151件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

奥出雲町議会 2019-06-12 令和元年第2回定例会(第3日 6月12日)

次に、建設業についてでございますが、近年、国道、県道などの道路改良事業や公共建設建築整備などの農業基盤整備事業、農地造成事業など大型の公共工事が行われてきましたが、整備が進み若干縮小傾向にございます。このような状況下では、今後はどのようにして公共事業の安定確保と作業従事者の確保をどのように図っていくかが課題であると考えます。  

雲南市議会 2019-06-05 令和元年 6月定例会(第3日 6月 5日)

ファームズよしだが実証されまして、整備が完了いたしました同町大吉田地区の圃場畦畔、約3,600平米に種子吹きつけが行われております。また、この事業実施に当たりまして、担い手への支援として市が独自に措置しておりますフォローアップ事業を活用され、本年度は県の補助事業を活用し継続して実証される予定でございます。  

奥出雲町議会 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第2日 3月13日)

以前質問したことがありますけれど、農地の大区画化、汎用化、畑地かんがい等の整備の実施、収益作物転換を期待するものとして、また農地整備対象として人・農地プランを拡充することが条件となる農地集約に向けたといいましょうか、高規格整備の実施要件である農地集積に向けた話し合いが地域で進むよう取り組まれることを願うものとして、5項目について質問いたします。  

大田市議会 2019-03-11 平成31年第 2回定例会(第4日 3月11日)

その対象地区といたしましては、4カ所ございまして、野城地区の整備、波根地区の整備、池田地区の整備、福光地区の整備ということで、この4カ所を対象にしておりまして、補正予算として今回お願いをさせていただくものでございます。以上でございます。 ○議長(石橋秀利) ほかにありませんか。………ないようでありますので、以上で本案に対する質疑を終結いたします。  

大田市議会 2019-03-07 平成31年第 2回定例会(第2日 3月 7日)

現在は大田市内、土地改良事業ということで整備非常に盛んに行っておりますけれども、そういった整備地区におきましては、その整備区域全体を防護柵で囲む事業も補助事業として行えるものもございますので、そういったものも活用しながら対策を行っていきたいというふうに考えております。以上でございます。 ○議長(石橋秀利) 7番、胡摩田弘孝議員

大田市議会 2019-03-04 平成31年第 2回定例会(第1日 3月 4日)

農業基盤整備につきましては、農地中間管理機構と連携をとりながら、県営及び団体営による整備を波根地区などで進めるとともに、市内各地で老朽化している、ため池や農業施設などの改修整備を計画的に進めてまいります。  有害鳥獣対策につきましては、鳥獣被害対策実施隊の機能強化を図り、イノシシなどの対象鳥獣の捕獲や被害防除指導など、地域と一体となって被害防止対策に取り組んでまいります。  

大田市議会 2018-12-06 平成30年第 5回定例会(第2日12月 6日)

産業振興部長(尾田英夫) 現在、大田市におきましては県営事業、あるいは団体営事業の基盤整備事業を活用して、整備に合わせて高収益作物への転換ということで、畑地化なども進めているということでございます。特にその中で、園芸作物の団地化というところを目指しているところでございます。  

奥出雲町議会 2018-10-09 平成30年第3回定例会(第2日10月 9日)

奥出雲町においての整備は、ほぼ全域で完了し、償還も残り数年となっています。ここで展開されている水稲栽培主体農業生産所得は、地域環境に恵まれ、アコメ土壌、昼夜の寒暖差、豊かな源流水に恵まれており、1等米比率もよく、仁多米ブランドとして一定の評価を受けていますが、米価市場は低迷しており、反当高所得にはいま一歩と思います。

雲南市議会 2018-09-06 平成30年 9月定例会(第4日 9月 6日)

ファームズよしだ」が主体となって行われたものでありまして、整備が完了いたしました吉田町大吉田地区圃場の畦畔約3,600平方メートルにセンチピードグラスの種を吹きつけておられます。この事業実施に当たりましては、本年度、雲南市フォローアップ事業で広域連携組織事業への上乗せとして50万円を拡充した補助金の一部を活用されたところであります。  

雲南市議会 2018-09-05 平成30年 9月定例会(第3日 9月 5日)

新規法人の設立や整備事業に合わせた農地中間管理事業の実施がプラス要因として上げられ、設定面積の県内順位は4位という結果になっておるところでございます。 ○副議長(山﨑 正幸君) 土江良治君。 ○議員(13番 土江 良治君) 県内4位ということでございましたけれども、この達成率のもととなった、その要因は何という答弁されましたですかいね、ちょっと申しわけございません。

出雲市議会 2018-09-03 平成30年度第2回定例会(第2号 9月 3日)

斐川町地域農業再生協議会では、高い担い手農地集積率や整備率を生かしまして米・麦・大豆・ハトムギなどの2年3作による水田フル活用が図られ、効率的な土地利用農業が展開されております。さらには国の産地指定でありますタマネギ・キャベツについて、その維持・拡大に努められているところでございます。  

出雲市議会 2018-06-28 平成30年度第1回定例会(第5号 6月28日)

これは、出雲西地区農地整備事業(県営整備事業)に伴い、高松地区の4路線及び長浜地区の4路線の起点や終点を変更して再認定するため、一旦廃止すること、また、荘原中央線改良事業に伴い、荘原地区の1路線の終点を変更して再認定するために、一旦廃止することについて、議会議決を求めるものでございます。  審査の結果、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  

出雲市議会 2018-06-11 平成30年度第1回定例会(第1号 6月11日)

初めに、議第7号は、次期可燃ごみ処理施設の送電に伴う系統連系接続工事工事請負契約締結することについて、次に、議第8号は、出雲学校給食センターの食器洗浄システムを購入することについて、議第9号は、はしご付消防ポンプ自動車1台を購入することについて、議第10号及び議第11号は、出雲西地区農地整備事業(県営整備事業)等に伴い、9路線を廃止し、11路線を認定することについて、それぞれ議会議決を求めるものです

大田市議会 2018-03-02 平成30年第 1回定例会(第1日 3月 2日)

また、農業生産の向上を図るため、引き続き県営による整備農道整備を進めるとともに、市内各地で老朽化しているため池や農業用排水施設などの改修整備を計画的に進めてまいります。  畜産業については、この2月に和牛の飼養管理の補完機能や担い手の確保機能を備えた畜産総合センターが本格稼働いたしましたので、利用促進を図り、増頭につながるよう支援をしてまいります。  

雲南市議会 2018-03-01 平成30年 3月定例会(第1日 3月 1日)

続いて、菅谷地区県営整備事業についてであります。  吉田町菅谷地区の整備計画が整い、来年度から事業に着手いたします。1区画の圃場面積をおおむね30アールで整備するもので、全体の事業規模は受益面積が約28ヘクタール、事業費は約6億円、6年での完成を目指し実施してまいります。  続いて、畜産振興についてであります。  

出雲市議会 2018-02-27 平成30年度第4回定例会(第3号 2月27日)

周辺整備事業における主な内容といたしましては、道路整備、河川改修、農林業土地基盤整備、生活環境施設整備などがあり、これまでに排水路整備、農免農道の整備、整備、集会所の新設、スポーツ施設治水記念館の建設などが行われてきたと認識しております。  また、この周辺整備事業につきましては、平成32年度(2020)までの島根県の2分の1の補助を受けて整備をされることとなっております。

益田市議会 2017-03-22 平成29年 3月22日 一般会計予算審査委員会-03月22日−01号

また、それに対して整備等を行いますと、農業用の水路の湖畔や畦畔、それからのり面等の面積が広がってきて、またそこの高低差というのが大きくなっています。委員の言われますとおり、そこの除草作業というのが、農業従事者の高齢化等によって本当に労働力不足、そうしたことで管理作業の省力化というのが求められているところです。