999件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

奥出雲町議会 2021-03-19 令和 3年第1回定例会(第4日 3月19日)

11号 公の施設指定管理者指定について(仁多サイクリングターミナル)  日程第9 議案第12号 公の施設指定管理者指定について(奥出雲ふるさと交流センター)  日程第10 議案第13号 公の施設指定管理者指定について(亀嵩総合交流促進施設)  日程第11 議案第14号 公の施設指定管理者指定について(玉峰交流施設)  日程第12 議案第15号 公の施設指定管理者指定について(地域資源活用総合交流促進施設

奥出雲町議会 2021-03-11 令和 3年第1回定例会(第2日 3月11日)

そのためには、奥出雲町の地域資源をさらに磨き上げていくことが必要であり、その多くの障壁となっている後継者問題に対し、積極的に取り組んでいく必要があると考えております。  審議会の中で一番多くの御意見を頂戴したのが、情報化社会に対応するためのインフラ整備についてであったと、私に報告がございました。また、パブリックコメントにおきましても、町民の方からこの点についての御意見もいただいております。

奥出雲町議会 2021-03-02 令和 3年第1回定例会(第1日 3月 2日)

11号 公の施設指定管理者指定について(仁多サイクリングターミナル)  日程第16 議案第12号 公の施設指定管理者指定について(奥出雲ふるさと交流センター)  日程第17 議案第13号 公の施設指定管理者指定について(亀嵩総合交流促進施設)  日程第18 議案第14号 公の施設指定管理者指定について(玉峰交流施設)  日程第19 議案第15号 公の施設指定管理者指定について(地域資源活用総合交流促進施設

大田市議会 2020-12-18 令和 2年第 10回定例会(第5日12月18日)

今行うべきは、住民自治を発揮して頑張る自治体を応援することであり、農林水産業など地域資源活用した仕事所得確保、全ての小規模事業者への支援条件不利地域への地方交付税大幅拡充防災維持管理優先公共投資への転換こそ必要であります。  よって、本議案には反対であります。議員各位におかれましては、真摯な御判断を心からお願いを申し上げます。

大田市議会 2020-12-10 令和 2年第 10回定例会(第3日12月10日)

当市は、世界遺産、そして日本遺産国立公園、これらが全てそろっているなど、豊富で魅力的な地域資源を有しておりまして、都会地から離れ、自然環境の恵まれた場所で仕事をしながら、夕方の、週末の空いた時間に市内を観光していただくようなワーケーションに取り組む上で適地ではないかと、このように考えておるところでございます。  

雲南市議会 2020-12-09 令和 2年12月定例会(第1日12月 9日)

本市は中山間地域ならではの豊かな農山村の景観やたたら製鉄をはじめとする歴史、文化、産業に関わる多様な資源、さらには有機農業が生み出す新鮮で安全な農産物など、アイデア次第でブランド力を高められる地域資源が豊富に存在しています。こうした地域の宝を民間の活力も生かしながら観光振興地場産品販売力向上につなげてまいります。  

大田市議会 2020-12-09 令和 2年第 10回定例会(第2日12月 9日)

地域資源である農畜産物生産加工、販売する取組は、農家所得向上や雇用の場の確保につながり、地域活性化にも好影響を与えるものと認識をしております。  市内におきましても、各地域での小規模なグループによる加工品生産をはじめ、組織を法人化され、農業経営多角化に取り組んでおられる事例がございます。

益田市議会 2020-12-08 12月08日-04号

市では、国内2番目の広さを誇る湖、霞ヶ浦1周を軸として、県内10市町にまたがるフラットな180キロのコース、つくば霞ヶ浦りんりんロードを生かし、地域活性化の核と位置づけ、第1次産業露地野菜──主要はレンコンだそうです──果樹、霞ヶ浦水産資源などこれらの資源活用して、6次産業育成など地域資源全体へ波及させるべく自転車活用を推進していました。

浜田市議会 2020-12-04 12月04日-05号

引き続き先進地事例参考にし、地域の皆さんと一緒になって、地域資源活用したにぎわいづくりについて努めてまいりたいと思います。 ○議長川神裕司) 上野議員。 ◆10番(上野茂) ぜひ参考にしていただきたいと思います。 次に、中項目2の森林資源活用についてであります。 島根県は全国3位の森林県でありまして、木材の需要が低迷し、森林経営意欲の減退による荒廃森林が増加しております。

益田市議会 2020-12-04 12月04日-02号

さらに、中山間地域を元気に、については、市域全体が均衡ある発展をするという趣旨を踏まえ、中山間地域コミュニティー維持と担い手の確保に加え、地域資源活用と安全・安心な暮らしを追求することとしました。 そして、新たにしごとづくりひとづくりの視点を加え、企業誘致地域資源を生かした観光振興及び人材育成に力を注いでまいりました。

浜田市議会 2020-12-03 12月03日-04号

海や山に囲まれた豊富で恵まれた自然環境、ほかにも引けを取らない多くの経験、知識を持ち合わせた人材等、様々な地域資源がこのふるさと浜田には数多く存在しているとものと思っております。そうしたものを活用して多くの体験をすることで、豊かな心を育み、生きる力を身につけ、社会に出ていく子どもたちがたくさんいると思っております。 

浜田市議会 2020-12-01 12月01日-02号

それぞれの地域において、地域資源活用課題解決に向けた収益事業を展開した結果利益が生まれ、自主財源確保されることは大変すばらしいことであり、市としても支援してまいりたいと考えております。 ○議長川神裕司) 田畑議員。 ◆19番(田畑敬二) 今、地区まちづくり委員会の中で、今後は今まで以上に行政に頼らない、そして助成金補助金に頼らないまちづくりをしなければならないと思っておられる。

大田市議会 2020-09-10 令和 2年第 7回定例会(第2日 9月10日)

と申しますのは、御承知のとおり、世界遺産であったり、国立公園であったり、日本遺産であったり、数々の魅力あふれる地域資源に恵まれているからでありますし、それに今、様々な団体の御努力でこの素材に体験型を加えるということで、より魅力を発信しようという取組もやっておりますので、条件は整っているのではないかというふうに思っております。  

奥出雲町議会 2020-09-09 令和 2年第3回定例会(第3日 9月 9日)

一方で、価値観に変化があっても、これまで先人の皆様が受け継いでこられた奥出雲町の歩みは、日本農業遺産に認定された地域資源循環型農業などをはじめ、歴史に彩られた揺らぐことのないまちづくり基本姿勢があり、この基本姿勢は冷静に受け継いでいくことが大変重要であると考えております。以上でございます。 ○議長藤原 充博君) 村尾議員

益田市議会 2020-09-08 09月08日-03号

実施できていない事業具体例としましては、自転車に親しむ機会の創出として市民向けサイクリングイベント開催、初心者から参加できる自転車教室開催、またサイクルツーリズムの創出として地域資源を活かした体験交流型サイクリングツアー実施、インフルエンサーと一緒に走るモニターツアー実施などが挙げられます。 一方、庁内の関係する部署及び関係機関と連携することで事業展開が図られるものもございます。

奥出雲町議会 2020-09-08 令和 2年第3回定例会(第2日 9月 8日)

武器については、奥出雲町のすばらしい地域資源を全て、訴求については、SNSはもちろんでございますが、近隣地域での観光説明会などにより、本町の魅力を十分アピールしてまいりたいと考えています。いずれにしましても、雲南広域連合山陰インバウンド機構島根観光連盟などと連携を図りながら取り組んでまいりたいと考えております。以上でございます。 ○議長藤原 充博君) 内田雅人議員