9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

出雲市議会 2018-03-01 平成30年度第4回定例会(第5号 3月 1日)

当時は商売上手な長崎商人が恐らくいろいろなものを売りつけに来たと思います。営業です。オランダの何かを日本人に販売できないか、そんな人もいたと思います。その中から、日本の陶器はすばらしいとなって、オランダ人が持って帰った。ところが、思いもよらない反応があった。ご想像がつくでしょう。割れないように和紙で陶器を包んで、今で言えば古新聞か衝撃緩衝材、あの通称プチプチというものです。

益田市議会 2015-12-10 平成27年12月10日 総務文教委員会-12月10日−01号

この、市のほうでぜひ購入してほしいと言われております文書の歴史的価値でございますけども、これは1つは、中世の益田氏が蔵元と呼ばれる特権商人を置いていたことがわかる資料であるということです。蔵元とは、大名あるいは領主から銭や米を預かって、それを運用して利益を上げます。

雲南市議会 2015-09-09 平成27年 9月定例会(第4日 9月 9日)

武器をつくって日本の経済が成り立つ、そういうことになればまさに私は死の商人をつくり出すのではないかということで大変危惧をしておりますが、市長はどのようにお考えなのか伺いたいと思います。 ○議長(藤原 信宏君) 稲田統括危機管理監。 ○統括危機管理監(稲田 和久君) 武器輸出三原則関係の御質問でございます。  初めに、防衛装備移転三原則について若干触れさせていただきたいと思います。

益田市議会 2012-09-10 平成24年第496回 9月定例会-09月10日−02号

市長も生まれ育った実家も滋賀県というふうに聞いておりますけども、近江商人の力強い心意気を持っておられ、この経済人でも今まであったわけでございますけども、この辺はよく御承知されてのことだろうと思いますけども、地域経済対策についてどう緊急に取り組もうとお考えであるのか、お伺いをいたします。 ○議長(石田米治君) 山本市長。

大田市議会 2011-12-05 平成23年第 5回定例会(第1日12月 5日)

また、長浜は城下町、港町として栄え、近江商人が活躍し、独立経済圏を持つ商業都市になったが、昭和50年ごろは中心商店街が中心性を失っていった。  そして、再起するためには東京や大阪を目指すことはできず、武器、これは資産という表現でございますけれども、は、秀吉であるとの結論になったということでございます。

雲南市議会 2005-09-15 平成17年9月定例会(第3日 9月15日)

独居老人とか私のような断る勇気のない者を保護するため、雲南市に詐欺師や悪徳商人が入ってこられないような対策を講じておいていただきたいものですが、執行部によいお考えがないか伺いまして、私の質問を終わります。 ○副議長(深石 広正君) 番外、速水市長。 ○市長(速水 雄一君) 内田議員から4点御質問いただきました。

益田市議会 2005-06-13 平成17年第433回 6月定例会-06月13日−02号

この松山藩が大阪商人から20万両の借金をした。その借金が返せなくなって、この山田方谷が大阪商人を城に呼んで、借金が返せなくなったから、50年ほど待ってくれと。そのかわり米に頼らない、産業で町おこしをするから理解してくれと、こういうことが始まりだったんです。そのときに、この山田方谷は何をしたかというと、三つぐわをつくったんです、三つぐわ。

  • 1