアクセス道路整備事業費の追加などを、教育費は、新体育館の敷地造成測量調査設計業務費などを、災害復旧費は、本年7月の降雨により被災した市道の復旧費を計上しています。  次に、特別会計についてご説明いたします。  33ページをご覧ください。