663件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

奥出雲町議会 2021-03-19 令和 3年第1回定例会(第4日 3月19日)

令和3年度一般会計当初予算は、低迷の続く町内景気人口減少問題、公共施設老朽化など、本町に山積する諸問題への対応及び地方を推進するため、国、県の補助事業を積極的に活用しながら、地域活性化対策定住対策、結婚・子育て支援、福祉の充実地域医療確保、健康の増進、雇用対策産業対策社会基盤生活基盤整備防災対策教育充実地域スポーツ振興などの町の振興町民生活向上に資する事業予算となっております

大田市議会 2020-12-18 令和 2年第 10回定例会(第5日12月18日)

次に、同じく農林水産課地方道整備推進交付金事業814万円については、国庫支出金配分増があり、市道川合久利線補修延長を300メートルから450メートルへ延ばしたいためとの説明であり、質疑はありませんでした。  続いて、同じく農林水産課、現年耕地災害復旧事業8,500万円についてであります。

奥出雲町議会 2020-12-18 令和 2年第4回定例会(第4日12月18日)

主な補正内容について、12月10日の全体質疑においては、歳入では、対象事業費の増による地方臨時交付金2,200万1,000円、新型コロナウイルスワクチン接種体制確保事業実施のための感染症予防事業費等補助金313万4,000円、ホシザキ株式会社からの寄附金による教育振興寄附金1,000万円について、また歳出では、特定地域づくり事業協同組合設立費500万円、新型コロナウイルスワクチン接種体制確保事業

益田市議会 2020-12-17 12月17日-05号

益田市も人口拡大課をつくって人口減少対策地方を重点的に取り組んでおりますが、歯止めがかかっておりません。障害者外国人労働者山間部に住んでいる人たちなど、取り残されがちな人に対して都市部住民と同じような交通アクセス医療アクセスが完全に提供できるでしょうか。地方公共団体の原点に返れば、まず取り組むべきは取り残された人がいない社会を創るということです。

浜田市議会 2020-12-16 12月16日-07号

歳入においては新型コロナウイルス感染症対応地方交付金1,257万1,000円、ふるさと応援基金繰入金925万円などが組み込まれ、的確に対応されているところです。 また、BB鍋フェスティバル助成事業285万円が事業中止によりマイナス補正されています。新型コロナウイルスの影響での事業中止はこれまでに13事業、おおよそ3,300万円に及ぶことの説明を受けました。 

雲南市議会 2020-12-14 令和 2年12月定例会(第4日12月14日)

トリクルダウンの恩恵もなく、地方で変わることもないと思っています。そうではなくて、リスク回避、均衡ある国土の観点からも地方分散地方中小企業を後押しして地域経済を回していく。そして地方へ権限と財源を移す真の地方分権をやっていくことこそが日本が持続可能であるために必要だと私は考えています。  

江津市議会 2020-12-10 12月10日-03号

本日は、既に通告しております、1、地方人口減少対策について、2、教育格差解消のための教育環境の改善・充実についての2点について質問をします。 まず初めに、地方人口減少対策について質問します。 2014年、平成26年5月に日本創成会議が発表した消滅可能性都市という言葉は、人口減少にあえぐ全国の地方自治体に大きな衝撃を与えました。そして、このことは江津市でも例外ではありませんでした。 

大田市議会 2020-12-10 令和 2年第 10回定例会(第3日12月10日)

では、最後なんですけれども、地方推進事業に係る提案、これをさせていただこうと思っております。  ここでは口頭ですんで、ざっくりとした説明になりますけれども、一応事前に概略はお示ししているんですけれども、この場では口頭ですので、ざっくりとした説明になりますけれども、要は内容としては、国からの認可、これを前提とした地方推進事業、これを構成する核となる事業提案ということになります。

江津市議会 2020-12-09 12月09日-02号

国においても、光ファイバによる高速通信網早期整備必要性を認識され、今年度の国の補正予算に係る新型コロナウイルス感染症対応地方臨時交付金光ファイバ整備補助事業過疎対策事業債枠優先確保と二重、三重の財源確保されました。一方で、総務省からは今回の補正予算補助事業最後に新規の光ファイバ事業は終了するとの連絡をいただいています。 

雲南市議会 2020-12-09 令和 2年12月定例会(第1日12月 9日)

いわゆる新型コロナウイルス感染症地方臨時交付金ということで、これ今、予算計上額が5億2,000万円ということで、今回の補正でさらに11億2,000万ということですが、まずどれだけ各市町村に交付されるかという限度額があるのか。それとも、その事業申請によってその事業ごとに採択されるのかということをちょっともう一度お聞かせ願いたいと思います。  

大田市議会 2020-12-09 令和 2年第 10回定例会(第2日12月 9日)

企業版ふるさと納税制度は、国が認定した地方公共団体における地方取組に対して企業寄附を行った場合、税額控除損金算入により、企業負担が大幅に軽減される制度であります。  本市では、平成28年度以降、2事業について企業版ふるさと納税対象事業として実施しており、合計で180万円の御寄附をいただいております。  

松江市議会 2020-12-08 12月08日-03号

政府が掲げる地方取組にもかかわらず、少子化と一極集中が加速する構図となっており、都市部での新型コロナウイルス感染症拡大地方分散への関心が高まる中、この機会を捉えて集中化是正有効策を打ち出すことが急務になっています。 まずは、挑戦その1、出生数約2,000人/年を目指す取組についてお伺いします。 令和元年出生数は86万6,908人で、最少を更新し、初めて90万人を下回りました。

奥出雲町議会 2020-12-08 令和 2年第4回定例会(第2日12月 8日)

総合戦略につきましては、川西議員の通告もありましたとおり、人口減少の克服、地方対応するため、平成27年に策定し、総合計画とともに一体的に取り組んでまいりました。人口減少少子高齢化の進展など、町の様々な課題を乗り越え、著しい社会情勢の変化に柔軟に対応していく次世代を展望した新たなまちづくりの指針として、町民の皆様と共有し、その実現に取り組んだところでございます。