355件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

奥出雲町議会 2019-12-19 令和元年第4回定例会(第4日12月19日)

奥出雲町は設備更新が必要だけれども、地方財政で困難な場合は国が責任を持って解決するよう国に求めるべきではないでしょうか。  景気の悪化が続き、より所得が減少する多くの町民にとっては、負担増となるものにとても賛成できるものではありません。議会が町民の生活を不安にさせるようなことがあってもいいでしょうか。議員各位の御賛同を求め、討論といたします。

雲南市議会 2019-12-10 令和元年12月定例会(第3日12月10日)

国におかれては、教育無償化に係る地方財源については、地方財政計画の歳出に全額計上されまして、地方消費税地方交付税などの一般財源総額で増額を確保するというふうに対応されているところでございますけども、本年度の予算編成方針で示しておりますように、たとえそういう対応をされている中であっても、一本算定への移行や人口減少等が要因となって、普通交付税全体額が減額されてくるという見込みをしているところでございます

大田市議会 2019-12-09 令和元年第 7回定例会(第4日12月 9日)

財政の健全化法上、20%以上については、経営健全化計画の策定義務等がありますよとか、あるいは、10%、地方財政法上、10%以上については、企業債の発行が協議制から許可制になりますよということで、前にちょっと伺って、聞いておったところですけれども、そういう問題等も出てくるわけですけれども、現に今申し上げた点については、資金の不足率比率の中で、一定の規制がかかってくるということが言えるかどうかということについても

雲南市議会 2019-09-30 令和元年 9月定例会(第5日 9月30日)

                           令和元年9月30日(月曜日) ────────────────────────────────────────               議事日程(第5号)                        令和元年9月30日 午後1時30分開議 日程第1 各委員長報告 日程第2 委員長報告に対する質疑 日程第3 討論 日程第4 表決 日程第5 発議第6号 地方財政

出雲市議会 2019-09-05 令和元年度第3回定例会(第3号 9月 5日)

もっともこれにつきましては、今回の無償化に伴いまして、国においては地方財政対策が検討されているというふうに聞いてはおります。ただ、現段階ではそれが明らかにはなっておりません。それが明確になった段階で、先ほど議員もおっしゃいました子ども医療費の無償化、そういったことも合わせまして、子育て関係全体予算を見渡しながら、必要な事業展開を新たに検討していきたいというふうに考えております。

出雲市議会 2019-09-04 令和元年度第3回定例会(第2号 9月 4日)

○副市長(伊藤 功君) 現在おる職、それから人員等が変わらないとした場合でございますけども、先ほど申しあげますように、期末手当を新たに支給する分、それから共済費の負担金、退職手当負担金等々がありまして、約3億円程度の財源措置が必要ではないかなというふうに考えておるところでございまして、このことについては国に向けて地方財政対策の中でしっかり織り込むようにという要望をしているところでございます。  

大田市議会 2019-09-02 令和元年第 6回定例会(第1日 9月 2日)

次に、地方財政健全化法における4つの財政指標のうち、実質公債費比率及び将来負担比率はいずれも早期健全化基準を下回っており、実質赤字比率、連結実質赤字比率につきましてはいずれも赤字が生じていないため、算定要件に該当はいたしておりません。  下段の結びのところに自主財源の確保及び内部牽制機能の強化並びに事務処理の適正化に向けて意見を記述しておりますので、ごらんをいただきたいと思います。  

出雲市議会 2019-07-02 令和元年度第2回定例会(第6号 7月 2日)

最後に、請願第2号、地方財政の充実・強化を求める意見書の提出を求める請願であります。  これは、2020年度の政府予算地方財政の検討にあたっては、歳入・歳出を的確に見積もり、人的サービスとしての社会保障予算の充実と地方財政の確立を目指すよう、政府関係機関に意見書を提出することを求めるものです。  審査の結果、採択すべきものと決定いたしました。  

出雲市議会 2019-06-20 令和元年度第2回定例会(第5号 6月20日)

   議第 33号 備品の取得について(小型動力ポンプ普通積載車)    議第 34号 備品の取得について(小型動力ポンプ軽積載車)    議第 35号 市道路線の廃止について    議第 36号 市道路線の認定について    議第 37号 出雲いりすの丘公園の整備における用地交渉に係る和解について 第3.請願第 1号 後期高齢者医療費窓口負担の「原則1割」の継続を求める請願    請願第 2号 地方財政

雲南市議会 2019-06-05 令和元年 6月定例会(第3日 6月 5日)

また、来年度から無償化に係る地方負担につきましては、地方財政計画の歳出に全額計上されまして、一般財源総額を増額確保した上で、個別地方団体地方交付税の算定に当たっても、地方負担の全額を基準財政需要額に算入するとともに、地方消費税交付金の増収分、これを基準財政収入額に算入される制度となっておりまして、市の負担がこれまでよりふえることはないと考えております。 ○議長(山﨑 正幸君) 深田徳夫君。

雲南市議会 2019-06-04 令和元年 6月定例会(第2日 6月 4日)

それから、全体としては、地方財政計画の中の全体枠を示される中に一般財源化して入ってくるということでございますので、先ほど議員から御指摘のいただいた未来永劫という形の中では、総体的に一般財源化されるということでございますので、国の財政状況の中では、将来的なものについては、見通しについては不確定なところがあるというふうに考えております。 ○議長(山﨑 正幸君) 周藤正志君。

大田市議会 2019-03-11 平成31年第 2回定例会(第4日 3月11日)

地方財政上の一般財源総額、これについては6,000億円の増と、1.01%増となっている状況でございます。  それから、寄附金の関係でございます。  これにつきましては、企業版のふるさと納税、これについては平成31年度においては該当はございません。今のところ予定はしておりません。以上でございます。 ○議長(石橋秀利) 尾田産業振興部長

奥出雲町議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第2日12月10日)

日本地方財政は国の制度によって強く規定されているため、奥出雲町でもその財源、財政枠組みの中で施策を実施せざるを得ませんが、このことで奥出雲町は国の附属物であることを意味しているのではありません。一方で、国、自治体財政は逼迫しており、今後も社会保障費の増加は避けられず、財政抑制の焦点になったのが公共施設であり、今や自治体財政の焦点でもあります。

大田市議会 2018-12-07 平成30年第 5回定例会(第3日12月 7日)

そして今、国と地方との協議の場でどういうふうに制度設計をするのかということが議論をされ、先般、一応の案が出され、妥結に向けた動きになっていると承知していますが、私は最終的には地方財政計画の中でどう位置づけられるのか、そこがキーポイントで、きちっとした地方の財源について地方交付税などで担保されるのかどうかがキーポイントだというふうに思っております。

出雲市議会 2018-12-07 平成30年度第3回定例会(第4号12月 7日)

一般会計などにおいて負担すべきこととされた経費の所要財源につきましては、原則として公営企業繰出金として地方財政計画にも計上されており、地方交付税基準財政需要額への算入または特別交付税を通じて財源措置が行われているところであります。  公営企業会計財務、資産状況を把握しやすく、透明性の高い会計方式であります。