48件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

浜田市議会 2021-12-06 12月06日-05号

この裁判はやっと先月確定をしたそうで、地震後の早い段階で安全な場所への避難が可能だったとの判断原告勝訴で決着をしております。保護者の方々はこの裁判のことではなくて、同じことを繰り返してはならないとの思いから、つらいお立場にありながら小さい命の尊さを訴え続ける活動をされて、市や県に対し防災責任の重さを訴え続けておられました。裁判、最高裁の最後裁判官の言葉では次のような指摘があったようです。

益田市議会 2019-06-28 06月28日-05号

この被害状況については、多くの関連出版物やマスコミの報道でも明らかにされており、特に原告の大半が本名を名乗れぬところに家族被害が如実に示されていると言える。 また、現在の厚生労働省が発行している中学生向け啓発パンフレットには、入所者社会復帰者、その家族への偏見と差別について記述されており、政府自身家族被害を認めている。 

雲南市議会 2019-06-05 令和元年 6月定例会(第3日 6月 5日)

ガイドは原発被害いわき市民訴訟原告団長の方にお願いし、詳しく状況をお話ししていただきました。  一言で言って、まちが死んでいる、多分田んぼや畑が一面にあったであろう田園風景が荒れ地になっている本当に悲しい状況でした。現地の皆さんは、復興の目安となる帰還者数や再開された小・中学校の児童生徒数の少なさに、事故8年後の被災地の厳しさをお話しされました。

浜田市議会 2017-03-03 03月03日-06号

今回の裁判の争点の一つである市議会での説明拘束力があるかについて、第一審の判決においては、市議会全員協議会ですけれども、において浜田市職員が誤った説明をしたというだけで浜田市がこれに法的に拘束されなければならない理由はなく、また相当でもないから原告主張は採用できないとされております。 ○議長西田清久) 森谷議員

松江市議会 2016-09-13 09月13日-03号

この際、原告側が主張していらっしゃいます旧野津家住宅の歴史的・文化財的な価値判断について、裁判において早期に結論が出ればと考えておりまして、今後の裁判において市の判断正当性、これを主張してまいりたいと考えているところでございます。 ○議長山本勝太郎) 野々内議員。 ◆8番(野々内誠) ありがとうございました。

浜田市議会 2016-06-23 06月23日-05号

総務部長植田和広) ただいまは係争中でございまして、費用が最終的に幾らかかるかというのはわかりませんが、浜田市は訴訟費用原告負担とするという判決を求めて争っております。 ○議長西田清久) 森谷議員。 ◆6番(森谷公昭) それはお互いさまだと思うのですけども、自分の部下である当事者をこの前は停職2カ月、2年前、26年ですね。消防署員44人、大量処分ですね。これ久保田市長がされました。

江津市議会 2015-12-21 12月21日-04号

実際に12月1日に国へマイナンバー利用停止や削除を求めてマイナンバー違憲訴訟を起こした原告の中には、会社から提示を求められることもあるマイナンバー通知カードに性別の記載があることから、職場にいられなくなると不安を抱えている性同一性障害の方もいらっしゃると聞いています。また、このカードには目の不自由な方への配慮がないという問題があります。

浜田市議会 2013-12-06 12月06日-05号

鳥取地裁は今年3月、原告が滞納している税金を回収するために、鳥取県が原告預金口座児童手当が振り込まれたその日に預金口座を差し押さえた事案について違法と判断し、鳥取県に差し押さえ金の返還と慰謝料の支払いを命じる判決を下しました。 そこで、年金等も含め、税金国保料等の回収に当たり、浜田市に同様の事例はないのか、伺います。 ○議長原田義則) 企画財政部長

益田市議会 2013-09-09 09月09日-02号

原告のTさんは、病弱な妻と子供の5人の7人家族で、長引く不況で本業の収入が減り、個人事業税など約29万円を滞納せざるを得ない状況になっていました。しかし、県は2008年6月11日、それまで2カ月半にわたり残高が73円となっていた銀行口座児童手当13万円が振り込まれた9分後、預金を差し押さえ、同日中に滞納税金に充当する配当処分を行いました。

雲南市議会 2013-03-05 平成25年 3月定例会(第4日 3月 5日)

これまでの経緯から原告団との基本合意をほごにし、障がいが重くなるほど負担も重くなり、違憲だと言われる応益負担存続は受け入れがたいものであります。  今、国がやるべきは、障害者総合支援法を抜本改正して、障がい者参画のもと新しい法整備を行うことだと考えますが、市長の見解を求めます。 ○議長(深田 徳夫君) 速水市長

出雲市議会 2012-12-19 平成24年度第4回定例会(第6号12月19日)

私たちは、昨晩も島根県民会館島根原発3号機稼働阻止を目指し、島根鳥取の弁護士14名とともに1,000人の原告団成立に向けて第3回の準備集会を開会いたしました。人類へ最後の警告・警鐘たる福島原発事故の教訓をおろそかにしてはならないと思います。法定闘争世論結集に奔走しています。

雲南市議会 2011-06-15 平成23年 6月定例会(第4日 6月15日)

私も原発の1号機、2号機の、活断層があるのでとめなさいという差しとめ裁判原告の一人なんですけれども、最初は活断層ないって言ってたんです。それが2キロになって、それから8キロになって、10キロになって、20キロになって、今はもう22キロなんですよ。そういう活断層がある。それがまたずっとつながって、各断層とつながって大きな地震を起こすと。

松江市議会 2011-03-25 03月25日-05号

解決を待たずに亡くなった原告はすでに10名を超え、解決まで一刻の猶予も許されない。 よって、国におかれては、B型肝炎訴訟の速やかな解決を図るとともに、B型肝炎対策を一層推進するため、下記事項に取り組まれるよう強く要望する。           記1 集団予防接種による注射器使い回しによって被害を受けた者が原告となったB型肝炎訴訟において、一日も早い和解を実現すること。

出雲市議会 2011-03-23 平成23年度第7回定例会(第7号 3月23日)

私は、昭和49年(1974)島根原発1号機稼働以前の昭和47年(1972)当時から松江市の反原発団体参画、40年の市民運動を続け、1・2号機差し止め訴訟原告団で12年有余の裁判闘争も今も闘い続けている身であります。失礼ながら、本陳情団原発ゼロをめざす会がいつ発足されたのか、共同代表責任者舟木健治氏も全く存じあげません。

松江市議会 2011-02-25 02月25日-01号

それを受け、全国原告団は3つの条件を提示して、原則的に和解案を受け入れる方針を固めており、2月15日には次回協議が行われることになっている。 また、県内における陳情提出状況としては、島根県議会に同様の陳情提出されており、昨年の12月17日に採択となっている。 なお、島根県内の市町村では、松江市議会のみの提出となっているなどの説明を受けたところでございます。