5件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

大田市議会 2019-03-07 平成31年第 2回定例会(第2日 3月 7日)

この状況を見出している要因としては、フルタイム就業が困難なこと、男女給与格差、養育費の支払い率が極めて低いこと、生活保護など公的扶助の受給要件が厳しいことなどが上げられます。結果、未婚を含むひとり親世帯では、就業率が高いにもかかわらず収入が低いワーキングプア状態に陥っています。

益田市議会 2017-03-21 平成29年 3月21日 一般会計予算審査委員会-03月21日−01号

◎斎藤生活福祉課係長 まずは、職員の研修についてなんですけども、過去には公的扶助セミナーというのが年1回、それから全国ケースワーカー会議、それと新たに査察指導員になった方から、県内から限られた人数になりますけども、新規でなられた方優先に全国査察指導員会議ということで、そういった全国規模の会議がございます。

出雲市議会 2006-09-27 平成18年度第2回定例会(第5号 9月27日)

具体的内容として、申請減免制度の周知徹底で滞納を未然に防ぐことや、就学援助、児童扶養手当などの公的扶助を受けている世帯は減免対象とすること、資格証明書の発行は行わないことを求め、少なくとも福祉医療助成制度受給者や病気療養中、または受診の必要のある人の場合には資格証明書の対象から外すことを求めています。  

出雲市議会 2005-09-12 平成17年度第4回定例会(第2号 9月12日)

また、制度改正によりまして、利用者負担を支払うことで著しく生活が困難になる方につきましては、公的扶助などを含めまして、個別にご相談したく考えております。よろしくお願いしたいと思います。  次に、介護事業所への影響についてでございます。  介護サービス提供事業者は、その事業者の規模、サービスの種類、利用者定員などによりまして、職員の配置基準介護報酬が異なっております。

  • 1