515件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

奥出雲町議会 2019-12-19 令和元年第4回定例会(第4日12月19日)

水は人権であり、自治の基本です。日本水道事業は明治20年、横浜から始まり、水道の布設、運営は自治体が担うべきという、水道法の前身である水道条例に定められていました。終戦直後には30%だった水道の普及率は、今では98%を超えています。世界有数の飲める水道水を誇っています。自治体責任を持って水道水を運営することで、憲法25条の生存権の一つである公衆衛生保障されています。  

雲南市議会 2019-12-10 令和元年12月定例会(第3日12月10日)

そのとおりならやや安心ですが、それにしても人権が叫ばれる世の中ですのにいじめが多過ぎませんか。本当に大丈夫でしょうか。雲南市内ではいじめの状況、どのようになっておりますでしょうか、伺います。  4番目の質問は、高齢化社会への行政対応について伺います。  去年の3月議会でも、この項目の質問をしております。

大田市議会 2019-12-06 令和元年第 7回定例会(第3日12月 6日)

このように、発達段階に応じて目標を定め、小学校中学校高等学校と系統的に本講座を受講していくことは、高齢者へのかかわりについて学ぶだけでなく、子供たちが他者理解を深め、人権意識を高めていく上でも重要なことであると考えております。子供たちが共生社会を築き、みずからがよりよく生きていくためにも、本講座は有益なものと考えますので、引き続き校長会等を通じて取り組みを働きかけてまいります。

奥出雲町議会 2019-09-26 令和元年第3回定例会(第4日 9月26日)

その評価の基準は、第1に、憲法が定める生存権財産権幸福追求権などの基本人権を町政が保障しているのか、第2に、地方自治法が規定する住民の福祉の増進という自治体の役割を町政が発揮しているのか、ここに立脚し、物差しを置くべきであります。この立場から討論を行います。  まず、一般会計歳入歳出決算についてであります。  

大田市議会 2019-09-25 令和元年第 6回定例会(第5日 9月25日)

生活保護制度のさらなる改悪は、憲法保障した人権国民から奪い取り、あらゆる福祉制度を後退させるものにほかなりません。  よって、本議案には賛成できません。議員各位の御賛同をよろしくお願いいたします。 ○議長(石橋秀利) 以上で通告による討論は終わりました。  ほかにありませんか。               

雲南市議会 2019-09-10 令和元年 9月定例会(第4日 9月10日)

議員(9番 佐藤 隆司君) 人権定義はどう捉えていらっしゃいますか。 ○議長(山﨑 正幸君) 内田総務部長。 ○総務部長(内田 孝夫君) 人権につきましては、平成11年の人権擁護推進審議会答申におきまして、人々が生存と自由を確保し、それぞれの幸福を追求する権利というふうに定義されておりまして、雲南市人権施策推進基本方針の中でも基本的な理念として上げております。

奥出雲町議会 2019-09-10 令和元年第3回定例会(第1日 9月10日)

令和元年度奥出雲町農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)提出について  日程第19 議案第67号 令和元年度奥出雲町合併処理浄化槽事業特別会計補正予算(第1号)提出について  日程第20 議案第68号 令和元年度奥出雲町水道事業会計補正予算(第2号)提出について  日程第21 議案第69号 奥出雲町町道路線の変更について  日程第22 議案第70号 奥出雲町町道路線の認定について  日程第23 同意第4号 人権擁護委員

雲南市議会 2019-09-05 令和元年 9月定例会(第1日 9月 5日)

の推薦につき意見を求めることについて 諮問第 4号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて 諮問第 5号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて 諮問第 6号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて 報告第 13号 雲南市土地開発公社の経営状況の報告について 報告第 14号 雲南都市開発株式会社の経営状況の報告について 報告第 15号 株式会社キラキラ

出雲市議会 2019-09-02 令和元年度第3回定例会(第1号 9月 2日)

について    認第 13号 平成30年度(2018)出雲市廃棄物発電事業特別会計歳入歳出決算           認定について    認第 14号 平成30年度(2018)出雲市水道事業会計決算認定について    認第 15号 平成30年度(2018)出雲市病院事業会計決算認定について 第6.決算特別委員会の設置 第7.諸般の報告    (1)決算特別委員会正副委員長の報告 第8.諮第  1号 人権擁護委員候補者

出雲市議会 2019-06-20 令和元年度第2回定例会(第5号 6月20日)

女性が活躍する社会というのは、先ほどお話ございましたように、性別役割分担をなくし、家庭地域などあらゆる場において男女人権が尊重され、就業の場においては、男女がともに多様な働き方を実現できる社会だと考えております。  最近の動きとしては、国においては、女性活躍の後押しとなる時間外労働の上限規制、年次有給休暇の取得推進等、働き方改革関連法が法制化をされたところであります。

大田市議会 2019-06-19 令和元年第 4回定例会(第2日 6月19日)

当市としては、食品ロス削減に関する啓発活動は重要であると認識をしておりまして、これまで人権推進課に配置しております消費生活専門相談員が自治会の集まりや各種団体が実施される研修会にあわせて出前講座を開催をし、消費者庁で作成されたリーフレット等を活用して、食べ残しを減らす取り組みや使い切れる分だけの食材を購入するなど、家庭での食品ロスを削減するための啓発活動を実施しているところであります。  

雲南市議会 2019-06-04 令和元年 6月定例会(第2日 6月 4日)

特に嘱託ですけれども、定住推進、人権指導、レセプト点検、生活保護就労、歯科衛生、母子保健コーディネーター、児童養育相談、母子・父子自立支援産業振興センター、社会教育指導教育支援コーディネーター、それから先ほど言った保育士幼稚園講師、それから校務技師に学校調理員等々、非常に多種にわたっています。

大田市議会 2019-03-22 平成31年第 2回定例会(第5日 3月22日)

レストハウスの指定管理者の指定について      議案第114号 北の原キャンプ場の指定管理者の指定について      議案第115号 大田市葬斎場の指定管理者の指定について      議案第116号 市道路線の認定及び変更について  第3 市長提出議案(人事案件)上程[提案理由説明・質疑・討論・表決]      議案第117号 教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて      議案第118号 人権擁護委員候補者

雲南市議会 2019-03-20 平成31年 3月定例会(第7日 3月20日)

議案第83号、平成31年度雲南市一般会計予算について、市民の暮らしを守るためとし、消費税増に伴う公共料金の値上げ、国民健康保険料の一般財源充当による引き下げ、農業施設、まちづくり施策、人権教育施策などの拡充をすべきであるとした反対討論がありました。採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決定をいたしました。  

奥出雲町議会 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第2日 3月13日)

松江地方法務局は、平成28年6月28日付で奥出雲町の学校でいじめによる人権侵害があったと認定し、当時の校長に説示、つまりわかりやすく説き示す、反省を促す措置をとりました。説示は元校長に、対処が必要ないじめ事象は発生していないと軽信し、軽々しく信じ込んで教職員らと十分に情報共有し対処の要否を検討せず、新たないじめの発生を防止する十分な措置を講じなかったと、人権擁護上看過できないとしました。

大田市議会 2019-03-07 平成31年第 2回定例会(第2日 3月 7日)

次に、子供人権問題の解決について移ります。  子供たちが心身ともに健やかに育つことは市民全ての願いであり、子供は人格を持った一人の人間として尊重されなければなりません。しかし、現実には、子供は未完成な存在として考えられ、権利主体として尊重されなかったり、人間としての尊厳が傷つけられたりすることがあります。