運営者 Bitlet 姉妹サービス
1629件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-20 出雲市議会 平成30年度第3回定例会(第6号12月20日) 一方、歳入の主なものとして、国庫支出金は、小学校及び幼稚園へのエアコン整備事業に伴う国庫補助金などが、県支出金は、十間川防災安全工事に伴う埋蔵文化財発掘調査県委託金の追加などが計上をされております。  繰越金は、平成29年度(2017)決算に基づく剰余金の一部を、市債は、エアコン整備事業や災害復旧事業などの財源として、所要額がそれぞれ計上をされております。   もっと読む
2018-12-03 出雲市議会 平成30年度第3回定例会(第1号12月 3日) 国庫支出金は、小学校及び幼稚園へのエアコン整備事業に伴う国庫補助金などを、県支出金は、十間川防災安全工事に伴う埋蔵文化財発掘調査県委託金の追加などを計上しています。  繰越金は、平成29年度(2017)決算に基づく剰余金の一部を、市債は、エアコン整備事業や災害復旧事業などの財源として、所要額をそれぞれ計上しています。  次に、歳出の主なものをご説明いたします。  9ページをご覧ください。   もっと読む
2018-11-02 安来市議会 第97回定例会(平成30年・平成31年)開会会議 財源につきましては、公共土木施設災害復旧事業国庫負担金4,935万8,000円、公共土木施設災害復旧事業債3,060万円、一般財源を4万2,000円としております。なお、国庫負担金の対象となります事業費につきましては、工事費の7,400万円の部分となります。 対象災害箇所数ですが、箇所図のとおり、河川5カ所、道路4カ所でございます。  もっと読む
2018-10-15 奥出雲町議会 平成30年第3回定例会(第4日10月15日) 〓歳入〓  歳入決算額148億円の構成比の主なものは地方交付税44.7%、町債12.8%、町税8.3%、国庫支出金7.2%、県支出金7.1%の構成であります。 もっと読む
2018-10-09 奥出雲町議会 平成30年第3回定例会(第2日10月 9日) 保険者努力支援制度とは、医療費適正化や保健事業等に対する取り組みを評価し、基準を達成した保険者に対して国庫補助金を交付する制度です。インセンティブのある仕組みを導入することにより保険者機能の強化を図り、国保の財政基盤を強化することに狙いがあります。 もっと読む
2018-09-27 出雲市議会 平成30年度第2回定例会(第6号 9月27日) 一方、歳入の主なものとして、国庫支出金及び県支出金は、介護保険施設整備費補助に伴う国・県補助金などが、寄附金は、地域福祉やスポーツ振興に関する寄附金が、繰越金は、平成29年度(2017)決算に基づく剰余金の一部が、市債は、災害復旧事業などの財源として、所要額がそれぞれ計上されております。  以上、内容審査の結果、原案のとおり可決すべきものと決定をいたしました。   もっと読む
2018-09-04 出雲市議会 平成30年度第2回定例会(第3号 9月 4日) 次に、防災重点ため池などが危険で被害が起こる可能性があるところを周知すべきとのお尋ねですが、防災重点ため池とは、平成22年度(2010)の県による現地調査で全面改修が必要と判断されたため池のうち、国庫補助事業により計画的に整備を行うとされたため池と、貯水容量5,000立方メートル以上で、かつ、仮に決壊した場合の被害戸数がおおむね10戸以上の重大な被害が想定されるため池を合わせたものであり、市内に33 もっと読む
2018-09-03 出雲市議会 平成30年度第2回定例会(第2号 9月 3日) 防災重点ため池とは、平成22年度(2010)の県による現地調査で、老朽度が高く全面改修が必要とされたため池で、国庫補助事業により計画的に整備を行うとされたため池14か所と、貯水容量が5,000立方メートル以上かつ仮に決壊した場合、被害戸数が概ね10戸以上の重大な被害が想定されるため池、これが27か所ございますが、うち重複が8か所ございます。これを合わせたものが市内に33か所ございます。   もっと読む
2018-08-30 出雲市議会 平成30年度第2回定例会(第1号 8月30日) 国庫支出金及び県支出金は、介護保険施設整備費補助に伴う国・県補助金などを、寄附金は、地域福祉やスポーツ振興に関する寄附金を、繰越金は、平成29年度(2017)決算に基づく剰余金の一部を、市債は、災害復旧事業などの財源として、所要額をそれぞれ計上しています。  次に、歳出の主なものをご説明いたします。   もっと読む
2018-06-28 出雲市議会 平成30年度第1回定例会(第5号 6月28日) 一方、歳入の主なものとして、国庫支出金及び県支出金は、補助内示に伴う追加などが、寄附金は、企業寄附金の追加が、繰越金は、平成29年度(2017)決算見込みに基づく剰余金の一部が、市債は、道路整備事業などの財源として、所要額がそれぞれ計上されております。  以上、内容審査の結果、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。   もっと読む
2018-06-25 雲南市議会 平成30年 6月定例会(第5日 6月25日) 上久野地区水道整備事業1,258万8,000円は、国庫補助金の増額により、平成31年度に予定していた事業を一部前倒しして行うとの説明がありました。  主な審議状況は以上のとおりです。  採決の結果、付託された6議案は、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定しました。以上です。 ○議長(藤原 信宏君) 次に、予算審査特別委員長、14番、安井誉君。 もっと読む
2018-06-22 大田市議会 平成30年第 3回定例会(第5日 6月22日) 国庫支出金の負担金が減額になっている理由について質問があり、マイナス959万2,000円については、国民健康保険事業特別会計の補正に伴い、一般会計からの繰出金の中で国庫負担金である保険基盤安定負担金の減額によるものとの答弁でございました。  次に、歳出についてでございます。  まず、政策企画部所管のまちづくり定住課におけるコミュニティ助成事業350万円です。 もっと読む
2018-06-13 大田市議会 平成30年第 3回定例会(第2日 6月13日) 1984年から2014年度の間に市町村国保の総収入に占める国庫支出金の割合は50%から24%へと半減しました。それによって保険料は上がり続けています。高過ぎる保険料に住民が苦しめられています。  2018年度から国保は都道府県と市町村が共同で運営する、いわゆる国保の都道府県化が実施されました。 もっと読む
2018-06-13 奥出雲町議会 平成30年第2回定例会(第3日 6月13日) 国保の構造的な問題、すなわち高齢者、年金生活者、低収入・無収入者の加入者割合の高まりなどから、国保は社会的弱者の医療制度となり、国庫負担が大きく削減され、国保税は協会けんぽや組合健保の保険料に比べて異常に高過ぎるという根本的問題は、地方団体が一致して国に解決を求め、政府も認めているところであります。全国どこでも国保料、国保税は、健康保険料に比べ2倍以上になっています。 もっと読む
2018-06-11 出雲市議会 平成30年度第1回定例会(第1号 6月11日) 国庫支出金及び県支出金は、補助内示に伴う追加などを、寄附金は、企業寄附金の追加を計上しています。  繰越金は、平成29年度(2017)決算見込みに基づく剰余金の一部を、市債は、道路整備事業などの財源として、所要額をそれぞれ計上しています。  次に、歳出の主なものを説明します。   もっと読む
2018-06-01 浜田市議会 平成30年 6月 予算決算委員会 ◆村武委員 今回の補正が上がってるわけですけれども、こちらのほうの国庫補助基準額の変更等に伴う調整というところと。 あと、この補正額に使われます詳細、詳しいところをお聞かせいただければと思います。 ○道下委員長 子育て支援課長。 もっと読む
2018-03-23 雲南市議会 平成30年 3月定例会(第7日 3月23日) さらに、国庫負担金をもとの負担率に増額することです。ぜひ強く国に声を上げて言っていただきたいと思います。  また、生活困窮者の最後のセーフティーネットである生活保護扶助事業の予算が削減されています。本当に必要な方への支援が求められます。削減ではなく、拡充こそ必要です。  第2に、教育では子供たちの教育環境整備にもっと予算をつけること。 もっと読む
2018-03-22 奥出雲町議会 平成30年第1回定例会(第4日 3月22日) 歳入については、入湯税・地方交付税・総務費国庫補助金の減額理由並びに個人番号カードの交付状況などについて質疑が行われました。  歳出については、次のとおりです。  議会費では、減額理由について質疑がありました。   もっと読む
2018-03-22 大田市議会 平成30年第 1回定例会(第5日 3月22日) 国保問題の解決に必要なのは、国庫補助負担金をふやすことであります。県に対しては、保険料抑制のための独自繰り入れを行うことや、保険料一元化をしないこと、市に法定外繰り入れ解消や徴収強化の圧力をかけないことを求めることが大切であります。  県が運営の主体となる目的は、地域医療構想に基づき、医療費の抑制を図ることであり、大幅な保険料の値上げが懸念されます。 もっと読む
2018-03-13 奥出雲町議会 平成30年第1回定例会(第2日 3月13日) そして、奥出雲町財政にとって最も重要な財源は地方税ですが、実際には限られた地方税額しか得ることができていないので、国からの移転財源、地方交付税、国庫支出金に頼らざるを得ない構造を持っています。また、奥出雲町の予算編成では、地方税と地方交付税を合わせた一般財源の負担額のみを現実の財政支出額とみなしています。 もっと読む