111件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

松江市議会 2021-07-09 07月09日-05号

本市でも、このような大規模自然災害等に備えるため、事前にできる防災への取り組みや、発生時の減災と迅速な復旧・復興を目指す国土強靱化地域計画を第2次総合戦略と同時に年内を目標策定いたしていくことにいたしております。 さて、今議会では、知事選に関連いたしまして新知事との連携を心配する御意見をいただいたところであります。 

松江市議会 2020-06-24 06月24日-02号

そして、予算獲得のためには、国土強靱化地域計画が重要ということも伺いました。5月1日現在の市町村策定率は、30%以上が鳥取県を含む3道府県、10%以上30%未満島根県を含む9県、1%以上10%未満が25都道府県、策定中、策定済み市町村なしが10府県となっています。島根県の市町村では、策定中が松江市と隠岐の島町だけです。 

松江市議会 2020-03-26 03月26日-05号

近年頻発する大規模災害に対応して、松江国土強靱化地域計画策定し、ハード面では道路ストック等長寿命化対策事業費橋梁長寿命化対策事業費のり面対策事業費、急傾斜地崩壊対策事業費が計上されています。 ソフト面では、市民防災意識向上を図るためのマイ・タイムライン普及啓発と、地域における防災力を高めるための防災訓練計画されるなど、防災減災への効果が期待できる取り組みをされています。 

雲南市議会 2020-03-05 令和 2年 3月定例会(第6日 3月 5日)

政策企画部長(佐藤 満君) 防災の全体的なところでございますけども、令和2年6月をめどに雲南市の国土強靱化地域計画策定することとしております。その中では、公共施設耐震化の促進や情報伝達手段多様化指定緊急避難場所の確保など、さまざまな項目についての考え方を取りまとめることとしております。

大田市議会 2020-03-02 令和 2年第 1回定例会(第1日 3月 2日)

自然、歴史伝統文化活用につきましては、世界遺産石見銀山遺跡とその文化的景観国立公園三瓶山国指定天然記念物琴ヶ浜日本遺産石見神楽などを初めとする本市の貴重な資源の適切な保存に努めるとともに、有形、無形の多様な文化財活用を図るため、大田文化財保存活用地域計画策定を進め、魅力と活力ある地域づくりを推進してまいります。  

益田市議会 2020-02-26 02月26日-01号

規模自然災害が多発する昨今の状況を踏まえ、災害発生時の起きてはならない最悪事態を回避するための取り組み方針を盛り込む国土強靱化地域計画策定が必要とされていることから、国や島根県の計画を勘案し、早期の策定を目指します。 さらに、自転車によるまちづくりに関するマスタープランとなる自転車活用推進計画については、6月末を目途に策定します。 

浜田市議会 2020-02-25 02月25日-01号

また、大規模自然災害等に備えて、本市における国土強靱化に関する施策を総合的かつ計画的に推進するため、国土強靱化地域計画策定してまいります。 2点目に、防犯交通安全対策についてであります。 防犯対策としまして、防犯出前講座による啓発活動や、浜田警察署など関係機関と連携した防犯活動取り組み、犯罪の未然防止に努めてまいります。 

益田市議会 2019-12-09 12月09日-04号

このきっかけとなったのは、益田市の文化財保存活用地域計画など、史跡益田氏の城館跡整備基本計画など、先日の同僚議員質問にありましたので、大くくりなことは理解をして、私のほうで重複しないようにしたと思いますが、少し個別の項目になりますけれども、文化財といっても非常に幅が広くて、不動産もあれば小さい動産ものもあるんでしょうけれども、そういったことでいうと、現状、益田市の文化財史跡遺跡という大きなものから

雲南市議会 2019-09-06 令和元年 9月定例会(第2日 9月 6日)

計画策定を行って、昨年度でございますけれども平成30年度にはさらに循環型社会形成推進地域計画策定検討委員会と少し長い名称でございますけれども、こういった委員会及び作業部会を設置いたしまして、候補地の選定、そして具体の整備内容について方向性を取りまとめたところでございます。昨年度以降、継続的に施設整備候補となる地域に出向いておりまして、説明及び交渉等を行っているところでございます。

益田市議会 2019-03-07 03月07日-03号

これから益田歴史文化基本構想文化財保護活用地域計画策定される予定ですけれども、全国には青森県の縄文時代の三内丸山遺跡や、佐賀県では弥生時代吉野ヶ里遺跡など、遺跡をブラッシュアップして多くの人を呼び込んでいく仕掛けをつくっておられます。 匹見町にはたくさんの貴重な遺跡群が存在しております。古来より鬱蒼とした広葉樹林が広がり、先人たちは独自の広葉樹林文化を育んでまいりました。

益田市議会 2019-03-06 03月06日-02号

市といたしましては、これに計画期間文化遺産保存活用に関する措置の2つの項目を加えて、文化財保護法改正により新たに定められ、歴史文化基本構想実施計画にも当たる文化財保存活用地域計画に発展させて、初期段階での国の認定を目指しているところであります。 さらに、平成26年度の中須東原遺跡整備基本計画策定に次いで、このたび益田城館跡整備基本計画策定したところです。