563件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

松江市議会 2022-12-04 12月04日-04号

脳卒中や交通事故などによる脳の損傷が原因で、脳の機能のうち言語や記憶、注意、情緒といった認知機能に起こる障がいを高次脳機能障がいといいます。注意が散漫になり、怒りっぽくなる。記憶が悪くなる。段取りが悪くなるなどの症状があり、全国で50万人ぐらいいると推計をされております。松江市では高次脳機能障がい者は何人ぐらいおられるかお伺いをいたします。 

浜田市議会 2021-12-06 12月06日-05号

なお、野生のイノシシ死亡個体が発見された場合には、交通事故等の外傷がない場合は島根県西部農林振興センターに連絡し、現場確認により疑わしいと判断された場合に限って、川本畜産保健衛生所で検査を行う体制をとっております。今のところ、病気と疑われるようなイノシシの不審死の情報は入っておりませんが、引き続き情報収集と迅速な連絡体制の構築に努めてまいりたいと思います。 ○議長(川神裕司) 永見議員

松江市議会 2021-09-11 09月11日-04号

もちろん、目的として後続車等のあおり運転防止もありますが、あわせて職員安全運転意識及び運転マナー向上並びに交通事故発生時における責任の明確化、事故処理の迅速化のためにも公用車へのドライブレコーダー設置に向けて推進すべきであると提案をいたしますが、松江市の公用車への設置搭載の現況と今後設置に向けて松江市はどうお考えなのか、推進するお考えなのか見解を求めたいと思います。 

松江市議会 2021-09-09 09月09日-02号

6月議会でも取り上げさせていただきましたが、大津の保育園児の散歩コースの交差点での死亡事故や、児童生徒の登下校中での交通事故対策など、子どもの命を守るための取り組みの強化について6月議会でも取り上げ、伺いました。 国からの指示を受けて、全国で実態の調査が行われ、結果についての報告も一部報道されています。

安来市議会 2020-12-05 12月05日-03号

実際に発生した市内での65歳以上の方の事故件数や自主返納率について確認したところ、事故件数については警察署データで、年度ではなく、年間でのくくりとなりますが、平成29年の交通事故発生件数が67件、そのうち交通事故が発生した場合の当事者の中で一番過失が重いとされる第1当事者の65歳以上の方の件数が22件で、割合としては33%、平成30年、昨年ですけども、発生件数が77件で、そのうち第1当事者の65歳以上

安来市議会 2020-12-04 12月04日-02号

返納するメリットとしては、交通事故リスクが減る、車の維持費が浮く、運転経歴証明書でさまざまな特典が受けられる、歩く機会がふえて健康になる。免許返納のメリット、デメリットは、お住まいの地域によって大きく変わります。現在の環境や体調によっても大きく異なります。

松江市議会 2020-09-30 09月30日-05号

近年、交通事故の発生件数は減少傾向にあるが、75歳以上の高齢運転者の死亡事故の割合は高まっており、単純ミスによる事故も目立っています。 国は、2017年施行の改正道路交通法で、75歳以上の免許保持者は違反時や免許更新時に認知機能検査を受けることを義務づけいたしましたが、今や高齢運転者の安全運転支援の取り組みは待ったなしの課題であります。

江津市議会 2020-09-06 09月06日-03号

総務課長(佐々木章夫) 本市の高齢運転者の交通事故防止対策は、島根県の実施要領に基づき、高齢者に向けた安全教育及び広報啓発活動や高齢運転者向け安全運転サポート車の普及啓発など、さまざまな視点から高齢運転者の交通事故防止対策を検討し、高齢者が安心して生活できるよう各関係機関と連携しながら、交通安全対策を推進しているところでございます。 

安来市議会 2020-09-04 09月04日-02号

池袋高齢者ドライバーの暴走事故を初めとした交通事故は、今でも記憶に残る非常に痛ましい事故で、その後も全国各地で発生しているのが現実であります。決して高齢者ばかりが事故を起こしているわけではございませんが、これらの事故等を踏まえて、高齢者免許返納が増加しているのも事実であります。 そこで伺います。 直近3年間の安来市の運転免許の返納者数の推移を伺います。

松江市議会 2020-06-25 06月25日-03号

ここのところ連日のように、高齢者自動車運転による交通事故のニュースが後を絶ちません。高齢ドライバーのいる家庭では、いつ当事者となるか不安に思う家庭も少なくないと思われます。実際、我が家も年老いた両親がいて、本当にいつ返そうかということで、いつも頭の片隅に入れているところであります。 こうした中、高齢ドライバーの運転免許返納支援が7月末で終了ということで新聞で報じられました。

益田市議会 2020-03-05 03月05日-03号

しかしながら、交通事故に遭遇してしまう、またみずからが事故を起こしてしまう可能性は、残念ですが、それぞれ皆無ではございません。 そこで、自転車損害賠償責任保険への加入は、万が一の備えとして、精神的な安定につながることが期待できます。益田市自転車活用推進計画では、その点にも触れる方向で策定作業を進めておりまして、これを契機として、広報・周知活動を行ってまいりたいと考えております。

雲南市議会 2020-03-03 令和 2年 3月定例会(第4日 3月 3日)

高齢運転者の交通事故防止対策のためだけではなく、交通事情の悪い地域対策としても有効な支援と考えておりますので、いま一度検討していただきたいと思います。  次に、先ほども市長からも言われましたけれども、雲南市実施計画の中に、CATV施設FTTH整備事業、訳しますとケーブルテレビ施設家庭向け光ファイバー通信事業だと思います、が長期の大規模事業として新しく盛り込まれました。

松江市議会 2020-03-02 03月02日-02号

時間に迫られることで運転等に支障を来たし、交通事故等につながりかねない状況でもあります。もう少しだけ就業時間に余裕があればとのお声も聞きます。 

浜田市議会 2020-02-28 02月28日-04号

この指針の中の例を挙げますと、飲酒運転、交通事故交通法違反、この関係においては、飲酒運転も程度により免職、停職、減給、戒告と区分されておればよいのですが、浜田市においては免職しかありません。ということは、飲酒運転をした場合は、免職か、情状によってはゼロかなんです。あり得ないことなんです。どこを見ても必ず4段階ぐらいに分けています。これを早く解消しなきゃならないと思うんです。