1959件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-22 大田市議会 平成31年第 2回定例会(第5日 3月22日) 医療政策課の地域医療確保対策事業1,969万6,000円の中の地域医療提供体制のあり方検討会14万9,000円について、委員は何名かとの質疑に、医師会から3名、島根大学から1名、島根県から1名、市立病院から2名、県央保健所からオブザーバーとして参加いただいている。開業医も高齢化する中、いかに地域医療を守っていくか、31年度、32年度で意見をまとめていただくことになっているとの答弁でした。   もっと読む
2019-03-20 奥出雲町議会 平成31年第1回定例会(第4日 3月20日) 低迷の続く町内景気や人口減少問題、公共施設の老朽化など山積する諸課題に対応しつつ、地方創生をより一層推進するため、国・県の補助事業を有効かつ積極的に活用しながら、景気回復の足取りを確かなものとし、地域活性化対策、定住対策、結婚対策、少子化対策、子育て支援、医療・福祉政策等に取り組む必要性が求められます。  3、審査結果について。   もっと読む
2019-03-20 雲南市議会 平成31年 3月定例会(第7日 3月20日) 消費税は、消費税法第1条において、消費税の収入については地方交付税法に定めるところによるほか、毎年度、制度として確立された年金、医療及び介護の社会保障給付並びに少子化に対処するための施策に要する経費に充てるものとすると定めた目的税であります。社会保障費に充てるための財源で、使途が明確に定まった財源であります。 もっと読む
2019-03-14 奥出雲町議会 平成31年第1回定例会(第3日 3月14日) ちょっと時間があるみたいですので、平成27年度の9月の議会の施政方針で、奥出雲病院のあり方、在宅医療を含めた地域包括ケアのシステムの構築等による適切な地域医療というふうな云々があります。 もっと読む
2019-03-13 奥出雲町議会 平成31年第1回定例会(第2日 3月13日) 国民健康保険制度は被保険者が保険税を納め、医療費負担をお互いに支え合う助け合いの制度であるという趣旨から、被保険者間における負担の公平を図り、国民皆保険の中核となる国保制度を将来にわたって継続可能なものとするためには、一定の収納対策は必要であると考えます。   もっと読む
2019-03-11 大田市議会 平成31年第 2回定例会(第4日 3月11日) ―――――                 議事日程(第4号) 平成31年3月11日(月)午前9時開議  第1 上程議案に対する質疑      議案第 74号 平成31年度大田市一般会計予算      議案第 75号 平成31年度大田市国民健康保険事業特別会計予算      議案第 76号 平成31年度大田市国民健康保険診療所事業特別会計予算      議案第 77号 平成31年度大田市後期高齢者医療事業特別会計予算 もっと読む
2019-03-08 大田市議会 平成31年第 2回定例会(第3日 3月 8日) 新大田市立病院の建設が順調に進めば2020年5月にオープンするということで、大田市民の一人として医療環境、医療の質の向上につながるものと大いに期待しております。  しかし、現在日本の医療を取り巻く環境は、人口減少や医師不足などの問題が山積し、厳しい状況にあります。2002年以降公立病院でさえ運営、経営上の問題から再編や統合により施設数が減少しております。   もっと読む
2019-03-07 大田市議会 平成31年第 2回定例会(第2日 3月 7日) この協議会は、要保護児童や特定妊婦への適切な支援を図るため、児童福祉法の規定により地方自治体が設置に努めることとされているものでございまして、子育て支援課が調整機関の役割を担い、児童相談所、大田警察署、県央保健所、医療機関、民生児童委員、教育委員会を初めとする市の関係部署と連携して対応しております。 もっと読む
2019-03-06 雲南市議会 平成31年 3月定例会(第6日 3月 6日) 一方で、中学校卒業までの子供さんを対象に、医療費を全額無料としているのは雲南市でございます。今後も保険料の支援ではなくて、医療費の無料化を継続することで子育て支援を行っていく考えであります。この点をぜひ御理解を願いたいということでございます。   もっと読む
2019-03-05 雲南市議会 平成31年 3月定例会(第5日 3月 5日) ○病院事業副管理者(秦 和夫君) まず、県内医療機関の医師の状況及び人口10万対医師数での状況についてでありますが、県が毎年実施している勤務医師実態調査では、島根県全体で必要数1,236.6人に対して現員数990人で、充足率80.1%であります。なお、県立中央病院の充足率は84.4%であります。   もっと読む
2019-03-04 大田市議会 平成31年第 2回定例会(第1日 3月 4日) 自死対策につきましては、このたび策定します自死対策計画に基づき、誰も自死に追い込まれることのないまちを目指して、保健、医療、福祉、労働、教育など、さまざまな機関と連携を図りながら取り組みを推進してまいります。  地域医療につきましては、医師不足を背景に、診療所の減少や市立病院の診療科偏在など、医療提供体制の維持、確保にさまざまな課題を抱えています。 もっと読む
2019-03-04 雲南市議会 平成31年 3月定例会(第4日 3月 4日) 政府においては、本年4月、改正入管難民法の施行で受け入れ拡大が見込める外国人労働者の就労や生活のバックアップ、医療機関の体制整備など共生社会の実現に向けた総合的な支援に乗り出すことになりました。  4月の法施行では、高度専門職に限っていた外国人労働者の受け入れが単純労働分野にも拡大されまして、国内はもとより採用した県においても外国人が増加すると見込んでおります。 もっと読む
2019-03-01 江津市議会 平成31年 3月(第1回)定例会 陳情第1号75才以上の医療費窓口負担の原則2割負担に反対する意見書の提出について審査いたしました。  もっと読む
2019-03-01 雲南市議会 平成31年 3月定例会(第3日 3月 1日) 松井事業管理者には、先ほども申し上げられましたとおり医師として34年間、そしてまた初代事業管理者として8年間、この雲南圏域の医療に大変な御貢献をされたところでございまして、心から敬意を表し厚くお礼を申し上げます。   もっと読む
2019-02-28 雲南市議会 平成31年 3月定例会(第2日 2月28日) 今回、斐伊児童クラブの子供さんがけがをなさったというところで、今回、損害賠償額という形で示されていますが、これは医療費とは別のところで、あくまで行政サイド、市サイドの過失があったということで損害賠償が発生したということで、大事には至らず、後遺症もないということは非常に安心はしておるんですが、いわゆる過失があったということになりますと、そういった場所を見過ごしていたという解釈であってもしようがないと思 もっと読む
2019-02-27 雲南市議会 平成31年 3月定例会(第1日 2月27日) 退任されます松井事業管理者におかれましては、医師として34年もの間、整形外科の第一人者としての御功績はもとより、市立病院の初代事業管理者として8年間、雲南圏域の医療の発展に御尽力賜り、心より感謝申し上げます。   もっと読む
2019-02-01 松江市議会 平成31年第1回 2月定例会 地域の医療機関や福祉施設などと連携をさらに強化することにより、地域完結型医療を一層推進していくとの答弁がありました。 次に、各議案審査について御報告申し上げます。 議第3号「消費税法及び地方税法の一部改正に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について」は、質疑はなく、討論では、一委員より、使用料や手数料に10月から消費税増税分が反映される。 もっと読む
2018-12-20 出雲市議会 平成30年度第3回定例会(第6号12月20日) 第3回出雲市議会(定例会)会議録     開 会 平成30年(2018)12月 3日 午前10時00分     閉 会 平成30年(2018)12月20日 午前11時17分 〇議事日程第6号          平成30年(2018)12月20日 午前10時開議 第1.議第 36号 平成30年度(2018)出雲市一般会計第3回補正予算    議第 37号 平成30年度(2018)出雲市後期高齢者医療事業特別会計第 もっと読む
2018-12-17 大田市議会 平成30年第 5回定例会(第5日12月17日) 課税免除に関する条例を             廃止する条例制定について                                [総務教育委員長]      議案第40号 平成30年度大田市一般会計補正予算(第4号)(所管歳出)      議案第41号 平成30年度大田市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3             号)      議案第42号 平成30年度大田市後期高齢者医療事業特別会計補正予算 もっと読む
2018-12-14 雲南市議会 平成30年12月定例会(第7日12月14日) 医療機器8億円投資が5年の償却、南棟が平成33年に、東棟が平成38年に終わるので今がピークであり、順次償却は減ってくるが、15年間の黒字化は難しい。しかし、内部留保資金については蓄積が減らないように努める。現在8,000万円の内部留保のマイナスは、冬場は疾患がふえるので、後半で挽回できるとの答弁でした。   もっと読む