683件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

浜田市議会 2023-12-03 12月03日-02号

以前から市民の皆さんがご夫婦やご友人たちと歩かれる姿をよくお見かけしており、健康増進につながるものと期待しております。そのためには安心して歩ける歩行空間の確保や段差の解消などのバリアフリー化、また休憩所となる公園などにはベンチや健康遊具を設置するなど、都市基盤施設整備が必要でありますので、今後も継続して整備してまいりたいと考えております。 ○議長川神裕司) 澁谷議員

松江市議会 2022-12-04 12月04日-04号

しかも、近年は、核家族化価値観多様化等により、夫婦母親1人で乗り切ろうとする人もふえてきました。 女性にとってお産は、人生の中で重要なイベントであり、女性心身に大きく影響を及ぼす体験でもあります。入院期間の短縮により、産後の女性は、体調の回復や育児技術の習得、母乳保育のためのスキルを得ることができないまま退院せざるを得ない状況にあります。 

浜田市議会 2020-12-05 12月05日-04号

また、子どもを授かることを望んでいらっしゃるご夫婦に対しまして、不妊治療等に係る費用の助成、この充実にも取り組んでまいっております。 このほか、メンタル面支援といたしまして、産後の母親心身のフォローを行う産婦健診や産後ケア事業の実施、それから妊娠期から子育て期までの切れ目のない支援を行う子育て世代包括支援センターの設置などを行ってきたとこでございます。

浜田市議会 2020-12-04 12月04日-03号

さらに、液体ミルクは、乳児のいるご夫婦にとって特に父親育児参加手助けにもなり、実際使っている父親からは、お湯を沸かしたり冷ましたりの手間が省けて使いやすいという声もあるとのことであります。 浜田市の災害備蓄品として液体ミルクを置くことは考えられないか伺います。 ○議長川神裕司) 総務部長。 ◎総務部長砂川明) 浜田市のミルク備蓄につきましては、粉ミルクで384食分を備蓄いたしております。

浜田市議会 2020-09-05 09月05日-04号

山へとりに行くの、うちのほうにもあるんですけども、山へ取りに行くの大変でしょう言うたら、いやいや、今、耕作放棄地があるもんで、昔は山へ行きょうた、夫婦とも年じゃけえ、山のほう、行かりゃあせんということで、数年前から耕作放棄地一面にイタドリを植えとるそうです。そうすると、今まで半日かかって採って売っていたものが、10分もすれば一抱えのイタドリがとれると。それからまた、すぐここへ持ってくるんだと。

松江市議会 2020-06-26 06月26日-04号

しかし、公共交通機関整備状況が都会と違い、おくれている地方、特に地域では高齢になっても運転免許を自主返納したくとも、ひとり暮らし高齢者夫婦で移動の支援が得にくい、バス停が遠い、定期バスがない、長い距離が歩けない、荷物を持っての歩行支障があるなどの課題があり、車を手放すと容易に外出ができなくなります。特に買い物や受診に支障が出ます。

松江市議会 2020-06-25 06月25日-03号

老後30年間に夫婦で2,000万円の蓄えが必要とした金融庁審議会報告に対して、国民は怒り、さらに麻生金融担当大臣報告の受け取りを拒否するという態度に、国民の怒りはおさまりません。政府が公の文章で、年金は減って望む生活はできないから資産を運用せよと、自己責任を押しつけ、マクロ経済スライド年金が下がることも報告書に明記しました。 

松江市議会 2020-06-24 06月24日-02号

さらに、液体ミルクは、乳児のいる御夫婦にとって、とりわけ父親育児への参加手助けにもなり、実際に使っている父親からは、お湯を沸かしたり冷ましたりの手間が省けて使いやすいとの声が寄せられているようです。 そこで今後、松江市としても、液体ミルクを知ってもらうために、乳児健診やいろいろなイベントなどで試飲をしてもらうなどの取り組みができないでしょうか。

出雲市議会 2020-06-12 令和 2年度第3回定例会(第2号 6月12日)

そうした場合には、非常に長距離を歩いて、長時間かけて帰るということは、やはりスクールバスやタクシーの方とは大きく帰る時間も違ってくると思いますので、ある程度把握しておいてあげたほうがいいんじゃないかと思いますが、とりわけこういった不公平感というのが何とか解消していただかないと、やはり今後本当に統合がないところも当然ありますし、また、遠いからといって、もうそこには若い夫婦が住まないとか、遠いところから

益田市議会 2020-03-24 03月24日-06号

例えば夫婦別姓の問題です。2015年12月、最高裁判所夫婦別姓を認めない民法の規定について、憲法に違反しないとする初めての判断を示しました。世界で夫婦同姓を義務づけている国は日本だけです。国連女性差別撤廃委員からは、法律に残る女性への差別条項として、その撤廃を強く求められてきました。こうしたことも選択議定書を批准した場合、大きく変わっていく可能性をつくることになると思います。 

浜田市議会 2020-03-18 03月18日-08号

夫婦共働きで、子どもたちの衣服や食事を整えるのに必死の毎日なのです。そういう市民歴史文化重要性を語っても、ひどく現実を理解しない夢物語に聞こえるばかりなのです。歴史文化の前に子育て支援が先であり、少しでも苦しい毎日から開放してもらうことのほうがはるかに優先順位は高いのです。また、私たち議員をやめてもこの浜田で生き、そしてこの浜田に骨を埋め、やがて浜田の土になります。

雲南市議会 2020-03-03 令和 2年 3月定例会(第4日 3月 3日)

どの家も高齢者の方が御夫婦またおひとりでお住まいのところが多く、以前は周りに多くの民家があり、集落が存在していたことを物語っています。そのほとんどが朽ち果て、消滅する集落となっています。今そこに住んでいらっしゃる方々は、口をそろえて、先祖からの引き継いだ田畑が荒れるのが胸が痛む、住みなれた我が家から離れたくないとおっしゃっていらっしゃいます。

松江市議会 2020-03-03 03月03日-03号

私も今、娘たち夫婦などを見ておりまして、これでいいのだろうかと思っておりましたが、いや確かにこれでないとこれからの社会は乗り越えられないなと思った次第でございます。ですので、ぜひそういうことを周知されるとおっしゃいましたですね。周知して、そしてそれがいいことなのだということを、ぜひそういう価値観をつくっていただきたい。行政はそういう力がございます。

浜田市議会 2020-02-26 02月26日-02号

引き続き、経済的支援だけではなく、不妊に悩んでいるご夫婦の相談や治療途中の心のケアなど、不妊治療に関して全般的な支援に取り組んでまいります。 18歳までの医療費無償化についてでありますが、現在、本市では医療費は未就学児無料、小学1年生から中学3年生までは一部自己負担として助成をいたしております。18歳まで無料化にすると、多大な財源が必要となります。

益田市議会 2019-12-09 12月09日-04号

◎市長(山本浩章君) 島根県が策定を進めております島根創生計画において、結婚、出産、子育てへの支援取り組みの方向として、不妊に悩む夫婦への支援の拡充が明記され、事業の推進が示されております。 また、県ではことし10月に、昨年度と今年度の助成制度利用者に対してアンケートを実施し、治療への不安や医療費のこと、仕事との両立や制度満足度等において状況把握を行ったと伺っております。

大田市議会 2019-12-09 令和元年第 7回定例会(第4日12月 9日)

それから、もう一つが夫婦で共同申請された新規認定就農者、これは三瓶町志学で御夫婦で新たに露地野菜に取り組まれるものでございまして、6カ月分の支援をするものでございます。  それから、24番です。機構集積の関係でございます。まず、農地貸し付けに対する交付基準の見直し3地区でございます。これにつきましては、波根地区、それから上静間地区加淵地区でございます。

安来市議会 2019-12-05 12月05日-03号

そういうふうにすれば、うちの家庭は4人家族だけど、夫婦そろってるけど、この所得以下なら就学援助が受けられるんだって、保護者は本当にそういう材料を欲してるんです。それを市は出してください。本当に全て網羅していると言われるならば、ここの要件が、全てもう市は出せる条件ですと言われるならば、その他要件で市の見えないところで判断されるのではなく、申し出する側に立った基準保護者市民に知らせてください。

出雲市議会 2019-12-04 令和元年度第4回定例会(第2号12月 4日)

この数字でどうこう言うあれではないんですけれども、なかなか話的な部分でペタンクとか、ゲートボールされる方々等々ありますけれども、こういったペタンクグラウンドゴルフといったスポーツ認知症予防法になるとは確立はされておりませんけれども、やはり適当な運動と頭を使う活動をあわせて行うことはよいことだと思いますし、とりわけこういった手軽なスポーツですね、ペタンクなどはご高齢者でも参加しやすく、ご高齢のご夫婦

大田市議会 2019-12-02 令和元年第 7回定例会(第1日12月 2日)

23番、新規就農者総合対策事業689万1,000円につきましては、JAしま石見銀山地区本部様が新規自営就農者リース牛舎整備されることについて支援するものが576万6,000円、三瓶町志学において新規就農される御夫婦への支援を112万5,000円とするものでございます。  24番、機構集積協力金交付事業につきましては、901万2,000円を補正するものでございます。