1242件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

出雲市議会 2019-06-18 令和元年度第2回定例会(第3号 6月18日)

兵庫県養父市におかれましては、平成30年(2018)5月から公共交通空白地有償運送制度とあわせまして、国家戦略特区制度を活用して、地元タクシー会社3社と観光協会などで構成するNPO法人が、自家用自動車を用いて、市民はもとより、先ほど申しましたように、観光客も対象とした運送を実施されております。

出雲市議会 2019-06-17 令和元年度第2回定例会(第2号 6月17日)

これで、例えば1戸あたり3,000円を払っていたとしますと、管理している会社というのは、それだけしかいただけないわけです。24戸分本来はあるべきものが、12戸あるいは20戸分しかもらえないということになってしまう。  これを例えば出雲市が24戸分最低限の固定価格で契約したとするならば、3,000円よりも安くできると私は考えております。

大田市議会 2019-03-22 平成31年第 2回定例会(第5日 3月22日)

そこでの地域の皆さんからの声として、町内だけでなく市外の病院や買い物、市役所等にも足を運びたいとの要望がたくさん寄せられ、地域や担当課も交え、公共交通機関への働きかけを行う中、全体での訪問要請は市内のタクシー会社には3回、石見交通本社にも3回、それ以外にも何度となく地域の方々や市が要望活動する中、6月の協議から5カ月余り過ぎた11月にやっと試験運用が可能となり、実証試験が開始されました。

奥出雲町議会 2019-03-14 平成31年第1回定例会(第3日 3月14日)

ただ、もう一歩そうした募集相手に対して説得なりする上において、会社であったりする必要もあるかもしれません。そうしたときには、そうしたいわゆる部長、班長という立場ではなくて、やはり時によっては町長にかわる人、あるいは団長にかわる人、そうした方が必要になってくるということもあり得るということでございます。  

奥出雲町議会 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第2日 3月13日)

議員(4番 土屋 武雄君) 次に、第2項目めは光ファイバー網の進んだ、そして株式会社セラクさんも営業されている本町での情報通信技術、ICTの活用による効率農業についてどのようなことが考えられるかを伺います。 ○議長(岩田 明人君) 勝田町長。 ○町長(勝田 康則君) 御質問にお答えをいたします。  

大田市議会 2019-03-11 平成31年第 2回定例会(第4日 3月11日)

当然、株式会社ですから、それなりの蓄えが私はあるのだと思うのです。そういう状況等について、どういうような調整されたのか、少し、もう少し詳細な内容を求めます。当然私は定額割になっておるわけですから、そういう視点からは、私は行政側としては求めてもいいのではないかなと思うのです。かつて私が外郭団体でありました三瓶保養施設管理公社、役員もしておりました。

大田市議会 2019-03-08 平成31年第 2回定例会(第3日 3月 8日)

そして今回の施政方針では、新年度から石見銀山テレビ放送株式会社と一体になって計画的に光ケーブルの敷設を進め、市内の通信環境の充実を進めてまいりますと具体的に敷設計画について明言されました。  現在光ケーブルが整備されていない地域市民にとっては朗報であり、大変重要なインフラ整備の一つとして理解し、賛成はします。  

大田市議会 2019-03-07 平成31年第 2回定例会(第2日 3月 7日)

還元するポイントの原資はカード会社など、決済事業者に対して国が補助することになっておりますが、還元されたポイントを消費者が使わなければ、補助金が丸々決済事業者に転がり込むことになります。中小企業対策どころか、カード会社などを喜ばせる仕組みは大問題であります。プレミアムつき商品券の発行も現金で買う分が商品券に置きかわるだけで、消費対策効果には疑問が続出しています。  

雲南市議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会(第6日 3月 6日)

先般、ホシザキの株式会社の会長がお見えになって、いろいろ講演があったところでございますけれども、その会長の言にも、今後の日本社会を維持していくためには、長期的にというよりも、短期的にそういった国策がとられなければ、日本は沈没するというお話がございました。また、まさに現時点もそのしかりというふうに受けとめた次第であります。

大田市議会 2019-03-04 平成31年第 2回定例会(第1日 3月 4日)

情報通信網につきましては、災害時に確実かつ安定的な情報伝達環境を確保すること、また、さらなる定住対策や地元企業のビジネスチャンス、IT系企業の誘致につなげていくため、新年度から石見銀山テレビ放送株式会社と一体となって、計画的に光ケーブルの敷設を進め、市内の通信環境の充実を進めてまいります。  

雲南市議会 2019-03-01 平成31年 3月定例会(第3日 3月 1日)

1つ目は、本年7月開園に向けて、株式会社ニチイ学館企業主導型の保育園である仮称でございますニチイキッズ島根うんなん保育園を、木次町山方地内において定員18名でゼロ歳から2歳受け入れる施設建設をいただいているところでございます。提携された市内の企業の従業員の皆さんが利用できるほか地域枠が設けられ、市民が利用できることも可能となる見込みでございます。  

雲南市議会 2019-02-28 平成31年 3月定例会(第2日 2月28日)

平成29年度、指定管理料が87万1,000円でしたが、新年度予算では恐らく324万7,000円なのかなと推定しておりますけども、そもそもこの民間会社が1,300万からの赤字計上になっているときの指定管理料、この考え方について御説明をお願いいたします。 ○議長(山﨑 正幸君) 内田産業観光部長

雲南市議会 2019-02-27 平成31年 3月定例会(第1日 2月27日)

一方、財団法人日本総合研究所日本ユニシス株式会社総合技術研究所による本年度の47都道府県幸福度ランキングでは、島根県が総合8位、県内8市の中で雲南市がトップでありました。特に家族地域の結びつきが強く、若者の失業率の低さや高齢者福祉活動などが盛んであるとの評価をいただき、1月10日の地元紙で報道されたところであります。

大田市議会 2019-01-21 平成31年第 1回臨時会(第1日 1月21日)

○1番(林 茂樹) 済みませんけれども、1点ほど先ほどちょっと説明がなかったんでお聞きしたいんですが、これだけの大量のエアコンを設置する場合に維持管理費としては電気代がかなりかかるというふうに感じておりますけれども、これについてやっぱり今電力会社さまざまなサービスの中で電力の低下ということを訴えてきておりますけれども、そこの辺についての考え方。

出雲市議会 2018-12-20 平成30年度第3回定例会(第6号12月20日)

地方ローカル線」の維持・存続に関する意見書  2018年3月末をもって三江線が廃止をされました西日本旅客鉄道株式会社の三江線廃止提案に対し、沿線自治体が重ねて三江線の維持・存続を求めてきたにもかかわらず、その意向が受け入れられなかったことは残念でなりません。  昨年4月のJR発足30年にあたり、JR西日本はローカル線の見直しが不可避とのコメントを発しました。