518件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

出雲市議会 2019-12-19 令和元年度第4回定例会(第6号12月19日)

3.議第 66号 工事請負契約締結について(出雲ドーム人工芝張替工事) 第4.意見書第3号 山陰道及び国直轄管理道路の整備に関する意見書    意見書第4号 主要農作物種子法廃止に対する新たな県条例の制定を求める           意見書    意見書第5号 少人数学級編制及び学校司書等配置に係る子ども読書活動推進事業           交付金の継続を求める意見書 第5.議員の派遣について(国際交流促進事業

出雲市議会 2019-09-27 令和元年度第3回定例会(第5号 9月27日)

請願は、斐川郵便局の国際送金が2018年3月末で廃止され、代替サービスである国際送金用ゆうちょ提携カードの利用が大幅に増加し、ゆうちょ銀行のATMが非常に混雑していることから、市と日本郵便締結された包括的連携協定に基づき、市から日本郵便に対し、斐川郵便局における国際送金の復活、ATM増設等を求めるものであります。  

大田市議会 2019-09-25 令和元年第 6回定例会(第5日 9月25日)

防災対策事業で、自治会加入世帯外国人居住者に対しての避難指示の現況の質疑に対しては、未加入者の世帯が多い大田町においては、町を挙げて加入促進の運動を行っておられるところであり、日系ブラジル人が多い外国人の方に対しては、国際交流員のベイガ・ビビアネさんのSNSを通じて避難の呼びかけを行っているものの、ホームページは外国語対応になっていないため、広報と連携して推進していかなければならないと考えているとの

雲南市議会 2019-09-10 令和元年 9月定例会(第4日 9月10日)

議員(10番 藤原 政文君) 嘉本部長地域振興課長時代、国際交流で、私も事務局やってたもんで……(「主査」と呼ぶ者あり)主査時代ですか。失礼しました。嘉本部長の性格も実直で真面目で非常に能力の高い方だということは重々知っております。それで誠実に対応していただきましたので、今もその姿勢であろうと思っております。  ちょっと一つだけ確認。

雲南市議会 2019-09-09 令和元年 9月定例会(第3日 9月 9日)

こういう考え方は世界的にも認められておりまして、世界的に見ますと、1ヘクタール未満が97%、10%未満が87%ということで、世界は2014年を国際家族農業年と認めております。というのは、小農を営んでいるのが家族農業だからであります。同時に、ことしの2019年から向こう10年間を国際家族農業年間としております。

大田市議会 2019-06-21 令和元年第 4回定例会(第4日 6月21日)

今は、従来の物だけではなく、データサービス、また、経営管理などの業種を超えた国際標準化法が非常に進展しているという状況でありまして、それらの急激な環境の変化に対応するために、このたびの法が改正されるということをお聞きしております。以上でございます。 ○議長(石橋秀利) 上西産業振興部長。 ○産業振興部長(上西 宏) 第134号、手数料条例の関係でございます。

出雲市議会 2019-06-20 令和元年度第2回定例会(第5号 6月20日)

私はこんな国際交流の緊張感100%の場面を一瞬にして和ます特技を持っておりまして、英語でマイネーム・イズ・ホンダと言って、「ブン」といってバイクの音を鳴らします。そうすると、オー、ホンダと言ってくれて笑ってくれる。握手をしてくれる。こうやって和ませる。今まで失敗したことはありません。本田宗一郎さんにいつも助けていただいております。

大田市議会 2019-06-19 令和元年第 4回定例会(第2日 6月19日)

具体的には、幼稚園でのいただきます、ごちそうさまといった食習慣に始まり、小学校においては、身近なごみ問題について学習する中で、食べ残しについて考えることや、中学校におきましては、より広い視野に立って、世界各国における食糧自給率や貧困などの国際社会情勢などを扱う中で、食糧問題についてより深く探求するなどの授業を行っております。

大田市議会 2019-06-14 令和元年第 4回定例会(第1日 6月14日)

次に、6月11日、全国815市区出席のもと、第95回の全国市議会議長会定期総会が、東京国際フォーラムを会場に開催されました。  冒頭、本会会長であります山田一仁札幌市議会議長の開会の挨拶の後、来賓として安倍内閣総理大臣大島衆議院議長、伊達参議院議長、石田総務大臣、片山まち・ひと・しごと創生担当大臣の御祝辞をいただきました。  

雲南市議会 2019-06-06 令和元年 6月定例会(第4日 6月 6日)

具体的に言えば、高校生自身がみずからのキャリアデザインのできる力の育成国際的に活躍できる生徒、あるいは科学技術の分野を牽引、さらには地域課題の解決といった各校の人材育成イメージ、これに応じて普通科を類型化し、学びの変化を促してはどうかとの内容でございました。ぜひこの高校改革に対してのこの提言をしっかりと研究して、魅力化の重要ポイントとして高校改革に着手してはいかがでしょうか。

雲南市議会 2019-06-05 令和元年 6月定例会(第3日 6月 5日)

この根っこと翼は私が外に内に橋をかけ、自分の世界を少しずつ広げて育っていくときに大きな助けとなってくれました、後から続きますけども、これは1998年、インドで開かれた国際児童図書評議会の世界大会でビデオ上映をされました上皇后、美智子様の基調講演の一節です。読書への評価は、まさにこれにきわまれりというように私は感じております。  

大田市議会 2019-03-22 平成31年第 2回定例会(第5日 3月22日)

続いて、総務部総務課では、多文化共生事業に対し、事業の趣旨や内容、タブレットやアプリの利用を考えているのかの質疑に対し、この事業は多文化共生社会の実現に向けて取り組むもので、在住外国人への実態把握のためのアンケートの実施や推進計画の策定、国際交流員の配置、講座や交流会の開催などの事業のほかに、外国人対応タブレット端末使用料なども検討しているとの答弁に、外国人に対するアンケート調査やタブレットの活用はなかなか

大田市議会 2019-03-11 平成31年第 2回定例会(第4日 3月11日)

おっしゃいました国からの支援ということでございますが、これにつきましては、自治体国際化協会、CLAIRと申しますけれども、そちらを通じて派遣いただくALTに対して、国の地方交付税措置というものが1人当たり500万円ばかしですが、そういったもので従来からこういった招致事業を続けておるという状況でございます。以上でございます。 ○議長(石橋秀利) 19番、清水 勝議員

大田市議会 2019-03-08 平成31年第 2回定例会(第3日 3月 8日)

日本国際化が日々進展する中、これからの時代を担う子供たちが、外国の人々に対して恐れや偏見などを持たずに同じ人間としてわかり合え、時には議論や励ましを送り合う、そのような関係を結び合えればすばらしいことであると考えます。しかし、日本島国であり、一般的に言って日常的に外国人と接する機会はまだまだ多いとは言えません。

大田市議会 2019-03-07 平成31年第 2回定例会(第2日 3月 7日)

本日は大項目で3つ、1つ目は庁内における人材育成への取り組みについて、2つ目は庁外の人材養成事業について、そして3つ目、国際姉妹都市との今後の関係について質問させていただきます。一括質問答弁方式でお願いをいたします。  まず、庁内の人材育成への取り組みについてですけれども、これにつきましては平成19年9月に策定されました大田市職員人材育成基本方針、この進捗状況について尋ねるものであります。  

雲南市議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会(第6日 3月 6日)

昨年の国際通貨基金の発表では、日本経済はこの先40年でGDPが25%縮小するおそれがあると分析されております。こうした経済縮小にどう対応するかにつきましては、今のところその有効な解決策ということは見出されていないところでございますけれども、人口減少、少子高齢化の流れを食いとめることはもちろん、企業におかれましては、生産性を大きく改善させることが必要であるというふうに言われております。