983件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

奥出雲町議会 2019-12-19 令和元年第4回定例会(第4日12月19日)

令和元年度奥出雲町一般会計補正予算(第3号)提出について  日程第13 議案第82号 令和元年度奥出雲町国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)提出について  日程第14 議案第83号 令和元年度奥出雲町訪問看護ステーション事業特別会計補正予算(第2号)提出について  日程第15 議案第84号 令和元年度奥出雲町公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)提出について  日程第16 議案第85号 令和元年度奥出雲町合併処理浄化槽事業特別会計補正予算

奥出雲町議会 2019-12-10 令和元年第4回定例会(第3日12月10日)

近隣の雲南市における広報の平均ページ数は、先ほど内田議員おっしゃられた33ページでございますが、内容を見てみますと、本町では掲載していないケーブルテレビの番組表が載せてあるほか、出来事やお知らせについて、雲南市合併前の旧6町村単位でバランスよく掲載されているなどの理由から紙面が多くなっていると思われます。

出雲市議会 2019-12-09 令和元年度第4回定例会(第5号12月 9日)

キロしか離れていないというところですが、やはり一番近いコミュニティセンターだからこそ、さまざまな努力といいますか、私たちには経験のないいろんな努力を合併前からされているなというふうに思いました。  印象的で今日言っておきたいのは、防災訓練、市がやる防災訓練以前よりもちょっと緩くなってるんじゃないかと。

出雲市議会 2019-12-06 令和元年度第4回定例会(第4号12月 6日)

本市におきましても、複数の活動組織合併し、広域活動組織となった事例もございまして、今後も各組織から要望あるいは相談があれば、広域化に向けた支援を行ってまいりたいと思っておるところでございます。  3点目、築地景観保全事業の状況、これも5年前からと今の状況ということでお答えをしたいと存じます。  

奥出雲町議会 2019-12-06 令和元年第4回定例会(第1日12月 6日)

令和元年度奥出雲町一般会計補正予算(第3号)提出について  日程第14 議案第82号 令和元年度奥出雲町国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)提出について  日程第15 議案第83号 令和元年度奥出雲町訪問看護ステーション事業特別会計補正予算(第2号)提出について  日程第16 議案第84号 令和元年度奥出雲町公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)提出について  日程第17 議案第85号 令和元年度奥出雲町合併処理浄化槽事業特別会計補正予算

出雲市議会 2019-09-27 令和元年度第3回定例会(第5号 9月27日)

ここには、市が管理する合併処理浄化槽の修繕工事費500万円が計上されております。  内容審査の結果、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  以上、予算特別委員会に付託を受けました案件の審査結果の報告を終わります。 ○議 長(川上幸博君) ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。  質疑はありませんか。                

奥出雲町議会 2019-09-26 令和元年第3回定例会(第4日 9月26日)

議案第67号、令和元年度奥出雲町合併処理浄化槽事業特別会計補正予算(第1号)提出について。議案第68号、令和元年度奥出雲町水道事業会計補正予算(第2号)提出について。  出席委員数、9月13日、13人。9月24日、12人。  審議経過でございます。当委員会では、去る9月13日に執行部課長出席のもと、全体質疑を行い、その後、各小委員会へ審査を付託いたしました。  

奥出雲町議会 2019-09-12 令和元年第3回定例会(第3日 9月12日)

雲南市においては、平成16年11月の合併を前にして地域自主組織を位置づけし、小規模多機能自治、すなわち旧小学校区という小規模ながらもさまざまな機能を持った住民自治の仕組みで市民一人一人の力を発揮し、人口減少、少子高齢化にも対応する仕組みづくりを目指して取り組んでおられます。実に地域によって多種多様な取り組みがされております。これは歴史的な経過もあります。

奥出雲町議会 2019-09-10 令和元年第3回定例会(第1日 9月10日)

これら健全化判断比率は減少傾向にはありますが、県下ではまだ高位置にあり、合併特例による普通交付税額が暫時減額されることと、算定基礎となります人口を求めるための国勢調査が来年度実施され、減少が予想されることから、引き続き、健全で持続可能な財政経営に努めてまいります。  それでは、今回提出いたしました一般会計補正予算案などの概要について御説明申し上げます。  

大田市議会 2019-09-05 令和元年第 6回定例会(第2日 9月 5日)

1市2町の合併によりまして、平成17年の合併でありますけれども、このときには公立小学校は分校1校を含めまして22校の児童数2,000名ありました。中学校においては8校、生徒数約1,200名でありましたが、今では少子化がどんどん進みまして、統合、再編もなされまして、小学校は16校、約1,600名、中学校6校、生徒840名に減少しておる現況でもあります。  

出雲市議会 2019-09-05 令和元年度第3回定例会(第3号 9月 5日)

三つ目、住宅の修繕などの業務は、島根県住宅供給公社が担っていますが、公社に連絡したが来てくれない、合併前は役所からすぐ来てくれたがという声も複数ありました。入居者の問い合わせに対して迅速な対応ができていないと思われます。現状を検証し、改善を図るべきですが所見を伺います。  以上、答弁をお願いいたします。 ○議 長(川上幸博君) 今岡都市建設部長

出雲市議会 2019-09-04 令和元年度第3回定例会(第2号 9月 4日)

この記念碑は、合併前の斐川町におかれまして平成23年(2011)に設置されたということでございまして、遺跡の案内板も備わっているということでございます。  設置の目的は、戦争遺跡を後世に伝えるということでございまして、現在、敷地も含めまして市のほうで管理をしているという状況でございます。  

出雲市議会 2019-09-02 令和元年度第3回定例会(第1号 9月 2日)

議第40号、令和元年度(2019)出雲市浄化槽設置事業特別会計第1回補正予算は、市が管理する合併処理浄化槽の修繕工事費を計上するものです。  次に、平成30年度(2018)の一般会計及び特別会計決算について、ご説明いたします。  歳入歳出決算書の4ページ、決算総括表をご覧ください。  認第1号から認第13号までの一般会計及び12の特別会計決算につきまして、この総括表でご説明いたします。  

出雲市議会 2019-07-02 令和元年度第2回定例会(第6号 7月 2日)

本案件に関しては、旧斐川町において、事業用地内に代償用地を設け、覚書を交わしながら、土地売買契約を未締結のまま、相手方から代償用地の土地代金を預かり金として保管し、さらに、合併時に、出雲市に引き継がないまま、およそ20年が経過したという、非常に不適切な処理が行われていると考えられることから、次の点について、委員会の審査の中で確認を行いました。  

大田市議会 2019-06-28 令和元年第 4回定例会(第5日 6月28日)

次期計画のときに考え始めるということで、合併協議の中で話が出ている。  保険料の均一化が困難な理由としては、医療費の水準が違う、所得格差があるが、方向性としては均一化である。また、子供保険料については、大田市としては、国として制度をつくり、子育て支援として手当てしていただきたいと市長会を通じて要望をしている。法定外の繰り入れのペナルティーはないとの答弁でした。  

出雲市議会 2019-06-20 令和元年度第2回定例会(第5号 6月20日)

常備消防組織体制は、平成17年(2005)の2市4町の合併時に1本部、三つの消防署、二つの分署、一つの出張所、職員定数190人の体制で発足いたしました。  その後、平成22年(2010)に出雲西消防署を新設するとともに、斐川出張所を消防署に格上げいたしました。  また、平成23年(2011)には職員定数を215人とし、現在、1本部、五つの消防署、二つの分署の体制であります。  

大田市議会 2019-06-19 令和元年第 4回定例会(第2日 6月19日)

松江市も益田市も合併のときからそれをやっておられるのですよ。だけえ法律的に無理だったいうことはなかったのですよ、実は、と私は理解します。  出雲市、安来市、雲南のことは、私、今回行ってもおりませんし、調べておりません。近いところからやっていって、益田、松江が出てきましたので、ちょっとお電話をそこへはしてみました。お話を聞いた中では、そんなに無理がいっていないと。

出雲市議会 2019-06-19 令和元年度第2回定例会(第4号 6月19日)

集落営農組織の広域化といいますのは、幾つかの営農組織合併あるいは連携をして営農を行うスタイルでございます。また、法人化をすれば雇用の確保がしやすくなるというメリットもございます。  県や市の補助事業では、集落営農組織の広域化や、あるいは法人化を推進するための経費とか、あるいは広域連携のために必要となる共同利用機械等の購入経費への支援メニュー、こういったものも用意しておるところでございます。