437件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

奥出雲町議会 2019-12-10 令和元年第4回定例会(第3日12月10日)

議員(1番 田食 道弘君) 島根県内の小・中学校における給食用パンの小麦粉は、15年前の平成16年度より、それまでの外国産から国産小麦に切りかえられています。当時の県の資料によりますと、できるだけ安全で安心できる材料を使用した給食提供を行う一環として、国産小麦に島根県内産小麦2割をまぜ提供すると改善をされております。

出雲市議会 2019-12-06 令和元年度第4回定例会(第4号12月 6日)

1点目、まず、現在の地域防災計画避難の考え方について、一般市民の方、避難行動要支援者の方、子ども、外国籍の住民の方、それぞれに分けて伺います。  2点目、避難行動要支援者の避難方法について伺います。  避難行動要支援者名簿が各地区自治協会、各町内の自治会情報提供をされています。

出雲市議会 2019-12-05 令和元年度第4回定例会(第3号12月 5日)

3点目のご質問外国人住民の増加等の今後の見通しについてのお尋ねでございます。  本市の外国人住民は、平成26年(2014)3月末には1,969人いらっしゃったものが、本年の3月末には4,908人と急増、3,000人近く増えたところでございます。  ただ、本年5月以降、減少傾向にございまして、本年の10月末では4,636人となっているところでございます。

出雲市議会 2019-12-04 令和元年度第4回定例会(第2号12月 4日)

一方、このアプリの利用登録には国籍の項目を設けていないため、外国人の利用者数というものは残念ながら把握できておりません。その反面、英語ポルトガル語をはじめ10か国語に対応しておりまして、外国人の方にも利用しやすいものになっているというふうに考えております。  利用アクセス数は、直近1か月の一日平均で約31件でございますが、多い日では一日50件を超えている日もございます。  

奥出雲町議会 2019-10-18 令和元年第2回臨時会(第1日10月18日)

そして、どの山も所有者と、例えば買いたいという人が来れば、その人同士での話し合いがまとまれば、それは例えばこの前も言われましたように、外国人であっても、話がまとまればその山は売られていくということになりますので、そういうところへの配慮はどういうふうにされるのか。  それから、町の所有物でもないのに……。 ○議長(藤原 充博君) 大垣議員さん、1つずついきましょう。

出雲市議会 2019-09-27 令和元年度第3回定例会(第5号 9月27日)

審査の結果、多文化共生社会の推進として外国人住民の利便性の向上を図るべきという願意は理解できるが、特定の金融機関に限らず多くの金融機関において進めていくことが必要であること、また、斐川郵便局の国際送金業務の廃止は郵便局の業務見直しの一環で行われたものであることなどから、趣旨採択すべきものと決定いたしました。  

大田市議会 2019-09-25 令和元年第 6回定例会(第5日 9月25日)

防災対策事業で、自治会加入世帯外国人居住者に対しての避難指示の現況の質疑に対しては、未加入者の世帯が多い大田町においては、町を挙げて加入促進の運動を行っておられるところであり、日系ブラジル人が多い外国人の方に対しては、国際交流員のベイガ・ビビアネさんのSNSを通じて避難の呼びかけを行っているものの、ホームページは外国語対応になっていないため、広報と連携して推進していかなければならないと考えているとの

奥出雲町議会 2019-09-11 令和元年第3回定例会(第2日 9月11日)

また、外国の審査員に対し、説明できる論文とエビデンス証拠でございますが、の補完、追加調査について、大学等の研究者の協力をいただくよう取り組みを進めている現在の状況でございます。以上でございます。 ○議長(藤原 充博君) 藤原議員。 ○議員(7番 藤原 和範君) 認定へのハードルは高いと思いますが、ぜひといいますか、認定をいただきたいと思いますので、引き続き御尽力をいただきたいと思います。  

奥出雲町議会 2019-09-10 令和元年第3回定例会(第1日 9月10日)

また、観光促進の新しいフィールドとしてインバウンド観光を推進しており、本年は境港にクルーズ船が5回寄港する予定で、観光協会では絶好の機会と捉え、旅行会社と連携し、これまで120人余りの外国人に本町を訪れていただいており、これから秋に向けてさらなる誘客を図る考えであります。  また、島根県では、全国一の美肌をPRし、観光客増加を図るためのさまざまな事業が展開されます。

大田市議会 2019-09-05 令和元年第 6回定例会(第2日 9月 5日)

インバウンドの外国観光客など、ここ数年は特に著しいと思います。このことをどのように捉えているのか、まずお伺いします。 ○議長(石橋秀利) 上西産業振興部長。 ○産業振興部長(上西 宏) 当市を訪れます観光客の傾向といたしましては、国内では中国地方近畿地方関東地方からお越しになる方が全体の約7割を占めております。このことについては、大きな変化はございません。  

出雲市議会 2019-09-05 令和元年度第3回定例会(第3号 9月 5日)

これは市内企業雇用拡大に伴う転入者の増加、とりわけ外国人の増加が大きな要因と考えております。今後の課題としては、国内の移住促進の強化、そして移住者や定住志向のある外国人の定住に向けた生活環境の整備であり、これらに対応することで現在の水準を維持していく必要があると考えております。  

出雲市議会 2019-09-04 令和元年度第3回定例会(第2号 9月 4日)

まず、最初の質問でございますが、外国人の市内からの流出現象について、お伺いいたします。  市内の大手電子機器メーカーの生産調整に伴い、請負会社雇用されている多くの外国人、特にブラジル人が出雲市内から流出しており、これからもっと多くの外国人が流出するであろうとの憶測も流れております。  

大田市議会 2019-09-02 令和元年第 6回定例会(第1日 9月 2日)

19番、ICT等による石見銀山多言語解説整備事業1,405万1,000円につきましては、石見銀山遺跡の価値の理解促進と、外国人来訪者にもわかる世界遺産とする取り組みでございまして、現地説明板やホームページの多言語化、坑道や空から見た石見銀山のVR動画を世界遺産センターで紹介することなどについて、文化庁補助事業を活用して実施するものでございます。  

出雲市議会 2019-07-02 令和元年度第2回定例会(第6号 7月 2日)

次に、多文化共生のまちづくり及び外国人住民の生活支援等の施策に関する調査研究を行うため、7人の委員をもって構成する「多文化共生推進特別委員会」を設置いたしたいと思います。  これにご異議はございませんか。                (「異議なし」と言う者あり) ○議 長(川上幸博君) 異議なしと認めます。  

大田市議会 2019-06-20 令和元年第 4回定例会(第3日 6月20日)

また、島根県山陰インバウンド機構と連携し、国際線就航地やクルーズ船入港地から滞在時間の長い外国観光客の取り込みを図りたいと思います。さらに、石見銀山遺跡を訪れる方の満足度を高め、再訪を促すため、電動ゴルフカート等を用いた交通環境の改善や光回線の整備によるWi-Fi環境の整備について検討する必要があると考えています。  

出雲市議会 2019-06-20 令和元年度第2回定例会(第5号 6月20日)

人口減少・高齢化社会の到来は全国的に生じている問題でございまして、出雲市にとりましても少子化現象が生じており、全体では現在約5,000人いらっしゃいますが、外国人の社会増により、辛うじて17万人台がキープされているということでございます。  こうした状況というのは、やっぱり社会的・経済的な活動にさまざまな影響が生じておりまして、その対策が急がれているというふうに思います。

出雲市議会 2019-06-18 令和元年度第2回定例会(第3号 6月18日)

とりわけ外国観光客にとっては、多言語での災害交通避難情報が十分ではないなど、災害時の対応に大きな課題を残しております。  災害の多い我が国にとっては、観光危機管理は重要で、外国観光客を含む観光客に対する防災や被害時の支援体制などをお伺いをいたします。  まず一つ目、地域防災計画観光旅行者に対する避難場所・避難経路などの計画が定められているのか、お伺いをいたします。