2530件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

奥出雲町議会 2021-03-19 令和 3年第1回定例会(第4日 3月19日)

総務費について、情報発信事業41万5,000円、空き家対策推進費補助金586万円、業務委託料380万2,000円、情報通信協会補助金6,340万3,000円、地域おこし協力隊2,600万円、公共施設等総合管理計画改訂業務委託料550万円、生活バス路線通行費補助4,337万5,000円、UIターン検討者短期就業体験支援事業30万円、住宅整備支援事業1,500万円、特定地域づくり事業費515万8,000

奥出雲町議会 2021-03-12 令和 3年第1回定例会(第3日 3月12日)

国の結婚生活支援事業につきましては、新規に婚姻した世帯に対する住宅取得費用、または住宅賃借費用及び引っ越し費用に係る支援をするものです。補助率につきましては、国が2分の1の補助となっております。1世帯当たり30万円が補助限度額となっております。令和年度から対象要件のほうが拡充されまして、婚姻日の年齢が夫婦共に39歳以下に、世帯所得が400万円未満になります。

奥出雲町議会 2021-03-11 令和 3年第1回定例会(第2日 3月11日)

事業内容としては、各加入者に送信するセンター局側の設備や加入者宅の外部に取り付けているONU機器更新を行い、また、加入者の皆様の住宅内に設置しております告知放送やインターネットに利用する多機能端末機器についても、設置してある機器状況を見ながら更新をしておるところでございます。  

奥出雲町議会 2021-03-02 令和 3年第1回定例会(第1日 3月 2日)

住宅整備支援事業につきましては、子育て世代転出防止UIターン促進のため、令和年度から実施しており、これまで48件の支援を行いました。内訳といたしまして、新築19件、増改築22件、空き家購入7件という実績で、そのうちUターン7件、Iターン8件となっております。この結果から、本事業により定住促進だけではなく、住宅投資による地域経済への波及効果などにも一定効果があるものと考えております。

雲南市議会 2020-12-22 令和 2年12月定例会(第5日12月22日)

議案第107号、公の施設指定管理者指定雲南市営改良住宅雲南特定公共賃貸住宅雲南定住促進住宅について。指定管理料の増額の根拠、定住促進住宅木次団地の現在の入居状況と今後の対応はとの問いに、指定管理料の増は修繕費の増によるもの。木次団地は現在8戸在住である。昨年度のところで全世帯に向け退去のお願いをしている。退去期限令和年度末で、その後は解体撤去を予定している。

奥出雲町議会 2020-12-18 令和 2年第4回定例会(第4日12月18日)

土木費若者定住向き賃貸住宅負担金557万7,000円について、空き室が当初予算時点の見込みより増えたことによる補正。今年度当初は12戸ぐらいの空き室を見込んでいたが、現在は30戸程度に増えているなどの確認公社佐山団地火災修繕費73万2,000円について、二階建ての建物の1階部分で、調理用電熱器での調理中、高温により油が発火した。

雲南市議会 2020-12-14 令和 2年12月定例会(第4日12月14日)

一方で東京圏への一極集中という全国的な流れもあって、就職、結婚住宅等を理由に特に若い世代転出超過に歯止めがかからなかった状況から、人口社会増の目標については達成できなかった状況にあります。しかしながら、これまで定住基盤整備と人材の育成、確保に関する様々な施策を着実に進めてきたことにより、10代未満と30代の社会増減がプラスに転換するなど一定の改善が見られております。  

江津市議会 2020-12-10 12月10日-03号

建築住宅課につきましては、建築確認申請111件、建築工事概要書閲覧申請60件。 商工観光課につきましては、プレミアム付商品券など156件。 農林水産課につきましては、森林の土地所有者届け120件、農地法関係240件です。 地域振興課につきましては、移住・定住関係82件。 政策企画課につきましては、国土利用計画法に基づく土地売買等届14件です。 

雲南市議会 2020-12-10 令和 2年12月定例会(第2日12月10日)

国が新婚夫婦住宅取得費用など新生活支援をする結婚生活支援事業結婚助成金)があります。この助成金は、平成30年度少子化対策の一環として導入された事業で、新婚世帯対象家賃引っ越し費用など補助されるもので、1世帯当たり上限30万円が支給されています。この助成金がもらえるのは、支援事業を実施している自治体に住み、新たに婚姻届を提出した夫婦に限られています。

雲南市議会 2020-12-09 令和 2年12月定例会(第1日12月 9日)

1、指定管理を行わせようとする公の施設名称雲南市営改良住宅雲南特定公共賃貸住宅雲南定住促進住宅2、指定管理者となる団体、島根松江市古志原四丁目1番1号、島根住宅供給公社理事長松本功。3、指定する期間、令和3年4月1日から3年間。令和2年12月9日提出、雲南市長原仁史。  次に、108号でございます。1、指定管理を行わせようとする公の施設名称雲南幡屋体育館

大田市議会 2020-12-09 令和 2年第 10回定例会(第2日12月 9日)

もっともっと丁寧な答弁かな、詳しい答弁かなと思いましたけれども、実は祖式教員住宅は私がお世話しました。井田小学校教員住宅も私がお世話しました。今、管財のほうで、実はその温泉津の教員住宅をどうかしてやろうといって頑張ってもらっているんですが、これが地籍調査をしないと切り売りできない。広大な1区画にあって、解体費を賄うためにでも賃貸で出していただけるよう、今検討していただいております。  

松江市議会 2020-12-08 12月08日-03号

議員おっしゃったように、9月7日に通過した台風10号の影響による潮位の上昇、多量の漂着ごみが岸壁を越え、市道や住宅敷地内にまで漂着ごみが飛散したというところでございます。 これによって、9月7日、8日の2日間にわたり地域住民45世帯の方の御協力の下、水産振興課島根支所地域振興課、こちらのほうで、まず流木などの大きな漂着ごみ切断作業を行いました。

奥出雲町議会 2020-12-08 令和 2年第4回定例会(第2日12月 8日)

現在、小学校8校、中学校3校と人口規模と比較して多くの小・中学校を擁していますが、小規模校区に優先的に町営住宅を建設することで、小規模校区の縮小を防いでいるといいます。これらの町営住宅は、UターンIターン希望者のうち特に子育て世代を優遇することで全室即入居者が埋まる状況で、過去5年間で全ての小学校児童数が増加し、当然のことながら人口が増えてきているとのことであります。  

益田市議会 2020-12-07 12月07日-03号

市長山本浩章君) 議員御案内のアンダンチは、民間の事業者が同じ敷地内に保育園、障害者就労支援事業所サービス付き高齢者住宅などを整備し、子供から高齢者まで様々な人が集い、つながりを持ちながら生活する、これまでにない新たな取組であると認識しております。また、こうした幅広い機能を有する施設は、利用者交流促進やにぎわいの創出など、施設感相乗効果を生み出すことができるものと考えます。 

安来市議会 2020-12-04 12月04日-03号

そうした中で、平成27年度から住宅取得等に対する助成金制度として、空き家改修への補助中古住宅取得支援家賃助成などの定住促進支援事業や三世代世帯定住促進支援事業なども行ってこられましたが、平成29年5月末で予定件数に達したとのことで受付を終了されました。 そこで伺いますが、安来市における定住促進支援としての助成金制度は、現在どのようなものがあるのか伺いたいと思います。

浜田市議会 2020-12-04 12月04日-05号

議員ご指摘のように、子どもの医療費無償化を高校生までやってるところもあれば、若者向け住宅を建設して、若者を呼び込もうとしてる自治体もございます。いろんな様々な施策をやっておりますけれども、私の認識では、その多くの自治体でいろんな施策はやってるけれども残念ながら少子化の解消は進まないと、こういった状況にあるわけであります。