1577件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

松江市議会 2021-07-13 07月13日-05号

─────────────────────── △日程第3 議員提出議案第5号 学校教育におけるデジタルトランスフォーメーションを適切に進めるための意見書について      (提案説明、質疑、討論、採決) ○議長立脇通也) 日程第3、議員提出議案第5号「学校教育におけるデジタルトランスフォーメーションを適切に進めるための意見書について」を議題といたします。 提出者説明を求めます。 

松江市議会 2021-06-30 06月30日-04号

一応検索で調べましたら、親水教育という言葉は出なかったものですが、親水教育という言葉が一番近いものかなということで、私は今回使っておりますけれども、こういった親水教育という考え方を水の都松江学校教育家庭教育へ取り入れていく考え方が必要ではないかと思います。この点について、以下お伺いします。 親水教育について、まず市長及び教育長の所感をお伺いします。 ○議長立脇通也) 上定市長

江津市議会 2021-03-19 03月19日-04号

              ~~~~~~~~~~~~~~~ 説明のため出席した者市長      山 下   修          副市長     藤 田   裕総務部門参事  崎 間 茂 理          総務課長    佐々木 章 夫財政課長    溝 田 ともえ          商工観光課長  三 木 和 彦上下水道部門参事坂 根 広 晃          教育長     小笠原   隆学校教育課長

奥出雲町議会 2021-03-12 令和 3年第1回定例会(第3日 3月12日)

およそ150年の間、それぞれの地区での教育のシンボル、象徴として大きな役割を担ってきた現在の9つの小学校の存廃と、奥出雲町の学校教育の大転換を僅か1年間で決定することなど、強引で無謀と言えるものであります。しっかりと時間をかけ、住民総ぐるみで後世にも残るような話合いを行い、結論を出していくべきです。協議期間の修正、延長を行うべきです。町長の所見を伺います。 ○議長(藤原 充博君) 勝田町長

奥出雲町議会 2021-03-11 令和 3年第1回定例会(第2日 3月11日)

その公共施設全体の中で一番多いのが、学校教育系施設の27%、延べ床面積があり、削減率3割のあおりを受けるのは学校教育系施設であると指摘すると、根拠を説明せずに、それはない、別問題だと答弁しています。令和2年9月議会では、学校施設子供たちが1日の大半を過ごす学習の場、生活の場、さらには災害時の緊急避難応急避難場所にも利用される。

益田市議会 2021-03-09 03月09日-05号

         教育部長     野 村 美夜子 君         藤 井   浩 君ひとづくり推進監 大 畑 伸 幸 君    消防長      村 田 篤 美 君総務管財課長   和 崎 幹 弘 君    高齢者福祉課長  山 下 晶 子 君産業支援センター所長            観光交流課長   岡 崎 健 次 君         岡 崎   勝 君教育総務課長   長 嶺 勝 良 君    学校教育課長

江津市議会 2021-03-08 03月08日-02号

議長森脇悦朗) 竹内学校教育課長。 ◎学校教育課長竹内修二) 児童生徒が安全に安心して通学できるよう、土木建設課浜田県土整備事務所浜田河川国道事務所、また交通安全に加え、防犯の観点から総務課及び江津警察署と連携して、共通の認識を持ちながら通学路安全対策推進していくことは大変重要なことであると認識しております。 

雲南市議会 2021-03-08 令和 3年 3月定例会(第6日 3月 8日)

学校教育、社会教育の場でのジェンダー平等についての学習が非常に重要であり、令和2年3月に策定された第2次雲南男女共同参画計画に沿って市として積極的に取り組むべきと考えますが、見解を求めます。 ○議長佐藤 隆司君) 景山教育長。 ○教育長景山 明君) 学校教育におきましては、年間指導計画に基づいて、発達段階に応じて様々な教科・領域において、男女共同参画に関する教育に取り組んできております。  

益田市議会 2021-03-08 03月08日-04号

ひとづくり推進監大畑伸幸君) これまで豊川小学校戸田小学校に配置してきました社会教育コーディネーターは、学校教育社会教育の連携や往還、行ったり来たりということを、開かれた教育課程実現をするために活動してまいりました。そして、学校児童だけでなく、地域住民の学びと活動の拠点にするために様々な実践活動を展開してまいりました。 

雲南市議会 2021-03-05 令和 3年 3月定例会(第5日 3月 5日)

それで、基本的なことは教育委員会事務局機能強化ということで、学校教育社会教育協働による教育推進し、教育支援コーディネーター制度地域コーディネーター制度により各学校コーディネーターを配置することで、事務局としての機能強化社会教育による学校支援を行う体制の構築を図っていきます、このように堂々とうたわれております。この計画は5年の計画であります。

雲南市議会 2021-03-04 令和 3年 3月定例会(第4日 3月 4日)

さらに、学校教育だけでなく社会教育では、「どようび★えいご」や「中高生の!幸雲南塾」など、多様な人と交流ができる機会も設けてございます。このように、小規模校の多い本市でございますけれども、それを格差とまではならないような取組を今後とも続けていきたいというふうに考えております。 ○議長佐藤 隆司君) 中林議員

雲南市議会 2021-03-03 令和 3年 3月定例会(第3日 3月 3日)

今後は、多くの方に訪れていただける施設運営を行うとともに、学校教育社会教育の両面で永井隆博士に関する展示物や映像、著書を通してその業績や人間性に触れる平和教育平和学習推進に努めてまいる所存でございます。  最後に、永井隆博士顕彰基金について御質問をいただきました。  永井隆博士顕彰基金につきましては、これまで主に永井隆平和賞主催事業の財源として活用してまいりました。

益田市議会 2021-02-25 02月25日-01号

特に、学校教育においては、地域を担う益田子供たちが将来をたくましく切り開いていくために、その基盤となる人権同和教育の充実を一層図ってまいります。 地域社会においても、大人がその思考や行動の基準として、他者を認め合い、より公平で公正な社会実現を目指して行動する姿を手本として、子供たち人権意識は高まり、市民一人一人の幸せにつながる人権まちづくりが達成できます。