1032件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

雲南市議会 2019-03-20 平成31年 3月定例会(第7日 3月20日)

そして、その中には議員の皆さん全員の意見交換とか、そういうことも含めてやってまいりました。そして、都度都度、また報告も行って、最終的には11月の末に委員会の意見をまとめて、そのときには確かに5対4という拮抗した意見でありました。全会一致が望ましく、それを目指してまいりましたけれども、どうしても一致することができなかった。

奥出雲町議会 2019-03-14 平成31年第1回定例会(第3日 3月14日)

7番目に、行政、消防団、自治会代表を交えた広範囲の審議会、消防ということに対しての審議会、意見交換会といったようなものの創設はどうか。これは以前にも申し上げました。  以上、7つのことについて、どのようにお考えか御意見を伺いたいと思います。 ○議長(岩田 明人君) 勝田町長。 ○町長(勝田 康則君) 御質問にお答えをいたします。  

奥出雲町議会 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第2日 3月13日)

少なくとも議会との協議や教育関係者、広く住民等を交えての意見交換を行い、教育施設のみならず教育環境の整備等についてさまざまな問題解決や理解を得るための協議を行うことが先決です。  今の行政当局のやり方は、町が決めることに従えというトップダウンの手法で、ましてや学校再編、改築という大事業に対して住民不在の独断専行で傲慢、乱暴さが目立ち、このような行政運営はいかがなものかと言わざるを得ません。

雲南市議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会(第6日 3月 6日)

今後、施設間の意見交換、情報交換の機会をこれまでよりも増していきながら、健康づくりに取り組む方をふやすために、施設間の連携により何ができるのか、検討してまいりたいと考えております。 ○議長(山﨑 正幸君) 佐藤隆司君。

雲南市議会 2019-03-05 平成31年 3月定例会(第5日 3月 5日)

それで、2番目の消防署の強化ということも通告してるんですけど、やっぱり私も地域で消防団とのいろんな交流会、私も、海潮地区には、大東全体かもしらんですけど、消防協力員という、ここで言う機能別消防団というふうな形かもしれませんけども、私もその団員になっておりまして、年に1回ずつ機械講習受けまして、それからあと意見交換会等をさせていただいておりますが、その中でも、やはり市外に住んでいるんだけれども、例えば

大田市議会 2019-03-04 平成31年第 2回定例会(第1日 3月 4日)

その他、まちセン、サンレディー等の設置目的に沿った利用については、減免申請が不要となる手続の簡素化が図られることの説明もなされ、利用施設使用料の見直しについては、料金が下がる施設もあり、その施設の利用者との意見交換会では、早く改定してほしいとの意見も出ており、料金が上がる場合には、2年6カ月にわたる激変緩和措置を講ずることとしているので、予定どおり改定したいとの強い思いを伝えていただき、審議を終了いたしました

雲南市議会 2019-03-04 平成31年 3月定例会(第4日 3月 4日)

今後施設間の意見交換・情報交換の機会をこれまでふやしていきながら、健康づくりに取り組む方をふやすために、施設間の連携により何ができるのか、検討してまいりたいと考えております。 ○議長(山﨑 正幸君) 堀江治之君。

雲南市議会 2019-03-01 平成31年 3月定例会(第3日 3月 1日)

市の取り組みといたしましては、3月4日に市内道の駅情報交換会におきましてキャッシュレス決済勉強会を実施し、昨今のキャッシュレス決済事情について関係団体の見識を深める予定としております。  さらに、3月26日には雲南市商工会や観光協会、市内金融機関とともに市内事業者を対象にキャッシュレス推進セミナーを開催する予定としております。

雲南市議会 2019-02-27 平成31年 3月定例会(第1日 2月27日)

地域との協議を踏まえ、引き続き意見交換を行う機会を設け、学び合い、高め合いができるよう取り組んでまいります。  続いて、交流センターの整備についてであります。  春殖交流センター建設工事につきましては、去る1月22日に建物本体が完成したところであり、2月21日から開所し、3月3日には竣工記念式典を行う予定であります。

大田市議会 2019-01-21 平成31年第 1回臨時会(第1日 1月21日)

江の川の水が行っておるわけですけれども、ぜひ上水道を有効に活用してもらうように上下水道部長としても前段に私はイワミ村田さんと十分意見交換する中で活用してもらうような対応が必要でないかなと思います。先ほど全協室で上下水道部長が見えんだったものですから、ちょっと伺っておきます。 ○議長(石橋秀利) 飯田上下水道部長。

大田市議会 2018-12-17 平成30年第 5回定例会(第5日12月17日)

本年2月から温泉津町、仁摩町を皮切りに、これまで延べ12回、各地域の皆さんと膝をつき合わせた意見交換会を開催してまいりました。毎回多くの皆さんに御参加いただき、さまざまな意見をいただいております。地域の実情を改めて感じるとともに、それぞれの地域でまちづくりに携わっておられる方々の熱意に触れ、市民の方々と一緒になってしっかりとまちづくりを進めていかなければならないとの思いを一層強くしております。  

雲南市議会 2018-12-14 平成30年12月定例会(第7日12月14日)

検討会議の回数は14回に及び、その間、全議員による大学教授を講師とする勉強会、議員間の意見交換会、都度の委員会審議状況報告などを行い、資料に基づく情報の共有を図った。また、雲南市議会基本条例に基づく各種団体の代表者や市民の代表者による市民の意見を聴く会、加えて6町ごとに開いた議会報告会などで意見を求めた。  

出雲市議会 2018-12-10 平成30年度第3回定例会(第5号12月10日)

事業系のごみを何とかその原因といいますか、どういう形で事業系ごみ、特に可燃ごみのところですね、が出ているのかということを正確に把握をしていくということが今後のごみ対策にとって非常に大きな問題だというふうに思いますので、先ほど部長さんが言われましたとおり、アンケートの分析をしっかりと進めていただき、また業界ごとのヒアリングや意見交換をしっかりとしていただいて、今後の施策に結びつけていただきたいというふうに

奥出雲町議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第2日12月10日)

言葉ということが大切な情報源になるわけでありますし、お互いの意思疎通の中でも、そうした情報交換が容易にできる手段というようなことで準備も必要かというように思うところでございます。  ところで、次に伺いますが、いわゆるマスコットキャラクターと言われるもの、この活躍ということについてお伺いをいたします。  近年、各団体、各自治体においてマスコットキャラクターが大変活躍をしております。

出雲市議会 2018-12-07 平成30年度第3回定例会(第4号12月 7日)

それで、消費税の問題ですけれども、先日、私も入っておりますけれども、広報広聴調査・推進委員会として出雲料飲組合、そして平田地域飲食業の方と市役所内で意見交換会をした際に、ある方が、どこでも金銭面の悩みがあると。今回の軽減税率などの対応に苦労しているというような意見がありました。やはり出雲市としては消費税を上げるなということを言ってほしいと。