830件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

奥出雲町議会 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第2日 3月13日)

空き家などの所有者が高齢者の入居を拒まない、2つに床面積25平方メートル以上、3つに耐震性があることなどを条件に都道府県に届け出て、低所得者の家賃補助や連帯保証をする会社に債務保証料も助成する制度であります。こうした空き家活用登録制度活用推進についてお伺いをいたします。 ○議長(岩田 明人君) 勝田町長。 ○町長(勝田 康則君) 御質問にお答えをいたします。  

大田市議会 2019-03-11 平成31年第 2回定例会(第4日 3月11日)

13ページの仁摩老人福祉センターびしゃもん管理料の債務負担行為の補正が上がっております。ここで、びしゃもんはレジオネラ菌の対策費と、それから、今度の補正は、17ページの23番に、西部地震による浴場休業期間の収入補填ということで、81万9,000円が上がっております。

大田市議会 2019-03-04 平成31年第 2回定例会(第1日 3月 4日)

一般会計の新規の債務負担行為でございます。お示しをしておりますように、西部消防署庁舎新築整備事業の給水施設工事負担金でございまして、期間は平成32年度、限度額を2,544万4,000円とするものでございます。  続きまして、2ページでございます。国民健康保険事業特別会計の新規の債務負担行為でございます。

雲南市議会 2018-12-14 平成30年12月定例会(第7日12月14日)

初期投資で必要となるパンフレット作成費やホームページ、予約申し込みシステム、職員研修費など、おもてなし向上にかかる費用は、健康づくり拠点整備事業、B&Gが指定管理者となっていますが、そのような前例を踏まえて、市の予算が必要ではないかとの意見に対し、予約システムは債務負担で本定例会に提案しているが、パンフレット等の市の負担分については次年度の予算で検討、対応したいとの答弁でした。  

出雲市議会 2018-12-10 平成30年度第3回定例会(第5号12月10日)

そういったことで先ほど答弁もございましたけれども、やはりこの間も新聞に出ておりましたように、旧日本道路公団の借金を返済して、いわゆる独立行政法人日本高速道路保有・債務返済機構に1兆円を低利で融資すると、そうした借金の利払い分約7,000億円を整備費に回すと、こういうことでございますね。

大田市議会 2018-12-06 平成30年第 5回定例会(第2日12月 6日)

その上で、必要に応じまして保険料の減免などの手続、また相談内容の状況によっては債務整理相談の紹介など、負担軽減につながるよう丁寧な対応に努めておりまして、今後におきましても同様に対応してまいりたいというふうに考えております。 ○議長(石橋秀利) 15番、大西 修議員。 ○15番(大西 修) ことしの4月から都道府県化が始まりました。

出雲市議会 2018-12-06 平成30年度第3回定例会(第3号12月 6日)

さらにということにつきましては、国のほうでも債務負担行為を検討するというようなお話も聞いておりますので、そうした動向も見ながら、できる限り働き方改革等に資するやり方を検討してまいりたいというふうに思います。 ○議 長(福代秀洋君) 西村議員。 ○17番(西村 亮君) おっしゃることはよく分かりました。ただ私が申しあげるのは、やはり相手の立場に立った発注の仕方というものをぜひ望むわけです。

雲南市議会 2018-12-06 平成30年12月定例会(第6日12月 6日)

平成30年一般会計補正予算(第3号)の質疑の折に、藤原信宏議員から債務負担行為の変更について御質問をいただきました。その答弁の際、平成30年の設定割合を9カ月、31年を5カ月というふうに答弁をいたしましたけれども、正しくは9カ月と3カ月でございました。おわびを申し上げまして、訂正させていただきたいと思います。申しわけありませんでした。 ○議長(山﨑 正幸君) 梅木教育部長。

雲南市議会 2018-12-04 平成30年12月定例会(第4日12月 4日)

まず、学校給食センター整備事業が約10億4,300万円、永井隆記念館整備事業が2億5,600万円、280メガヘルツデジタル同報無線整備事業が10億300万円、加茂バスストップスマートインターチェンジ整備事業1億5,200万円、木次こども園建設事業7億4,300万円、食の幸発信推進事業7億円、エネルギーセンター施設改修事業6億3,000万円、それから清嵐荘整備事業、こちらは今議会の補正予算で来年度の債務負担額

大田市議会 2018-12-03 平成30年第 5回定例会(第1日12月 3日)

続きまして、14ページ、債務負担行為の補正でございます。介護保険事業特別会計分の追加でございます。一般案件で議案を上程しております指定管理者の指定のうち、指定管理料を伴うものにつきまして追加をするものでございます。  施設につきましては、祖式町にございますいきいき工房祖式でございます。

浜田市議会 2018-12-01 平成30年12月 予算決算委員会

◆西川委員 債務負担行為のほうで、土砂災害特別警戒区域内住宅補強支援補助金、説明シートはございません。レッドゾーンの指定に伴いまして補助をする内容ですが、事業費のほうが3件分を計上されておられますが、レッドゾーンの対象になる家屋たくさんあるんじゃないかと思うんですが、その3件を算定された理由についてお伺いします。 ○道下委員長 維持管理課長。

出雲市議会 2018-09-27 平成30年度第2回定例会(第6号 9月27日)

これは、平成31年度(2019)当初から発生する委託業務について、入札事務等の執行期間を確保するため、債務負担行為を設定するものです。  内容審査の結果、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  以上、予算特別委員会に付託を受けました案件の審査結果の報告を終わります。 ○議 長(福代秀洋君) ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。  

大田市議会 2018-09-27 平成30年第 4回定例会(第5日 9月27日)

まず、市営住宅における収入未済額でありますが、督促以外の法的手段もとるべきではないかという御意見でございまして、市営住宅使用料は、市債権であり、強制徴収権がないので、債務者の状況を考慮しながら、夜間徴収や御相談に応じるなど、お支払いいただける範囲内でお支払いいただいている。  

奥出雲町議会 2018-09-21 平成30年第3回定例会(第1日 9月21日)

次に、10ページ、債務負担行為の表について、ごらんをいただきたいと思います。これはごらんをいただきたいと思います。  次に、13、経常収支比率につきましても、先ほど御説明がありましたので、省かせていただきます。合計で86.3%となっておりまして、繰出金が大きく減っております。これも説明があったとおりでございます。  次に、14、町税の徴収状況についてでございます。

雲南市議会 2018-09-03 平成30年 9月定例会(第1日 9月 3日)

───────────────────────────────  議案第69号 権利の放棄について     ───────────────────────────────  これにつきましては、業務委託の受注業者の破産に伴う契約解除によりまして発生いたしました違約金につきまして、債務者の破産手続が完了いたしましたことから、権利の放棄を行うものでございます。  

大田市議会 2018-09-03 平成30年第 4回定例会(第1日 9月 3日)

債務負担行為の補正でございまして、一般会計分の追加でございます。  まず、元号を改める改元に伴います各種システム改修経費でございまして、住民システムほか10システム分でございます。改元が来年5月とされておりますので、早期に対応する必要があるため、債務負担を設定するものでございまして、限度額を423万3,000円とするものでございます。  

安来市議会 2018-09-01 平成30年第 96回 9月定例会

議第77号平成30年度安来市一般会計補正予算(第3号)について、歳入及び債務負担行為、地方債補正への補足並びに追加説明を受けた後に審議し、歳出も款別に補足説明を受けた後に審議を行いました。 審議内容の主なものは、第2表の債務負担行為補正の限度額欄になぜ金額を入れないのかとの質問に対しては、従来損失補償はこの方法でお願いしている、損失補償は事業額を市が直接補償するものではないとの答弁でした。

江津市議会 2018-09-01 平成30年 9月(第3回)定例会

当事業費は、風の国の債務超過を回避し、来年3月末まで営業を継続するためのものです。しかし、予算委員会での審査では、3月末まで営業を続けた場合と、9月末で営業を終了した場合では、後者のほうが財政的負担は少ないとの明確な答弁があり、後に担当課に確認したところ、その差額は1,000万円以上にまで上るということでした。