2件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

出雲市議会 2015-03-04 平成27年度第5回定例会(第5号 3月 4日)

したがって、こうした国、あるいは県の考え方を見ますと、この利益還元納付金というのはあくまでも利益が生じた場合と、しかも過大な利益が生じた場合のみに支払うというのが県、そしてまた国の公権解釈ではないかというふうに私は思っております。  逆に言えば、利益が生じていない場合につきましては、当然還元納付金を支払わせることができないというのが国と県の公権解釈ではないかというふうに、私は思っております。  

大田市議会 2005-12-16 平成17年第 3回定例会(第5号12月16日)

この10条から22条は、日本国憲法の第13条の幸福追求権平等法律によらない逮捕、拘禁、自白の強要の禁止プライバシー権利通信の秘密良心の自由宗教自由、言論、出版結社の自由学問の自由などが公権力によって侵害された場合のすべてを救済対象とします。非常に網羅的になっています。  なお、韓国での私人の人権侵害は平等権侵害の差別行為に限定されております。  

  • 1