37件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

雲南市議会 2019-03-04 平成31年 3月定例会(第4日 3月 4日)

多文化共生の取り組みも雲南市国際交流協会やうんなんグローカルセンターを初め県や関係機関と連携しながら進めておりますが、今後の外国人労働者の増加によりまして仕事、生活両面から一層関係部局において連携し、支援策を検討していく必要があると考えております。

雲南市議会 2018-12-03 平成30年12月定例会(第3日12月 3日)

それから、住宅の関係でございますけれども、文化とか契約とか生活習慣の違いでトラブルが生じやすいということで、もう事前の確認とか相談が非常に重要な肝要な状況であるということで、現在、雲南市におきましては、そういった相談とか生活サポートにおいては、雲南市国際文化交流協会、そしてまた、うんなんグローカルセンター、こういった組織を初めとして、島根県御当局もございますし、また、しまね国際センター、こういったところと

雲南市議会 2018-11-30 平成30年12月定例会(第2日11月30日)

スノー市長には、須我神社や神楽、菅谷たたら山内などを御見学いただいたほか、8月にリッチモンド市に派遣した中学・高校生との再会、市国際文化交流協会の皆様との懇談など、市民の皆様と大いに触れ合っていただき、市役所南側にしだれ桜の記念植樹を行い、さらなる友好を深めたところであります。  続いて、教育フェスタ2018についてであります。  

雲南市議会 2018-09-06 平成30年 9月定例会(第4日 9月 6日)

そういった視点から、多文化共生の推進につきましては、先ほどありましたように、雲南市国際文化交流協会等と連携しながら、在住外国人へのサポート、ネットワークづくりや多文化共生意識の啓発などを実施しておるところでございます。  

浜田市議会 2018-02-28 02月28日-05号

また、浜田国際交流協会を通じて、日本語教室の活動やボランティア育成の支援、多文化共生意識の醸成に努めているところでございます。 また、島根県の外国人地域サポーター連絡会議において、県内自治体や関係者と課題の共有と解決に努めております。 

雲南市議会 2016-09-08 平成28年 9月定例会(第1日 9月 8日)

内容につきましては、まず、日本と台湾の交流窓口機関におきまして、所得に対する租税に関する二重課税の回避、あるいは脱税の防止のための公益財団法人交流協会と、あと関係協会との間の取り決めが結ばれまして、その内容を日本国内で実施するために国内法を整備したものであります。

出雲市議会 2016-02-24 平成28年度第4回定例会(第3号 2月24日)

また、出雲国際交流協会、そして出雲フィンランド協会がそれぞれ中心となられまして、中高生の相互派遣交流、相互交流もなされていらっしゃるところでございます。  市といたしまして昨年10月には、サンタクララ市のほうに、ちょうど協定30周年ということで、訪問等もしておりますし、漢中市は協定25周年ということで、相互の訪問も行ったところでございます。  

出雲市議会 2015-12-04 平成27年度第4回定例会(第3号12月 4日)

NPO法人可児市国際交流協会とか、そういうふうなこと。それから、類似の岩倉とか小牧も同じようなことをやっております。  ただ、そういうふうに委託するという方法もあるし、あるいは直接やる、行政で直接やるというふうな方法、いろいろな方法があると思いますが、まず、これ非常に重要なことだと私は思っておりまして、この前の9月議会でも言ったように、これについて、もう少し突っ込んでほしいと思います。  

大田市議会 2015-12-01 平成27年第 6回定例会(第1日12月 1日)

具体的には、雇用と就労に関する人権課題、国際交流協会やDV被害者支援団体への取材、住まいにおける人権としての大阪府宅建協会への取材、またひとり親家庭支援団体の取材などを通じて、人権啓発資料としてのヒューマンライツ・レポートを毎年発行しているとのことでありました。  

出雲市議会 2015-06-12 平成27年度第2回定例会(第3号 6月12日)

通訳の内訳は、市民病院2、子育て支援課2、交通安全課2、保険年金課1、福祉課1、保健センター1、教育委員会語学相談員6というふうになっておりまして、小牧市では、国際交流協会が中心となりまして、外国人と日本人との交流、あるいは研修、未就学児童を対象にいたしました学習の場、こういうふうないろいろなサポート体制が充実しているところでございます。  4月15日の夕方でございました。

雲南市議会 2014-10-02 平成26年 9月定例会(第5日10月 2日)

まず、総務分科会長からは、小規模多機能自治に係る地域運営組織調査研究モデル事業の事業内容及び財源について、大東町国際文化交流協会が行う早稲田大学留学生ホームステイ30周年記念事業に係る事業内容等について、防犯街路灯設置事業の来年度の考え方等について質疑を行い、また、職員駐車場用地借り上げに係る11月から3月までの5カ月間の借り上げは、新庁舎が完成するまでは使用しない中で、相手があるものの、余り好ましい

浜田市議会 2014-09-03 09月03日-03号

時間の関係で、最後の質問に移りますけども、無益な摩擦や対立を避け、隣国との未来志向の安定した関係を築くという立場から、これまで積み上げてこられた県立大学の北東アジア地域研究センター、国際交流協会、国際交流員、日中友好協会の方々、こういった研究機関や交流団体との積極的な連携というものは必要と考えますけれども、現状と認識をお伺いをして最後の質問とさせていただきます。

益田市議会 2013-06-13 平成25年第501回 6月定例会-06月13日−02号

そういう中で、そういう推進組織のほうでございますけれども、実は高槻市につきましては、現在益田市匹見町都市交流協会というところがございまして、これを中心に取り組んでおりますけれども、この都市交流については、今後はやっぱり経済であるとか教育、スポーツ、それから観光、そういう部門を含めて、やっぱり都市交流が推進できる体制を整備していくということを検討してまいりたいというふうに考えております。  

出雲市議会 2013-03-05 平成25年度第5回定例会(第5号 3月 5日)

まず、国際姉妹都市でありますアメリカサンタクララ市へ中学生、高校生を派遣する出雲国際交流協会の取り組みに対しましては、平成26年度(2014)予算案に、引率者3名と中学生10名分の補助金として180万円、高校生2名の補助金として30万円の計210万円を計上しているほか、サンタクララ高校生の受入事業への補助金として10万円を計上しております。  

雲南市議会 2013-02-28 平成25年 3月定例会(第1日 2月28日)

いずれの事業につきましても、雲南市国際文化交流協会などとの協力、連携のもと進めてまいります。  続いて、雲南市人権施策推進基本方針の改訂版の作成についてであります。  雲南市民一人一人の人権が尊重される社会の実現を目指して、平成19年に雲南市人権施策推進基本方針を策定し、同和問題を初めとするあらゆる人権課題について、その早期解決のための施策を推進してきました。

奥出雲町議会 2012-03-13 平成24年第1回定例会(第2日 3月13日)

旧仁多、横田両町において取り組まれていた国際交流協会も、合併後平成17年7月から奥出雲町国際交流協会として設立され、毎年交流活動を実施されておられます。中でも、平成19年には北東アジア国際文化パレット事業が奥出雲町を会場に学校交流、交流会、ステージ公演から、韓国キムチづくりの講習会で発酵食品に関する講習と実技指導が実施されてきています。

雲南市議会 2011-12-14 平成23年12月定例会(第4日12月14日)

なお、お尋ねのグローバルな社会を生きる国際化、あるいはコミュニケーション能力ということでございますけれども、今どういうことを私どもが事業として行ってるかということですが、地域振興課を中心といたしまして異文化に触れる機会ということでは、御存じのようにアメリカのリッチモンドへの派遣、そして韓国清道郡との派遣交流事業、また木次町国際交流協会主催のさくら英語スピーチコンテスト、また大東国際文化交流協会主催の

  • 1
  • 2